伊藤憲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 憲治(いとう けんじ、1915年1月30日 - 2001年11月29日)は、日本のグラフィックデザイナー。代表作として、キヤノンのロゴマーク、光文社カッパ・ノベルスのカバーデザインなどを手掛けた。過去に、東京ADC評議員、毎日デザイン賞評議員、JAGDA会員などを務め、1998年に東京ADC名誉の殿堂入りをしている。

略歴・人物[編集]

主な作品[編集]

  • 月刊誌「飛行日本」の表紙(1942-43)
  • 月刊誌「婦人朝日」の表紙(1950-51)
  • キヤノンのロゴマーク・ポスター(1953・1954)
  • 和光のショーウインドウ(1956-82)
  • NECのネオン塔(1964)
  • ネスカフェのパッケージ(1979)

※作品はニューヨーク近代美術館、京都国立近代美術館、富山県立近代美術館、川崎市民ミュージアムその他の美術館に永久保存されている。

展覧会[編集]

  • 第548回デザインギャラリー1953「ミステリーの世界 伊藤憲治の推理小説カバーデザイン原画展」(1999年3月3日〜3月15日、会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953)[2]

受賞[編集]

[3]

著書[編集]

  • 『伊藤憲治・デザインの華麗多彩』(単著、六耀社、1986/1)

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤憲治氏死去/グラフィックデザイナー - 四国新聞社
  2. ^ 第548回デザインギャラリー1953
  3. ^ 伊藤憲治プロフィール ギンザ・グラフィック・ギャラリー
  4. ^ 「93年秋の叙勲(都内分) 努力今むくわれて喜びの受章者」『読売新聞』1993年11月3日朝刊

外部リンク[編集]