黒の様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒の様式』(くろのようしき)は、松本清張の短編小説シリーズ。『週刊朝日1967年1月6日号 - 1968年10月25日号に連載された。

内海の輪』は1971年に映画化されている。

概要[編集]

  • 歯止め』(『週刊朝日』・1967年1月6日号 - 1967年2月24日号)
  • 犯罪広告』(『週刊朝日』・1967年3月3日号 - 1967年4月21日号)
  • 微笑の儀式』(『週刊朝日』・1967年4月28日号 - 1967年6月30日号)
  • 『二つの声』(『週刊朝日』・1967年7月7日号 - 1967年10月27日号)
  • 『弱気の虫』(『週刊朝日』・1967年11月3日号 - 1968年2月7日号)
  • 内海の輪』(『週刊朝日』・1968年2月16日 - 1968年10月25日号)
  • 死んだ馬』(『小説宝石』・1969年3月号)…本シリーズとは別に掲載された作品だが、『松本清張全集 第9巻』(1971年、文藝春秋)では『黒の様式』の1作とされている。

映画[編集]

関連項目[編集]