箱根初詣で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

箱根初詣で』(はこねはつもうで)は、松本清張短編小説。『小説新潮』1979年1月号に『清張短篇新集』第9話として掲載され、1979年12月に短編集『隠花の飾り』収録の1作として、新潮社より刊行された。

1986年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

慶子は五年前に再婚した15歳年上の夫・弘吉と、箱根神社に初詣に来た。拝殿で祈願を済ませた後、屋台の近くで、前夫・祐介の同僚の妻であった絹江と出くわす。慶子は十年前の悪夢の記憶を思い出した。

十年前、一流商社のエリート社員であった前夫・直井祐介は、同僚の近藤志摩夫・河上正志とともに、出張先のニューヨークで死亡した。交通事故による死亡、と会社は発表した。慶子は、近藤の妻・絹江や河上の妻・安子とともに現地へ飛ぶが、到着後、支店長から、夫の死の真相を知らされる。

テレビドラマ[編集]

松本清張サスペンス 隠花の飾り
箱根初詣で
ジャンル テレビドラマ
放送時間 22:00 - 22:54
放送期間 1986年6月2日
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
監督 広瀬襄
原作 松本清張『箱根初詣で』
脚本 金子成人
出演者 眞野あずさほか
テンプレートを表示

1986年6月2日関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の「松本清張サスペンス 隠花の飾り」(22:00-22:54)の1作として放映。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 松本清張サスペンス・隠花の飾り
前番組 番組名 次番組
愛犬
(1986.5.26)
箱根初詣で
(1986.6.2)
遺墨
(1986.6.9)