獄衣のない女囚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

獄衣のない女囚』(ごくいのないじょしゅう)は、松本清張小説。『週刊文春』1963年7月15日号から10月14日号に連載され、1976年5月に短編集『高台の家』収録の1作として、文藝春秋から刊行された。

1978年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

東京・世田谷に左右2棟から成るアパートがあった。このアパートは、片側が女性専用、もう片側が男性専用であった。男性側の住人は、概して若い好男子が多かったが、女性側は30歳を過ぎた中年女が多くを占めていた。

住人の一人・服部和子は、夜22時半過ぎに大浴場に入った。浴槽に浸かった和子の足の裏が、ぐにゃりとしたものを踏んだ。人間の絞殺死体であった。警視庁の赤塚刑事らは事件の捜査に乗り出すが、アパート住人に噂される同性愛や下着泥棒に翻弄されるうち、第2・第3の事件が発生する。アパート内に秘められた人間関係の真相とは。そして事件の黒幕は誰なのか。

テレビドラマ[編集]

松本清張シリーズ
虚飾の花園
ジャンル テレビドラマ
放送時間 20:00 - 21:10
放送期間 1978年10月14日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 樋口昌弘
原作 松本清張『獄衣のない女囚』
脚本 高橋玄洋
出演者 岡田嘉子ほか
テンプレートを表示

松本清張シリーズ・虚飾の花園」。1978年10月14日NHKの「土曜ドラマ」枠(20:00-21:10)にて放映。高級マンション「リバーウエスト」を舞台とし、第一の死体がその屋上で発見されるストーリー。原作の松本清張が出演した。視聴率14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
松本清張シリーズ
虚飾の花園
(1978.10.14)