ヒロイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヒロイン(heroine)とは、

  • その勇気やとびぬけた業績や気高い特質で称賛されている女性[1]
  • 書物演劇作品・映画などに登場する女性の中の主たる人物(キャラクター)で、典型的には、良い性質を備えていて、読者・観客が共感することを想定されている人物のこと[1]
  • ギリシア神話など)超人的な性質を備え、しばしば半神の女性。典型的には、ギリシア神話でさまざまな善行を行うそれ[1]



概要[編集]

heroine ヒロインという言葉は様々な意味で用いられている。heroineというのは基本的には「hero ヒーロー」の女性形である。

女性の英雄
勇気・実績・人格に優れた女性。Oxford dictionaryにも書かれているように、「ヒロイン」の意味は基本的には、勇気や実績や人格にすぐれた女性のことである。
ある意味で、女性の英雄である。日本語には「女傑」という言葉もある。
色恋ごとを排した物語では、女性が(男性とはまったく無関係に、仲間の女性などとともに、女性だけで)偉業をなしとげてゆく、という設定になっている場合がある。
主人公の恋人
作品によっては読者・観客は物語中で主要人物の男性(または女性)と女性が結ばれるような筋書きを期待しているので、男性(または女性)の主たる登場人物の恋人、恋人となっていく女性、結婚相手などになってゆく女性となっていることが多い。
主人公の相棒
主人公が二人組で活躍するいわゆるバディもので、主人公の相棒が女性の場合。
女性の重要人物
女性キャラクターの中で主要な女性の事。ストーリー内で重要な秘密を握る、強い影響力を持つ、行動や事件の契機になるなどの女性を指す。女性のキーパーソン
なお、重要な女性キャラクターが2人以上いた場合、メイン-サブと位置付け、「メインヒロイン」「サブヒロイン」という用語が使われる場合がある。意味は「メイン」「サブ」の名の通りだと思われる。

ダークヒロイン・アンチヒロイン[編集]

ヒロインといえば、基本的に「善人」であることが多いが、「悪人」のヒロインが設定してある場合もある。

近年では、単に「良い性質の人物」という典型に対しては、現実味がないと感じる読者・観客も増えてきており、良くない性質を持って生れてしまった(そしてそうした悪い性質と葛藤している)女性のほうが感情移入しやすいと感じる読者・観客も増えてきているので、そうした女性が主たる登場人物に設定されることもある。

「善のヒロイン」と対比する形で「悪のヒロイン」(「ダークヒロイン」「アンチヒロイン」とも)が設定してある場合もあるのである。

例えば、ディズニーの『眠れる森の美女』では、善のヒロイン(善を象徴する無垢な姫)に対して、悪のヒロイン(悪の女王)が登場し対立する、というのが定番の筋書きとなってきた歴史がある。

ただし、それが何十年も続けられてきた結果、米国の観客たちはそうした、ただの「無垢な女性」という設定にすっかり飽きてしまっており、また、自身が現代人として人生で体験する現実ともかけ離れていると感じて感情移入できないと感じられるようになってきている。ディズニーでアニメ作品制作を指揮するジョン・ラセターは、ある時、ディズニーの典型的なストーリーをなぞる形で、良い姫に対して悪い女王が現れ対立する、という作品を制作しはじめていた。そして、ディズニーの古いパターンのまま、良いヒロインに対して、「魔法でものを凍らせてしまう」悪いヒロインを登場させ対立させるつもりでいた。だが、その作品の制作中に、ディズニーの女性スタッフたちから、ヒロインがただの善人で、それに対して悪い女王が登場して対立するなどというディズニーに典型的な物語はまったくナンセンスだ!という意見が何度か提出されたので、ラセターはその意見を取り入れ、当初はヒロインと対立する悪い脇役女性にするつもりだった人物を 逆に主役に据えるよう変更した。そしてさらに、善悪二人のヒロインを姉妹ということにし、姉妹のを描く作品に仕立てた。それが、大ヒット作品となった『アナと雪の女王』である。

また、たとえばヤンデレキャラクターであるヒロインの大半はそれにあたり、主人公を自分の物にすべく他の主人公と関連のある女性を殺害したりする者も多い。

近年、主にアニメや漫画、ゲームといったいわゆるオタク的サブカルチャー分野において以上の意でこの語が用いられる。

該当キャラクター[編集]

下記はアンチヒロインの代表的なキャラクター。

※作品による五十音順となっている。

実在人物への賛辞[編集]

実在の出来事の場合は、その中心人物となる女性のことをヒロインと呼ぶことができる[2]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]