北村晃一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きたむら こういち
北村 晃一
本名 北村 晃一
生年月日 (1946-07-08) 1946年7月8日(71歳)
出生地 日本の旗, 京都府京都市
身長 172cm
職業 俳優
活動期間 1969年 -
活動内容 映画テレビドラマ舞台
主な作品
映画
新網走番外地 大森林の決斗
二百三高地
日本海大海戦 海ゆかば』『ソナチネ
テレビドラマ
特別機動捜査隊』『太陽の恋人
国盗り物語』『イナズマン
功名が辻
OV
新・静かなるドン

北村 晃一(きたむら こういち、1946年7月8日[1] - )は、日本俳優。本名同じ[1]

京都府京都市出身[2]身長172cm[1]京都府立桃山高等学校[1]、多摩芸術学園(現・多摩美術大学[3]卒業。

来歴・人物[編集]

1969年新国劇に入り俳優となる[2]1970年新網走番外地 大森林の決斗』で準主役に抜擢されて以降、東映映画テレビドラマに出演し、テレビでは『特別機動捜査隊』(NET)や『イナズマン』(同)にレギュラー出演した。『イナズマン』では主人公の相棒・丸目豪作を演じ、共演した伴大介は「自分の存在意義をわきまえて、譲るべきところは譲るということがきちんとできる役者だった」と評している[4]。また、当時すでに既婚者であった[4]

その後は、時代劇などの悪役に転じ、映像作品を中心に活躍。丹羽長秀役を演じた1973年の『国盗り物語』をはじめとして、NHK大河ドラマでも常連俳優である。

特技は、日本舞踊[5]長唄[5]殺陣[5][1]乗馬[1]料理[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 新・静かなるドン(1997年、ケイエスエス
  • 新・静かなるドン2(1997年、ケイエスエス)
  • 新・静かなるドン3(1998年、ケイエスエス)
  • 新・静かなるドン4(1998年、ケイエスエス)
  • 新・静かなるドン5(1998年、ケイエスエス)
  • 新・静かなるドン6(1998年、ケイエスエス)
  • 女囚Σ-シグマ-(2006年、GPミュージアム
  • 白竜 シノギの報酬(2006年、GPミュージアム)
  • 首領がゆく3(2006年、GPミュージアム)
  • 修羅之魂〜侠客立志編〜(2008年、GPミュージアム)

舞台[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、124頁。ISBN 4-9901242-2-7
  2. ^ a b 『芸能手帳タレント名簿録 VOL.30』 連合通信社1995年、73頁。
  3. ^ 『日本タレント名鑑'73』 VIPタイムズ社、1972年、48頁。
  4. ^ a b 『スイッチオン! 人造人間キカイダー〜ジロー、旅の途中で』 角川書店2001年、78頁。ISBN 4048836943
  5. ^ a b c 『日本タレント名鑑'83』 VIPタイムズ社、1982年、76頁。

外部リンク[編集]