アリナミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アリナミン』(英文表記: ALINAMIN)は、武田コンシューマーヘルスケア株式会社が販売する錠剤と栄養ドリンクの商品名である。

製品概要[編集]

1954年(昭和29年)に「アリナミン糖衣錠」を発売。脚気の治療薬の開発を大日本帝国陸軍から依頼されたことがきっかけで開発が始まったため、ビタミンB1誘導体が薬の主成分となっている[要説明]

種類として錠剤と栄養ドリンク剤があり、その種類も多岐にわたっている。なお、当初はほとんどが医薬品だったが、1999年に栄養ドリンク剤が医薬部外品に移行されたことで、OTC医薬品(第三類医薬品)の製品と指定医薬部外品の製品が存在する。

アリナミンは、日本国外でもチアノイロン、タケトロン、ベニューロン、ネブリトン、プロネウリンなどの名で販売されている(または販売されていた)。

歴史[編集]

  • 1910年明治43年) - ビタミンB1を発見。
  • 1951年昭和26年)9月 - 戦後初、ビタミンB1誘導体の「アリチアミン」を発見。
  • 1954年(昭和29年)3月18日 - 体内でビタミンB1になる脂溶性の物質「プロスルチアミン」の開発に成功し、「アリナミン糖衣錠」を発売。
  • 1959年(昭和34年) - 発売5周年。
  • 1961年(昭和36年) - テレビCM主演に三船敏郎を起用。ビタミンB1誘導体「フルスルチアミン」を配合した「アリナミンFシリーズ(アリナミンF25糖衣錠、アリナミンF50糖衣錠)」を発売。
  • 1964年(昭和39年) - 発売10周年。広告キャッチコピーに「のんでますか? アリナミン」が制定される。
  • 1965年(昭和40年)
    • 11月
      • 全国の薬局・薬店で構成される販売店組織「タケダ会」を発足。
      • ビタミンB1誘導体「フルスルチアミン」配合の「アリナミンAシリーズ(アリナミンA5、アリナミンA25、アリナミンA50・第1期)」を発売。
  • 1969年(昭和44年) - 発売15周年。
  • 1970年(昭和45年) - 「アリナミンA25」の300錠を発売。一時的に「アリナミンAシリーズ」におけるCMタレントが不在になる。
  • 1974年(昭和49年) - 発売20周年。
  • 1976年(昭和51年) - 「アリナミンA25」のCMタレントに柴俊夫を起用。
  • 1979年(昭和54年) - 発売25周年。
  • 1980年(昭和55年)
    • 4月1日 - 「アリナミンA25」のCMタレントが交代し、名高達郎(後の名高達男)が起用される。
    • 12月1日 - 「アリナミンA25」のテレビCMシリーズとなる「世界紀行シリーズ(第1期)」の放映を開始。
  • 1984年(昭和59年) - 発売30周年。
  • 1987年(昭和62年)
    • 3月3日 - 滋養強壮内服液で初めての50ml栄養ドリンク剤「アリナミンV」を発売(発売当初大五栄養化学に製造を委託しており、同年10月の合併に伴い日本製薬が製造を引き継いでいたが、2017年4月に武田コンシューマーヘルスケアに移管されてからは自社製造となる)。本製品のテレビCMにマイケル・ハーダーが起用される。
    • 6月1日 - 「アリナミンA25」のCMタレントが交代し、村上弘明が起用される。
  • 1988年(昭和63年)
    • 1月 - 「一気にV、アリナミンV」のソウルオリンピックキャンペーンテレビCMを放映。
    • 10月1日 - 「アリナミンA5」と「アリナミンA25」をリニューアルする。
  • 1989年(平成元年) - 発売35周年。
    • 12月 - 「アリナミンA25」のテレビCMシリーズ「世界紀行シリーズ(第1期)」の放映を終了。
  • 1990年(平成2年) - 「アリナミンV」と「アリナミンA25」のCMタレントが交代し、「アリナミンV」にはアーノルド・シュワルツェネッガーが、「アリナミンA25」には坂本龍一がそれぞれ起用される。
  • 1991年(平成3年) - 「アリナミン」の起源であるアリチアミンの発見から40年となり、広告キャッチコピーが「おかげさまでアリナミン誕生40周年」となり、「アリナミンA25」の広告キャッチコピーが「疲れている人は、いい人だ」となる。
  • 1992年(平成4年) - 「アリナミンV」のCMタレントが交代し、宮沢りえを起用。塩酸フルスルチアミン・コンドロイチン硫酸ナトリウム・塩化カルニチン・タウリン配合50ml栄養ドリンク剤「アリナミンV&V」を発売。
  • 1993年(平成5年) - 「アリナミンV」・「アリナミンV&V」のCMタレントが交代し、中村雅俊が起用される。
  • 1993年(平成5年)11月 - 1日1回服用型で、ビタミンEを配合したビタミンB1・B6・B12製剤「アリナミンEX」を発売。
  • 1994年(平成6年)
    • 4月 - 発売40周年。4年ぶりに「アリナミンA25」のテレビCM「世界紀行シリーズ(第2期)」を放映開始。
    • 7月 - 1日1回服用のフルスルチアミン50mg配合「アリナミンA50」第2期を発売。
  • 1995年(平成7年)1月 - 「アリナミンA5」と「アリナミンA25」が新パッケージになる。
  • 1996年(平成8年)3月 - 100mlの栄養ドリンク剤「アリナミンダイナミック」を発売、永澤俊矢天海祐希を起用される[何の?]
  • 1997年(平成9年)4月 - 「アリナミンダイナミック」のCMタレントにスティーヴン・セガール藤谷文子を起用。
  • 1998年(平成10年)4月 - 「アリナミンV」・「アリナミンEX」のCMタレントが交代し、「アリナミンV」に丸山茂樹が、「アリナミンEX」に東山紀之少年隊)がそれぞれ起用される。
  • 1999年(平成11年) - 発売45周年。
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 薬事法のため「アリナミン」ブランドのドリンク剤が医薬品から医薬部外品へ移行。
  • 1999年(平成11年)6月 - 「アリナミンA25」のビタミンB2・B6・B12処方を増量強化した「新アリナミンA」を発売。
  • 2001年(平成13年) - 医薬部外品100ml栄養ドリンク剤「アリナミン7」、医薬品50mlドリンク剤「アリナミンe内服液」を発売。キャッチコピーが「この時代を、楽しむカラダ。アリナミン」となる。
  • 2002年(平成14年) - 医薬部外品100ml栄養ドリンク剤「アリナミン7ゴールド」を発売。「アリナミン7」のCMタレントに室伏広治が起用される。
  • 2003年(平成15年) - 医薬部外品50ml栄養ドリンク剤「アリナミンV&V NEW」、「新アリナミンA」と「アリナミンEX」にポケットパックを追加発売。広告キャッチコピーが「疲れをマネジメントという発想」になる。
  • 2004年(平成16年) - 発売50周年。広告キャッチコピーが「タケダはずっと疲れた人に、アリナミン」となる。
  • 2004年(平成16年)12月 - 「アリナミンEX」のCMタレントが交代し、坂口憲二を起用。
  • 2005年(平成17年)
    • 7月 - 「新アリナミンA」のCMタレントが交代し、田中麗奈を起用。
    • 11月 - パントテン酸カルシウムを追加配合した「アリナミンA」・「アリナミンEXプラス」を発売。
  • 2007年(平成19年)4月 - 「アリナミンA」・「アリナミンEXプラス」に120錠を追加発売。また、「おつかれさまです、アリナミン。」を広告キャッチフレーズに主要製品のCMタレントが交代し、「アリナミンV」に佐藤隆太が、「アリナミンA」に石田ゆり子が、「アリナミンEXプラス」に柳葉敏郎がそれぞれ起用される。
  • 2009年(平成21年) - 発売55周年。3月2日にノンカフェインの80ml栄養ドリンク剤「アリナミンR」を発売、テレビCMに松下奈緒を起用。
  • 2011年(平成23年) - 「アリナミンA」・「アリナミンEXプラス」のCMタレントが交代し、「アリナミンA」には吉瀬美智子が、「アリナミンEXプラス」には滝川クリステルがそれぞれ起用される。
  • 2012年(平成24年) -
    • 糖類ゼロの100ml栄養ドリンク剤「アリナミンゼロ7」を発売、本製品のCMタレントに小出恵介川島海荷を起用。
    • 指定医薬部外品のビタミン剤「アリナミン錠」を発売。
  • 2013年(平成25年)4月18日 -
    • ビタミンB1誘導体フルスルチアミン・活性型ビタミンB6メコバラミン・天然型ビタミンE・葉酸γ-オリザノールを配合した「アリナミンEXゴールド」を発売。
    • ノンカフェイン・カロリーオフの50ml栄養ドリンク剤「アリナミンRオフ」を発売、本製品のCMタレントに桐谷美玲を起用。
  • 2014年(平成26年)
    • 2月4日 - 指定医薬部外品のビタミン剤「アリナミン錠」に新容量の60錠と180錠を追加し、「タケダ通販ショップ」限定で発売。
    • 3月18日 - 発売60周年。
    • 5月29日 - 指定医薬部外品50mlミニドリンク剤「アリナミンV&Vロイヤル」を発売。CMタレントに唐沢寿明を起用。
  • 2015年(平成27年)6月 - 「アリナミン7」シリーズ(アリナミンゼロ7・アリナミン7)のCMタレントが交代し、山本彩NMB48AKB48)を起用。
  • 2016年(平成28年)7月7日 - イノシトールを配合した糖類ゼロの50ml栄養ドリンク剤「アリナミンVゼロ」を発売。CMタレントには唐沢との共演でダチョウ倶楽部も起用される。
  • 2017年(平成29年)
    • 4月1日 - 日本国内向けコンシューマーヘルスケア事業の分社化に伴い、武田コンシューマーヘルスケアへ移管。
    • 4月25日 - 「アリナミンEXプラス」の処方をベースにリボフラビンビタミンB2)を追加配合した「アリナミンEXプラスα」を発売。本製品のCMタレントに堤真一を起用する。
    • 5月22日 - 「アリナミンV」のCMタレントが交代し、桐谷健太を起用。

主要製品[編集]

2017年現在[編集]

  • アリナミン錠剤シリーズ(アリナミン錠は指定医薬部外品、その他の製品は第3類医薬品)
    • アリナミン錠(ビタミン含有保健薬、コンビニエンスストアまたは通信販売「タケダ通販ショップ」で購入可能。2012年 - 現在)
    • アリナミンA(「ビタミンB1主薬製剤」 2005年 - 現在)
    • アリナミンA50(「ビタミンB1主薬製剤」 1994年 - 現在)
      • 「アリナミンA50」に関しては通常の包装品(65錠、170錠)の他に、「アリナミンA」を踏襲したパッケージデザインとし、内容量を5錠増やした別包装品(70錠、175錠)も発売されている。
    • アリナミンEXプラス(「ビタミンB1B6B12製剤・ビタミンE配合」 2005年 - 現在)
    • アリナミンEXプラスα(「ビタミンB1B6B12製剤・ビタミンB2、ビタミンE配合」 2017年 - 現在)
    • アリナミンEXゴールド(「ビタミンB1B6B12製剤・ビタミンE、葉酸配合」 2013年 - 現在)
  • アリナミンドリンクシリーズ(医薬品 → 医薬部外品 → 指定医薬部外品)
    • アリナミンV (「ミニドリンク剤」 1987年 - 現在)
    • アリナミンVゼロ(「ミニドリンク剤」 2016年 - 現在)
    • アリナミンV&V NEW (「ミニドリンク剤」 2003年 - 現在)(製造販売元:日本製薬
    • アリナミンV&Vロイヤル (「ミニドリンク剤」 2014年 - 現在)
    • アリナミンR(「ドリンク剤(80mL入り)」 2009年 - 現在) - BCAA(分岐鎖アミノ酸)配合。
    • アリナミンRオフ(「ミニドリンク剤」 2013年 - 現在) - BCAA(分岐鎖アミノ酸)配合。カロリーオフ(1本あたり2キロカロリー)。
    • アリナミン7 (「ドリンク剤(100mL入り)」 2001年 - 現在) - ダイドードリンコの自販機(一部)でも購入可能。自販機用はかつて大同薬品工業が製造していた。
    • アリナミンゼロ7(「ドリンク剤(100mL入り)」 2012年 - 現在) - ダイドードリンコの自販機(一部)でも購入可能。

以前に販売されていた製品[編集]

  • アリナミン錠剤シリーズ
    • アリナミン糖衣錠(1954年 - 1961年、一般用医薬品として初めて発売された製品)
    • アリナミンF25糖衣錠 (1961年 - 1965年、かつて存在した一般用医薬品だが、現在は医療用医薬品で販売されている)
    • アリナミンF50糖衣錠(1962年 - 1965年)
    • アリナミンF100糖衣錠(1963年 - 1965年、医療用医薬品)
    • アリナミンA5 (1965年 - 2014年) - 肉体疲労時のビタミンB1補給に
    • アリナミンA50 (1965年 - 1970年(第1期)) - 肉体疲労時のビタミンB1補給に
    • アリナミンA25 (1965年 - 2005年) - 肉体疲労時のビタミンB1補給に
    • 新アリナミンA (1999年 - 2005年) - 肉体疲労時のビタミンB1補給、関節痛・神経痛の緩和に
    • アリナミンEX (1993年 - 2005年) - 眼精疲労・肩こり・腰痛の症状緩和に
  • アリナミンドリンクシリーズ
    • アリナミンV&V (1992年 - 2003年) - 「アリナミンV&V NEW」へ継承
    • アリナミンダイナミック(1996年 - 2002年、100mlドリンク剤)
    • アリナミン7ゴールド(2002年 - 2009年、医薬部外品100mlドリンク剤)
    • アリナミンe内服液(2001年 - 2005年、医薬品50mlドリンク剤)

CM出演者[編集]

現在[編集]

※過去のCM出演者については#歴史を参照。

CM音楽・CMソング[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]