拐帯行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

拐帯行』(かいたいこう)は、松本清張短編小説。『日本』1958年2月号に掲載、1959年2月に短編集『危険な斜面』収録の1編として、東京創元社より刊行された。

1959年・1988年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

会社の金を持ち出した森村隆志は、西池久美子と博多行きの特急「さちかぜ」に乗り、一路九州へと向かった。死に場所を求めての旅だった。これまで惨めな境遇で生きてきた隆志と久美子は、生きていても仕方がない、死ぬよりほかに途が無いように思えた。が、せめて、死ぬ直前に一度贅沢をしてみたかった。どうせ死ぬのだから、恐れるものは何もない。

列車は熱海駅に到着した。斜め向こうの席に、中年の紳士と妻らしい人が座った。夫は落ち着いてパイプをくわえ、妻はおだやかな上品さを湛えていた。その夫婦は、生活も十分安定して幸福そうに見えた。羨ましいほどの落ち着きぶりであった。しばらく眼を惹かれていた隆志は、一瞬、久美子とのあいだに、妙な距離を感じた。なぜかわからないが、向かいの夫婦に影響されたような気がした。闇の中にいるような隆志の気持ちが、少しずつ、変わり始める…。

テレビドラマ[編集]

1959年版[編集]

1959年10月22日日本テレビ系列の「木曜ワイドアワー」枠(20:00-21:00)にて放映。

キャスト
スタッフ

1988年版[編集]

松本清張サスペンス
拐帯行
ジャンル テレビドラマ
放送時間 22:00 - 22:54
放送期間 1988年9月19日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
監督 栗山富夫
原作 松本清張『拐帯行』
脚本 冨川元文
出演者 石橋保
渡辺典子ほか
テンプレートを表示

1988年9月19日関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の「月曜サスペンス(松本清張サスペンス)」枠(22:00~22:54)にて放映。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 月曜サスペンス(松本清張サスペンス)
前番組 番組名 次番組
愛と空白の共謀
(1988.9.12)
拐帯行
(1988.9.19)
年下の男
(1988.9.26)