証明 (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

証明』(しょうめい)は、松本清張短編小説。『オール讀物』1969年9月号に掲載され、1970年2月に短編集『証明』収録の表題作として、文藝春秋(ポケット文春)から刊行された。

1977年・1994年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

久美子の夫・信夫は5年前に会社勤めを辞め、文芸雑誌への小説の持ち込みを続けていた。信夫の作品は同人雑誌に時々掲載されたが、一流の文芸雑誌からは原稿を突き返される日々が続いていた。久美子は婦人雑誌の下調べの仕事を持っていたが、無収入の状態が続く信夫は、久美子が帰宅すると、当て付けるように荒れ狂ったり、妨害したりするのだった。妻に養われているという卑屈感を信夫からとり除こうと、久美子は気を遣った。信夫の甘えはわかっていたが、いまさら文学を止めて下さいとは言えなかった。久美子は信夫に服従すればよかった。不規則な久美子の仕事時間に嫉妬を持つようになった信夫は、久美子にその日の行動の明確な報告を要求した。辻褄の合わないところがあると、呆れるくらい怒るようになった。ある日、久美子は取材のため、洋画家の守山嘉一と、赤坂のレストランで会った。帰宅途中、守山が名うてのプレイボーイの評判があることに気づく。信夫には隠さなければならない…。久美子は守山に再び会い、口止めを懇願する。普通なら打ち明けて何でもないことなのに、こんなことにまで余計な気を遣わなければならない立場を情けないと思う久美子。しかし、思わぬところで信夫に露見する危険のあることに気づいた久美子は、またも必死のアリバイ工作に奔走する。「よくできた人」と言われる久美子だったが、長年溜まってきた彼女の懊悩が、ついに暴走をはじめてしまう……。

テレビドラマ[編集]

1977年版[編集]

証明
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『証明』
脚本 服部佳
演出 鴨下信一
出演者 大原麗子
山本學
製作
プロデューサー 石井ふく子
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年12月11日
放送時間 21:00 - 21:55
放送枠 日曜劇場
テンプレートを表示

1977年12月11日TBS系列の「東芝日曜劇場」枠(21:00-21:55)にて放映。視聴率22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ


TBS系列 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
姉妹1
(脚本:橋田壽賀子)
(1977.12.4)
証明
(1977.12.11)
湯けむり男地獄
(脚本:高橋玄洋)
(1977.12.18)

1994年版[編集]

松本清張特別企画
証明
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『証明』
脚本 大石静
演出 大岡進
出演者 風間杜夫
原田美枝子
製作
プロデューサー 野添和子
林悦子
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年11月14日
放送時間 21:00 - 22:54
放送枠 月曜ドラマスペシャル

特記事項:
第32回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品
テンプレートを表示

松本清張特別企画・証明」。1994年11月14日TBS系列の「月曜ドラマスペシャル」枠(21:00-22:54)にて放映。視聴率18.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第32回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。

キャスト
スタッフ


TBS系列 月曜ドラマスペシャル
前番組 番組名 次番組
松本清張特別企画
証明
(1994.11.14)
刑事・野呂盆六2
(脚本:長坂秀佳)
(1994.11.21)

外部リンク[編集]