潮健児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うしお けんじ
潮 健児
本名 益戸 正雄 (ますど まさお)
別名義 潮 建志潮 建磁泉 正夫
生年月日 (1925-03-23) 1925年3月23日
没年月日 (1993-09-19) 1993年9月19日(満68歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京市
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1945年 - 1993年
活動内容 1945年、古川ロッパ一座入団
1947年、同上退団
1948年、新風ショー所属
1949年太泉映画所属
1950年、映画デビュー
1974年:潮建志に改名
1985年:潮建磁に改名
1989年:潮健児に再改名
著名な家族 安藤三男(従兄弟)
主な作品
映画
ファンキーハットの快男児シリーズ
網走番外地シリーズ
テレビドラマ悪魔くん
仮面ライダー
忍者キャプター

潮 健児(うしお けんじ、1925年3月23日[1] - 1993年9月19日[1])は、日本俳優東京市目黒区出身[1]。本名は益戸 正雄ますど まさお[1]。別名義は潮健志潮健磁泉正夫[1]。俳優の安藤三男は従兄弟にあたる[1]

来歴・人物[編集]

旧制専修大学予科在学中に応召し、陸軍飛行学校に入る。太平洋戦争終結後の1945年に友人の紹介で古川ロッパの一座に入団するも[1]1947年[要出典]退団し、専修大学専門部経済学科に通いながら小劇団を転々とする[1]

1949年太泉映画と契約し、翌年『執行猶予』(佐分利信監督)で映画デビュー[1]。以来、太泉映画の後身である東映において、長きに渡り脇役として活動。千葉真一主演の『ファンキーハットの快男児シリーズ』でのコミカルで憎めない役柄や、『極道』シリーズ(若山富三郎主演)、『網走番外地』シリーズ(高倉健主演、石井輝男監督)などの任侠映画、今井正監督作品などに欠かせない個性的な名バイプレーヤーとしてのほか、特撮番組の『悪魔くん』のメフィスト弟(吉田義夫の代役)、『仮面ライダー』の地獄大使を演じた。1967年、「千葉真一とザ・サタンズ」のドラマーとして九州巡業や東京のジャズ喫茶でライブを行い、その際には司会も兼務していた[2]。千葉はデビューしてから、潮に相談相手になってもらってもいた[3]。(⇒ 千葉真一#音楽千葉真一#交友

持ち役の中でも地獄大使は潮の代名詞となるほど有名で[注釈 1]萬屋錦之介は「お父さんは地獄大使と友達だ」と言ったことで息子に尊敬され[4]、実際に潮に頼み地獄大使の姿で自宅に来てもらったという[注釈 2]。他にも共演者の子供たちにせがまれ、地獄大使のメイクをして子供の家を訪問したこともあるという。

かなりの高齢になってからも、各地の仮面ライダーショーからのオファーがあると地獄大使として出演し続けた。1991年のと学会結成の直前楽屋を訪問したことのあるSF作家山本弘は、「あれだけ重いスーツを着て全身汗だくで演技するのは相当辛いはずなのに、実に楽しそうに演じていた」と語っている[注釈 3]

1993年の『第32回日本SF大会DAICON6』にゲストとして招待されたが、出演する企画の前夜にホテルの部屋で倒れた。付き添いの唐沢俊一は出演中止を提案したが、本人は出演を望み体調不良を隠して出演し、暗黒星雲賞ゲスト部門を受賞した。本人も喜んでいたが、これが実質上「地獄大使の最後のステージ」となった[5]

最晩年には、自伝『星を喰った男』を出版。記念パーティーが行われるころ、潮はすでに病床に伏していた。中止も検討されたが、開催を望んだ潮は体調を奇跡的に回復させ、車椅子に乗って会場に現れた。多くの関係者の歓迎に、潮は満面の笑みを浮かべてご機嫌で挨拶し、去っていった。これが潮が公に姿を現した最後であった。そして1993年9月19日午前0時28分、肝硬変のために川崎市の虎の門病院分院で息を引き取った。68歳没。同年9月24日に行われた葬儀には清川虹子京本政樹菅原文太池部良佐々木剛らゆかりの俳優たちや多くのファンが詰めかけ、出棺の際にはファンクラブの会員たちが「世界征服の志半ばで散った地獄大使閣下に最敬礼。イーッ!」とショッカー戦闘員を真似たかけ声で見送った。

略歴[編集]

  • 1942年 古川ロッパ一座に入団(応召のため、正式入団は1945年)。泉正夫と名乗る
  • 1947年 ロッパ一座を退団。潮健児と改名
  • 1949年 太泉映画(現・東映)と契約
  • 1974年 潮建志と改名(「潮志」とクレジットされている場合もある)
  • 1981年 潮健児と改名
  • 1985年 潮建磁と改名
  • 1989年 潮健児と改名

作品[編集]

映画[編集]

 etc.

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

第34話「エグいぞ!マリウスなめんなよ!」
第38話「あこがれ色のウェディングベル」
第40話「夏だ・キャンプだ青春だ!!」
第43話「母ちゃんかえせ!コケコッコー」
第51話「夕焼け小焼けのバラバラマン」
第52話「さらば!またあう日まで!」
  • 宇宙刑事ギャバン
    • 第13話「危うし烈! 大逆転」(1982年) - ダブルマン・リノマンの声
    • 第14話「愛と悲しみの別れ とどめの一撃!!」(1982年) - 怪紳士(サイダブラー人間態)
    • 第31話「天使の歌が聞える 人形にされた王女」(1982年) - ワーラ(サイミンダブラー人間態)
  • 宇宙刑事シャリバン
    • 第5話「港のヨーコは愛のメロディを忘れない」(1983年) - サイ支配人(サウンドビースト人間態)
    • 第40話「炎のカーチェイス 愛の絆を裂く大予言」(1983年) - 大予言八郎(ヨゲンビースト人間態)
  • 宇宙刑事シャイダー 第24話「美しきポーの仮面」(1984年) - ラブラブ人間態
  • 10号誕生!仮面ライダー全員集合!!(1984年) - 暗闇大使
  • 星雲仮面マシンマン 第8話「野球少年の秘密」(1984年) - バット男人間態
  • 兄弟拳バイクロッサー(1985年) - ドクターQ

現代劇[編集]

  • 特別機動捜査隊
    • 第172話「寒い道」(1965年)
    • 第194話「河の女」(1965年) - 西田博
    • 第288話「黒い砂漠」(1967年) - 辺見
    • 第304話「私が悪かった」(1967年) - 寅男
    • 第315話「栄光二重奏」(1968年) - ドラマー
  • 鉄道公安36号
    • 第96話「黒の特急便」(1965年)
    • 第163話「東北本線を追え」(1966年)
  • 泣いてたまるか
    • 第7話「明日は死ぬぞと」(1966年) - 占い師
    • 第11話「先輩後輩」(1966年) - 刑事
  • キイハンター
    • 第18話「新ギャング同盟」(1968年)
    • 第64話「がい骨抱いて珍道中」(1969年)
    • 第79話「馬鹿をかついで珍道中」(1969年)
    • 第107話「太陽と緑の国に大追跡」(1970年)
    • 第145話「ギャング対Gメン自動車レース」(1971年) - 緑川
  • プレイガール
    • 第10話「女心に手錠をかけて」(1969年) - 小島
    • 第45話「尼寺殺人事件」(1970年) - 小谷
    • 第76話「勇み肌きょうだい仁義」(1970年)
    • 第111話「おんな北海流れ者」(1971年)
    • 第203話「女番長対プレイガール」(1973年)
    • 第287話「男見るべからず プレイガール最後の決闘」(1976年) - 栄田
  • フラワーアクション009ノ1 第5話「怪盗ルパンSOS」(1969年) - 明石
  • Oh!それ見よ 第6話「キリストの場合」(1969年) - ヒッピー
  • 非情のライセンス 第1シリーズ 第36話「兇悪の子猫たち」(1973年) - 田中巡査
  • ザ・ボディガード
    • 第13話「裁かれる愛」(1974年) - 種木
    • 第20話「愛の散る街-マカオ」(1974年) - 組織の男
  • ザ★ゴリラ7
    • 第4話「ゴリラ撲滅大作戦」(1975年) - 丸山組組員
    • 第19話「南国宝さがし大作戦」(1975年) - 夢の中の忍者
    • 第20話「波止場に立つ女」(1975年) - 組織の男
  • プレイガールQ 第25話「連れ込みホテル殺人事件」(1975年)
  • 燃える捜査網 第10話「刑事なんか大嫌い!」(1975年)
  • 新宿警察 第7話「帰らざる街」(1975年)
  • 夜明けの刑事 第55話「七年目に襲われた娘!!」(1976年)
  • 大都会 闘いの日々 第3話「身がわり」(1976年) - 暴力団潮会・清水
  • 大都会 PARTII
    • 第21話「非常線突破」(1977年) - 張
    • 第49話「逃亡の果て」(1978年) - ベッドハウスのとっちゃん
  • 水曜劇場 / せい子宙太郎‐忍宿借夫婦巷談(1977 - 1978年) - 宅間松則
  • 特捜最前線 第81話「女逃亡犯25時!」(1978年) - 権藤刑事
  • 大追跡 第26話「サヨナラは銃弾で…」(1978年) - ディスコの店長
  • 大都会 PARTIII
    • 第14話「刑事が消えた」(1979年) - 若松組・安井信介
    • 第27話「奪われたポリススペシャル」(1979年) - 浮浪者・マツ
  • 走れ!熱血刑事 第17話「怒りの十五年」(1981年)
  • 太陽にほえろ! 第685話「ロッキーの白いハンカチ」 (1986年) - マンションの管理人(潮建磁名義)
  • 昭和推理傑作選・横溝正史シリーズ / 獄門島(1990年) - 復員兵

時代劇[編集]

  • 素浪人 月影兵庫 第1話「浅間は怒っていた」(1965年) - 丑造
  • あゝ忠臣蔵 (1969年)
  • 大岡越前 第2部 第23話「鬼の目に涙」(1971年10月18日) - 配下の浪人
  • 地獄の辰捕物控 第26話「恋女房に十手を賭けた」(1973年) - 喜兵次
  • 銭形平次 第393話「はみだし長兵衛」(1973年) - 治助
  • 唖侍 鬼一法眼
    • 第3話「火炎の街道」(1973年) - 富造
    • 第23話「寒椿慕情」(1974年) - ごん七
  • 右門捕物帖
    • 第5話「通り魔」(1974年)
    • 第25話「影を斬る男」(1974年) - まむしの権八
  • 大江戸捜査網
    • 第126話「十手と十字架」(1974年) - 用心棒
    • 第205話「謎の女を張り込め!」(1975年) - 按摩
    • 第215話「呪いの美人画」(1975年) - 花市
    • 第237話「闇夜に咲いた夫婦花」(1976年) - 辰三
    • 第250話「鈴の音が俺を呼んだ!」(1976年) - 刺客の男
    • 第549話「品川遊廓おんな蟻地獄」(1982年) - 品川の仙蔵
  • ぶらり信兵衛 道場破り 第46話「鍔鳴り浪人」(1974年) - 三郎太
  • 暗闇仕留人 第24話「嘘つきにて候」(1974年) - 虎松
  • 荒野の素浪人 第2シリーズ 第34話「傷だらけの勇者」(1974年)
  • 破れ傘刀舟 悪人狩り
    • 第15話「笹りんどう散る」(1975年) - 武平
    • 第38話「女肌地獄」(1975年) - 唐人・王
    • 第128話「鬼の涙が闇に散る」(1977年) - 呉服問屋・松田屋籐吉
  • 剣と風と子守唄 第7話「狂った野望」(1975年) - 仙蔵
  • 長崎犯科帳 第24話「悪い奴らをあぶり出せ」(1975年) - 虎松
  • 痛快! 河内山宗俊 第8話「三途の川は空っ風」(1975年) - 岡っ引
  • 新・座頭市 第1シリーズ 第22話「浪人子守唄」(1977年)
  • 水戸黄門
    • 第8部 第5話「秘密を握られた男 -清水-」(1977年8月15日) - 寅松 ※潮建志名義
    • 第9部 第4話「芝居になった悪い奴 -福島-」(1978年8月28日) - 天狗の辰
  • 桃太郎侍
    • 第49話「男いちずの灯が消えた」(1977年) - 大黒屋清五郎
    • 第103話「呑んべえ芸者騒動記」(1978年)- 立花屋源次
    • 第118話「江戸っ子娘に春が来た」(1979年)- 国松
  • 吉宗評判記 暴れん坊将軍 第28話「明日に咲いた影の花」(1978年) - 政吉
  • 江戸を斬るIV 第6話「さらわれた花嫁」(1979年)※ノンクレジット
  • 闇を斬れ 第14話「妻恋い逃亡・男でない男」(1981年) - 弥蔵
  • 時代劇スペシャル / 素浪人罷り通る 血煙の宿(1982年)
  • 暁に斬る! 第14話「大江戸ゴッドファーザー」(1983年)

演劇[編集]

Vシネマ[編集]

その他[編集]

モデルとしたキャラクター[編集]

『仮面ライダー』の地獄大使役を演じたことから、SF作家山本弘は親愛と敬意を込めて自作品に潮をモデルとしたキャラクターを登場させたことがある。

著書[編集]

  • 『星を喰った男』(バンダイ、1993年)
    • 唐沢俊一編『星を喰った男 名脇役・潮健児が語る昭和映画史』(ハヤカワ文庫、1996年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 地獄大使を演じた中で本人が最もお気に入りだったエピソードは『仮面ライダー』ではなく、『仮面ライダーV3』の第27話・第28話に客演した時の牢に閉じ込めたV3を必要も無いのに見に行き、逆にV3に人質にされるエピソードだという。潮曰く「その少し間抜けなところが地獄大使のいいところ」[要出典]
  2. ^ 後年、潮はインタビューで萬屋のエピソードを引き合いに出し、「『お父さんは地獄大使を知っているんだぞ』というのがステイタスになるくらい、当時の『仮面ライダー』という番組の人気はすさまじいものがあった」と語っている[要出典]
  3. ^ 『第30回日本SF大会』の企画として山本弘が対談を行いたいと唐沢俊一と東京ではじめて面会したときのエピソードである。その当時、唐沢俊一は潮健児のマネージャーをしていた関係で、唐沢が山本を楽屋に招待した。富士見ファンタジア文庫より発行されている『サーラの冒険② 悪党には負けない!』 (ISBN 482912458X) の「あとがき」にこのエピソードが記述されている[要ページ番号]
  4. ^ ノンクレジット、声は別人が担当。
  5. ^ 放映開始間もない時期に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたため降板。ゲスト出演していた石橋雅史が代役を務め、それまで潮が出演したほとんどのシーンを石橋に差し替えている。
  6. ^ 特撮作品としての遺作[7]
  7. ^ 事実上の遺作。
  8. ^ 生前の音声を流用したライブラリィ出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 180, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  2. ^ 「千葉真一とザ・サタンズ誕生」、『近代映画』、近代映画社、1967年12月。
  3. ^ 「今月のズームアップ / 20人が証言する裸の千葉真一」、『月刊平凡』第26巻第3号、平凡出版、1970年3月1日、 112頁。
  4. ^ a b 超人画報 1995, p. 170, 怪優 潮健児
  5. ^ 暗黒星雲賞実行委員会刊『SF大会暗黒の20世紀』15ページ参照
  6. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  7. ^ 超人画報 1995, p. 199, 新世代の映像作家たち.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]