考える葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

考える葉』(かんがえるは)は、松本清張の長編推理小説。『週刊読売』に連載され(1960年4月3日号 - 1961年2月19日号)、1961年6月に角川書店から刊行された。太平洋戦争中の日本に秘蔵された財宝、隠匿物資をめぐって発生する連続殺人事件を描くミステリー長編。

1962年東映系で映画化されている。

あらすじ[編集]

夜の銀座で、ウィンドーガラスを破壊するなどの奇行を起こしたかどで、井上代造は留置場に拘留された。留置場内で井上は、崎津弘吉という名の無口な青年に声をかける。井上は崎津に親切にし、就職の斡旋まで申し出る。表情を示さない崎津だったが、結局崎津は「大日建設」という会社に就職することになった。しかし井上の周囲には、次々と怪人物が現われ、彼らと接触しながら井上は謎の行動を続けていた。

東京西郊の雑木林で、右胸を刃物で抉られた死体が発見され、続いて、川崎の工場地帯で、不思議な宝の案内メモを持った浮浪者の死体が発見された。捜査は停滞していたが、他方、世の中になんの希望も感じられず、ルーズな仕事を続けていた崎津に、井上はある用件を持ちかける。ところが、井上の指示通りに代々木駅近辺をうろついていた崎津は、近隣で発生した、東南アジア使節団団長射殺事件の容疑者として、警察に逮捕されてしまう。

さらに崎津の周囲で不可解な事件が続発する。事態を知り、真相を掴もうと崎津は調査に乗り出す。

主な登場人物[編集]

小説の舞台の一つ、小菅村沢辺方面
  • 原作における設定を記述。
崎津弘吉
孤独な青年。人生に何の生きがいも見い出せず、退屈している。
井上代造
体格のいい大男。留置場に居た崎津に声をかける。
板倉彰英
青年社長。元首相の別荘を買い取り、広大な邸宅に住んでいる。
村田露石
老書家。板倉の書道の先生。
杉田一郎
宝鉱山採掘所の保安主任。
中野博圭
政治家。派閥の頭領。
井上美沙子
井上代造の妹。
大原鉄一
川崎の浮浪者殺人事件の被害者。通称鉄ちゃん。
ルイス・ムルチ
東南アジア・R国調査団の団長。

関連項目[編集]

映画[編集]

考える葉
監督 佐藤肇
脚本 棚田吾郎
出演者 鶴田浩二
磯村みどり
江原真二郎
音楽 菊池俊輔
撮影 仲沢半次郎
編集 長沢嘉樹
配給 東映
公開 日本の旗 1962年5月16日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1962年5月16日公開。製作は東映東京撮影所、配給は東映。公開時はサブタイトル「松本清張のスリラー」が付いていた。

キャスト

スタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「ずっと以前、総理大臣をやっていた人の元別荘で(中略)、当時、新聞記事にもたびたび出ていた名前である」(第二章)、「中央線O駅の南口から歩いて十四五分はいった一画である」(第九章)など参照。

外部リンク[編集]