三津田健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みつだ けん
三津田 健
本名 満田 健児(みつだ けんじ)
別名義 高須 健児
生年月日 (1902-04-29) 1902年4月29日
没年月日 (1997-11-28) 1997年11月28日(満95歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市牛込区矢来町[1](現在の東京都新宿区
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1931年 - 1995年
主な作品
映画
生きものの記録』 / 『世界詐欺物語・日本篇』
舞台
女の一生
シラノ・ド・ベルジュラック

三津田 健(みつだ けん、1902年4月29日 - 1997年11月28日)は、日本俳優。本名は満田 健児(みつだ けんじ)。別名に高須 健児

文学座創立メンバーの1人であり、杉村春子と並んで同劇団の中心的俳優[2]として亡くなるまで在籍した。同座公演『シラノ・ド・ベルジュラック』では、初演以降141回もシラノを演じ、「シラノ役者」として知られた[3][4]。映画、テレビドラマにも脇役で活躍。同劇団内などでは「おとうちゃん」の愛称で呼ばれていた。

来歴・人物[編集]

1902年(明治35年)4月29日東京府東京市牛込区矢来町(現在の東京都新宿区)に生まれる。4男1女の5人兄妹の末っ子で、父は英語教師をしていた[3]1920年(大正9年)、東京府立第四中学校を卒業後、第一早稲田高等学院に入学するが、長兄の反対に遭って退学し、家出して東京駅の改札係になる[3]。翌1921年(大正10年)に長兄と和解し、杉浦重剛の称好塾を経て同校に再入学する[3]

1924年(大正13年)、早稲田大学文学部英文科に入学[4]1926年(大正15年)に投身自殺と服毒自殺を図るが、2度とも未遂に終わっている[3]1927年(昭和2年)、劇作家を志して大学を中退、地球座に加入し、高須健児を芸名とする[4]。旗揚げ公演の『戦争の蠅』に出演し、加藤長治に師事した[3]

1930年(昭和5年)、尾上菊五郎が創設した日本俳優学校予科に入学[3][4]。同期に植村謙二郎里木佐甫良山形勲らがいる。翌1931年(昭和6年)、日活太秦撮影所現代劇部に入社し、村田実監督の『海のない港』に本名で出演し映画デビューを飾った。やがて大部屋生活に飽き足らなくなり[3]、日本俳優学校本科に再入学した[4]1935年(昭和10年)、俳優学校卒業と同時に日本俳優学校劇団に入った。

1937年(昭和12年)、杉村春子らと文学座の創立に参加し、芸名を三津田健とする。1940年(昭和15年)5月に同座運営委員、同年12月に代表者となった[3][5]。戦中は移動演劇隊の隊長として地方を巡演し、1945年(昭和20年)5月から9月にかけて劇団ごと石川県小松市に疎開する。戦後は1960年(昭和35年)に同座理事、1962年(昭和37年)に常任委員となり、文学座を支えた[3]。舞台では、『シラノ・ド・ベルジュラック』のシラノ役の演技が有名で、1951年(昭和26年)の初演以降141回も公演が行われた。その他『女の一生』の章介、『十三夜』の斎藤主計、『大寺学校』の光長などの当たり役がある[3]

映画にも早くから出演しており、渋谷実監督の『やっさもっさ』を始め、今井正監督『にごりえ』、溝口健二監督『山椒大夫』、木下惠介監督『楢山節考』などで地味な脇役を演じたが、日合作のオムニバス映画『世界詐欺物語』の日本篇では、見せ金で女をひっかけようとして、餅をのどにひっかけて死ぬケチな老作曲家[4]役で主演した。

高齢になっても演劇活動は衰えず、晩年は演劇界最長老[2]の俳優として、1995年(平成7年)まで舞台に立った。晩年期は別役実作品に多く出演し、1987年(昭和62年)の『ドン・キホーテより 諸国を遍歴する二人の騎士の物語』では当時85歳ながらも、元文学座座員だった中村伸郎とW主演し、芸術祭賞と紀伊國屋演劇賞を受賞した。

1997年(平成9年)11月28日脳梗塞のため死去。95歳没。

受賞・受章歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第15回「釣堀にて」(1957年)
    • 第160回「大つごもり」(1959年)
    • 第202回「お犬さま係」(1960年)
    • 第326回「四つの肖像」(1963年)
    • 第459回「都ぞ弥生」(1965年) - 大岡宇一郎
  • 久保田万太郎アワー(NTV)
    • おはん(1957年)
    • おりき(1958年)
  • 文学座アワー / 泥棒と赤ん坊(1958年、NTV)
  • ここに人あり(NTV)
    • 第51回「さち子の結婚」(1958年)
    • 第62回「第二の誕生日」(1958年)
    • 第93回「月の宿」(1959年)
  • テレビ劇場(NHK)
    • 彼女は再び現れた(1958年)
    • 長崎の風(1960年)
    • 暁(1960年)
    • 夜鵺(1961年)
    • 臨港線の走る町(1962年)
    • 利助の赤ん坊(1962年)
  • 事件記者 第17話「仮面」(1958年、NHK) - 梅園高前
  • ヤシカゴールデン劇場 / 雲と遊んだ(1958年、NTV)
  • 東芝家族劇場 第2回「俺は許せない」(1959年、NET)
  • 雑草の歌 第45回「神々の愛でし子」(1959年、NTV)
  • お好み日曜座 / 命美わし(1959年、NHK)
  • 灯、今も消えず / 近松門左衛門(1959年、NTV)
  • 日立劇場(KR)
    • 第5話「妻の書きおき」(1959年)
    • 第12話「かくて新年は」(1959年)
    • 第19話「友情の箱」(1960年)
    • 第31話「象を喰った連中」(1960年)
  • 三菱ダイヤモンド劇場 / お吟さま(1960年、CX)
  • この空の下に 第13回「坑口」(1960年、NTV)
  • NECサンデー劇場(NET)
    • 焔の像(1960年) - 平山碧山
    • 女殺油地獄(1960年)
    • 小指(1960年)
  • サンヨーテレビ劇場 / 血と虹(1960年、KR) - 川岸中佐
  • 女の四季(NTV)
    • 第19・20回「好日悪日」(1960年)
    • 第21・22回「花嫁衣装」(1960年)
  • おかあさん 第48回「蛇の夜」(1960年、KR)
  • 灰色のシリーズ 第19・20回「急行出雲」(1960年、NHK)
  • (CX)
    • 第8回「生きていた秀光」(1960年)
    • 第26回「孤剣」(1961年)
  • グリーン劇場 第21回「霜柱」(1961年、TBS)
  • 松本清張シリーズ・黒い断層 第40回「支払い過ぎた縁談」(1961年、TBS) ※主演
  • 西鶴物語 第17回「勘当者徳三郎」(1961年、NET)
  • 決定的瞬間(NTV)
    • 第18回「ブーム」(1961年)
    • 第26回「笑い」(1961年)
  • 東芝土曜劇場(CX)
    • 第111回「激しい流れ」(1961年)
    • 第238回「みんなが見ている」(1963年) - 川畑教授
  • テレビ指定席(NHK)
    • 鳩を売る少年(1961年)
    • 永遠のためいき(1961年)
    • 夜の出帆(1966年)
  • 文芸劇場(NHK)
    • 第35回「最後の枝」(1962年)
    • 第66回「小さな王国」(1963年)
  • 夫婦百景(NTV)
    • 第217回「娘・父・母」(1962年)
    • 第352回「翡翠」(1966年)
    • 第356回「薔薇とおから」(1966年)
  • 結婚 第10回「鳥籠」(1962年、CX)
  • 近鉄金曜劇場(TBS)
    • 勝負師(1962年)
    • 若き日の摂津守(1963年)
    • 破魔矢(1965年)
    • 激流にのれ(1966年)
  • 創作劇場 / 予告された椅子(1962年、NHK)
  • シャープ火曜劇場 第68回「孤愁」(1962年、CX) - 宿の主人
  • NHK大河ドラマ(NHK)
  • ダイヤル110番 第279話「捜査二課16号室」(1963年、NTV)
  • 嫁ぐ日まで 第1回「娘ごころ」(1963年、CX)
  • 判決(NET)
    • 第19話「地面師」(1963年)
    • 第38話「傷ついたキャンパス」(1963年)
    • 第75話「活きた矢」(1964年)
    • 第115話「太陽は見放さない」(1964年)
    • 第145話「この壁を破れ」(1965年) - 院長
    • 第187話「心の橋」(1966年)
  • 日本映画名作ドラマ / 貸間あり(1963年、NET)
  • 一千万人の劇場 / 小さき闘い(1963年、CX)
  • 男嫌い(1963年、NTV) - 叔父
  • ライオン奥様劇場 / 或る女(1964年、CX)
  • 日産スター劇場(NTV)
    • 喪服の女(1965年)
    • 嵯峨人形(1965年)
    • 素敵な犬と可愛い猫と(1965年)
    • でんぐり返れ19才(1965年)
  • NHK劇場(NHK)
    • 落ち梅記(1965年)
    • 春うらら(1966年)
    • 雨戸をあけて(1966年)
    • 去年の秋(1968年)
  • 風雪 / 鉄の神様本多光太郎(1965年、NHK) - 北条時敬総長
  • シオノギテレビ劇場 / 戸田家の兄妹(1965年、CX)
  • 剣(NTV)
    • 第14回「天一坊と伊賀亮」(1967年) - 松平伊豆守
    • 第27回「首斬り浅右衛門」(1967年)
  • 銀河ドラマ(NHK)
  • 戦国艶物語(1969年 - 1970年、TBS) - 本多忠政
  • ポーラテレビ小説 / 安ベエの海(1969年 - 1970年、TBS)
  • プレイガール 第138話「魚は陸で女は海で釣れ」(1971年、12CH)
  • 必殺仕掛人 第33話「仕掛人掟に挑戦!」(1973年、ABC / 松竹) - 音蔵
  • 太陽にほえろ! 第47話「俺の拳銃を返せ」(1973年、NTV) - ポエムのマスター
  • 子連れ狼 第2シリーズ 第7話「狼来たりなば」(1974年、NTV) - 清右衛門
  • 日本沈没 第9話「海底洞窟の謎」(1974年、TBS / 東宝) - 大西良夫
  • 日本巌窟王 第22話「火の女お夕」(1979年、NHK) - 覚禅
  • おやじの台所 第4話「夫と姑の関係は?」(1981年、NET) - 森崎喜代治

舞台[編集]

  • 別れも諭し(1938年) - モーリス
  • クノック(1938年) - クノック
  • 魚族(1938年) - 父親
  • ゆく年(1938年) - 庄三郎
  • 秋水嶺(1938年) - 山口壱策
  • 釣堀にて(1938年) - ボーイ
  • かどで(1939年) - 仙二郎
  • 蒼海亭(1939年) - セザール
  • 可児くんの面会日(1939年) - 泊
  • 旧友(1939年) - 山野文治
  • ロミオとジュリエット(1939年) - ロミオ
  • マントンにて(1939年) - ルイ老人
  • 売られる開墾地(1939年) - 清作
  • 瀬戸内海の子供ら(1940年)
  • 炬火おくり(1940年) - シタンジイ
  • 歯車(1940年) - 石津清松
  • 野鴨(1940年) - グレーゲルス・ヴェルレェ
  • ルリュ爺さんの遺言(1940年) - アレクザンドル爺さんおよびルリュ爺さん
  • かっこう(1940年) - 小使
  • ファニー(1940年、1952年) - セザール
  • バスツール(1941年) - 老学者
  • 巡礼(1941年) - 下男
  • 陳夫人(1941年) - 陳阿山
  • わが町(1941年) - 進行係
  • 弥太五郎源七(1941年) - 捕吏
  • 佐宗医院(1941年) - 佐宗五朗
  • 黄塵(1942年) - 上野
  • 富島松五郎伝(1942年、1969年) - 尾形重蔵
  • 落葉樹(1942年) - 泰秀
  • 町の音(1942年) - 玉吉
  • 海彦山彦(1943年) - 海彦
  • 北京の幽霊(1943年) - 平田博士
  • お豊さん(1943年) - 正太郎
  • 勤王届出(1943年) - 下国東七郎
  • 寿の町(1943年) - 池見庄吉
  • 田園(1943年) - 村長桑名
  • 歓呼の町(1944年) - 古川周平
  • 我等何をなすべきか(1944年) - 重松慎蔵
  • 鳥獣合戦(1944年) - 虎オヒト宰相・怪獣チウダ博士
  • 棒押し(1944年) - 父親藤兵衛
  • 海はあかね雲(1945年) - 司令
  • 結婚の申し込み(1945年) - 秩父番助
  • 女の一生(1945年、1960年、1968年) - しずの弟章介
  • 太平洋の防波堤(1945年) - 老船頭忠五郎
  • 海の音(1945年) - 影村勝造
  • 冬(1946年) - その叔父喜兵衛
  • 河(1946年) - 詩人清水信太郎
  • 浦島と乙姫(1946年) - 老作家浦島
  • 故郷の声(1946年) - 卯吉
  • 或る女(1946年) - 倉地三吉
  • 商船テナシティー(1946年) - 港の労働者
  • 寒鴨(1947年) - 駐在岩田
  • 孤客(1947年) - フィラント
  • 結婚申込(1947年) - チェブコフ
  • 戸を開け、さらずば閉じよ(1947年) - 伯爵
  • 署長さんはお人好し(1947年、1951年) - 警察署長
  • あきくさばなし(1947年) - 庄吉
  • シラノ・ド・ベルジュラック(1947年、1951年、1967年) - シラノ
  • トルアデック氏の放蕩(1948年) - トルアデック氏
  • 雲の涯(1948年) - 儀順
  • 挿話(1949年) - 師団長倉田
  • 姫岩(1949年) - 歩いてきた男
  • 速水女塾(1949年) - 秀策
  • わが心高原に(1949年) - ジャスパア・マッグレガア
  • ママの貯金箱(1949年) - クリス伯父さん
  • かくて新年は(1949年) - 庫純
  • 娼婦マヤ(1950年) - ヴィクトール
  • クック船長航海異聞(1950年) - 酋長ウートゥール
  • ワーニャ伯父さん(1951年) - テレーギン
  • 武蔵野夫人(1951年) - 萩野長作
  • マリウス(1952年、1984年) - セザール
  • セザール(1952年) - セザール
  • 祖国喪失(1952年) - 朱慶昭
  • 娼婦マヤ(1952年) - 航海者
  • 長いクリスマス・ディナー(1952年) - ブランドン
  • 孤憑(1952年) - 毅然とした読み手
  • 欲望という名の電車(1953年) - スティーブ・ハブル
  • 島(1953年) - 南条善作
  • 夜の向日葵(1953年) - 松阪犀翁
  • 富島松五郎伝(1953年) - 富島松五郎
  • 思い出を売る男(1954年) - 通行人
  • どん底(1954年) - 役者
  • 探偵物語(1954年) - ル・プロディ刑事
  • 作者を探す6人の登場人物(1955年) - 演出家
  • ハムレット(1955年) - クローディアス
  • なよたけ(1955年) - 石ノ上ノ綾麻呂
  • ヤシと女(1956年) - スケート協会理事長光村
  • 肥前風土記(1956年) - グランピエル
  • 鹿鳴館(1956年) - 宮村陸軍大将
  • 二号(1957年) - 武本
  • 大寺学校(1957年) - 大寺三平
  • 楊貴妃(1957年) - 高力士
  • 明智光秀(1957年) - 小栗栖長兵衛
  • お月さまのジャン(1957年) - マルスリンの前の情夫リシア
  • 守銭奴(1957年) - アンセルム
  • 国性爺(1958年) - 老一官
  • マクベス(1958年) - ダンカン
  • 薔薇と海賊(1958年) - 勘次
  • がらしあ細川夫人(1959年) - 細川幽斎
  • 怒りを込めて振り返れ(1959年) - レッドファン大佐
  • 黄色と桃色の夕方(1959年) - 堀内梅太
  • 熱帯樹(1960年) - 恵三郎
  • 陽気な幽霊(1960年) - ブラッドマン博士
  • 塔(1960年) - 黒住大蔵
  • 十日の菊(1961年) - 垣見
  • パリ繁昌記(1962年) - ガストン
  • 光明皇后(1962年) - 橘諸兄
  • 守銭奴(1962年) - アルパゴン
  • 調理場(1963年) - マランゴ
  • 日本の孤島(1963年) - 皿貝練平
  • トスカ(1963年) - アッタヴァンティ侯爵
  • 雨空(1963年) - 長平
  • 萩すすき(1963年) - 長平
  • 大麦入りのチキンスープ(1964年) - ハイミイ・コソップ
  • 夜長(1965年) - 望月三吉
  • 友絵の鼓(1965年) - 万次郎
  • 戦場のピクニック(1965年) - ペバン氏
  • おりき(1965年) - 結城朝之助
  • 十三夜(1965年) - 斎藤主計
  • 女学生(1966年) - クリザール
  • 山袋(1966年) - 祝辞の声
  • おりき(1966年) - 源七
  • 5人のモヨノ(1967年) - 竹谷進之助
  • 大寺学校(1967年) - 光長正広
  • 薔薇よりも孔雀(1968年) - 井之口利之
  • メアリー・スチュアート(1968年) - メルビル
  • 五稜郭血書(1969年) - 高松凌雲
  • あわれ彼女は娼婦(1970年) - フローリオ
  • 花の館(1970年) - 相阿弥
  • 華岡青洲の妻(1971年) - 良庵
  • 怒濤(1971年) - 長谷川泰
  • にごりえ(1971年) - 松田
  • 枕氏の日本夫人(1972年) - 小牧繁太
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ(1972年) - 岡田
  • おさい権三(1973年) - 岩木忠太兵衛
  • 怪談牡丹灯籠(1974年) - 良石和尚
  • 天守物語(1974年) - 近江之丞桃六
  • おおつごもり(1975年) - 宇太郎
  • 鬼灯(1975年) - 田川兵庫入道
  • 開化草子電信お玉(1976年) - 黒沼剛輔
  • 土曜・日曜・月曜(1976年) - アントニオ
  • 金木犀はまだ咲かない(1977年) - 馬越三右衛門
  • 日本少年ドン・キホーテに遇う(1978年) - ドン・キホーテ
  • 日の浦姫物語(1978年) - 宗親
  • 東海道おらんだ怪談(1978年) - 甚左衛門・吉兵衛・源四郎
  • もず(1979年) - 一福の主人
  • 乱(1980年) - 海老名敬斎
  • ハロルドとモード(1981年) - 神父
  • ドレッサー(1981年) - サー
  • 新釈金色夜叉(1981年) - 鴨沢隆三
  • 息子はつらいよ(1982年) - おやじニック
  • 桜の園(1982年) - フィールス
  • ジョバンニの父への旅(1987年) - 男
  • ドン・キホーテより 諸国を遍歴する二人の騎士の物語(1987年) - ドン・キホーテ(中村伸郎との共演)
  • 好色一代女(1988年) - 柊木藤右衛門
  • 場所と思い出(1988年) - 男
  • ももからうまれたももたろう(1988年) - 男
  • 遊・遊・家族(1989年) - マーチン・ヴァンダーホフ
  • 山猫からの手紙(1990年) - 男
  • 傾く時のなかで(1992年) - 父
  • 鼻(1994年) - 男
  • 雛(1995年) - 男

吹き替え[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三津田健KINENOTE、2014年12月5日閲覧
  2. ^ a b 『毎日新聞』東京朝刊 1997年11月29日 31面
  3. ^ a b c d e f g h i j k 三津田健、新撰 芸能人物事典 明治〜平成、コトバンク、2014年12月5日閲覧
  4. ^ a b c d e f 『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報社、1979年、p.564
  5. ^ 北見治一『回想の文学座』、中央公論社、1987年、p.24
  6. ^ 日本新劇製作者協会・協会賞受賞者一覧、2014年12月5日閲覧

外部リンク[編集]