状況曲線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

状況曲線』(じょうきょうきょくせん)は、松本清張の長編推理小説。『週刊新潮1976年7月29日号から1978年3月9日号に、「禁忌の連歌」第2話として連載され、1988年9月に新潮社から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

1994年にテレビドラマ化されている。

概要[編集]

ゼネコンによる公共事業発注工事をめぐる談合を背景とした、連続殺人事件を描くミステリー長編。

あらすじ[編集]

梅雨空の昼下がり、東京都心・有楽町近くのガード下の喫茶店「DATE」に、3人の紳士が集っていた。日星建設の味岡、大東組建設の成瀬、共栄建設の中原の3名であり、いずれも建設会社の役員であった。彼らは、丸の内の「神邦ビル」4階にある「東明経済研究所」へ向かう。この研究所は、エリート官僚に顔の利く怪人・巨勢堂明を中心とする、非公式の談合組織「南苑会」の事務所となっており、この日の会合では、巨勢から3人に、J県とR県にまたがる観光有料道路「ハイランド・ライン」建設に関わる情報が伝えられた。

会合のあと、用件のあった味岡は、引き返して巨勢の事務所を再訪するが、誰もいない事務所内に、成瀬が抜け駆けで贈ったものと思しき紙袋を発見し、好奇心からその中身を覗こうとする。ちょうどその時、神邦ビルの屋上で死体が発見され、騒ぎとなった。やましい行動をしていた味岡は、自分の行動を言うことができなかったが、「死体発見の日に不審な男」と新聞に報じられてしまう。以後、殺人事件のことが気になって仕方がない味岡の前に、怪事件が続発していく……。

主な登場人物[編集]

小説の舞台となる船明ダム
小説に登場するガーベラ
小説の舞台となる鞍馬線貴船口駅付近
  • 原作における設定を記述。
味岡正弘
大手建設会社・日星建設の専務。
末吉祐介
新興の建設会社・甲東建設の社長。
巨勢堂明
「東明経済研究所」所長。大蔵省を中心とした各省庁の幹部に、不思議な影響力を持つ。
沢田美代子
東明経済研究所の事務員。
成瀬敬一
大東組建設の専務。
中原武夫
共栄建設の常務。
柳原孝助
金融ブローカー。与党の政務審査会路線部会幹事・高尾雄爾の後援会の名前で、詐欺を働く。
大石謙吉
日星建設の道路建設部長[1]。味岡の発意による道路建設現地視察に同行する。
中橋泰夫
下請けの土建会社「中橋組」社長。人夫出しの手配師として各地を渡り歩く。
照葉
R県の刈野温泉にある旅館「楓荘」で、日星建設一行を接待した芸者の一人。
金弥
「楓荘」で日星建設一行を接待した芸者の一人。
矢田部護親
二俣署の刑事課巡査部長。発見された死体の状況に疑問を抱き、捜査を始める。
山崎達二
二俣署の刑事課長。矢田部の上司で、捜査をバックアップする。

エピソード[編集]

  • おもに第三節で描かれる柳原孝助には、実在のモデルがあり、著者が梓林太郎から聞いた話がもとになっている。梓の説明によれば、その男Gは、鹿児島出身の国会議員Sの後援会会長を名乗り、建設会社のN組やK建設の社長に、「フランス石油」と呼ばれる巨大な金融システムの話を持ちかけ、その資金を利用し大型融資をするように求めたという。この話を聞いて興味を持った清張は、梓にGの素性を調べるよう頼み、Gが詐欺と選挙違反で捕まったことがあり、また代議士の秘書を名乗ったりしていた、などの話が伝わると、清張はGを「政治家と企業の寄生虫のような男」と評し、その生態について想像をめぐらしていたという[2]

関連項目[編集]

テレビドラマ[編集]

松本清張スペシャル
状況曲線
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『状況曲線』
脚本 吉田剛
監督 松尾昭典
出演者 村上弘明ほか
製作
プロデューサー 佐藤涼一(テレビ朝日)
今木清志(テレビ朝日)
田中浩三(松竹)
佐々木孟(松竹)
林悦子(霧企画)
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年11月26日
放送時間 21:02 - 22:51
放送枠 土曜ワイド劇場


松本清張スペシャル・状況曲線」。1994年11月26日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-22:51)にて放映。サブタイトル「巨大談合組織の黒い殺人!男と女が欲望の罠にはまる…」。視聴率14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。原作の登場人物を一部省略して人間関係を簡略化し、また、原作では犯行の重要人物が後半まで伏せられているのに対して、本ドラマは重要人物を前半から明らかにした上で展開されている。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
京都妖怪地図
(1994.11.19)
松本清張スペシャル
状況曲線
(1994.11.26)
緋の風
(1994.12.3)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 本名は第九節参照。
  2. ^ 梓林太郎『霧の中の巨人 - 回想・私の松本清張』(2003年、祥伝社)第15節参照。