ダイドードリンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイドードリンコ株式会社
Dydo Drinco, Incorporated
DyDo DRINCO logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2590
略称 DyDo
本社所在地 日本の旗 日本
530-0005
大阪府大阪市北区中之島二丁目2番7号
中之島セントラルタワー18階
設立 1975年1月27日
業種 食料品
事業内容 飲料の製造・販売
代表者 代表取締役社長 髙松富博
資本金 19億2,432万5,000円
売上高 単体1,183億円、連結1,510億円
(2010年1月期)
純資産 単体602億円、連結710億円
(2010年1月20日)
総資産 単体1,090億円、連結1,253億円
(2010年1月20日)
従業員数 単体2,016名、連結3,409名
(2009年7月20日現在)
決算期 1月20日
主要子会社 大同薬品工業株式会社、たらみ
外部リンク http://www.dydo.co.jp/
テンプレートを表示
加西サービスエリアの自動販売機 復刻堂商店
ダイドーの自動販売機
ダイドーの自動販売機用のポイントカード

ダイドードリンコ株式会社: Dydo Drinco, Incorporated) は、日本清涼飲料メーカー。

概要[編集]

1975年(昭和50年)、当時は奈良県御所市に本社があった大同薬品工業から清涼飲料・営業部門を切り離して「ダイドー株式会社」として設立[1]1984年(昭和59年)に現在の社名に変更した[2]。よく、ダイドードリンに間違えられる現社名は会社に対する考え方を表している[3]。「ダイドー」は前身の設立母体である大同薬品工業の“大同”をカタカナ表記し、その英文字表記は国際化時代の総合飲料メーカーにふさわしく「ダイナミック(Dynamic)」と「ドゥ(Do)」にちなんで「DyDo」としている[3]。「ドリンコ」は英語の「ドリンク(Drink)」に“仲間・会社”を意味する「カンパニー(Company)」を合わせた造語[3]。会社名全体で「ダイナミックに活動するドリンク仲間」を表現している[3]

現在は大同薬品がダイドードリンコの連結子会社となっており、主にダイドードリンコおよびグループ外製薬会社向けの医薬品(栄養ドリンク剤)、清涼飲料水などの委託製造を行っている。

他社と比較して自動販売機による売上比率が大きいことで知られ、9割にも達する[4]。一部の自動販売機には独自のポイントカード機能や、関西弁などで利用者に語りかけるおしゃべり機能など特徴的な機能を搭載している。これは同社の「感謝の気持ちの表れ」で商品購入時、客に楽しんでほしいとの想いから、継続してその環境を提供している[5]

自社製品の生産および配送を外部に委託しているファブレス企業であり、主な生産拠点は静岡県焼津市大井川下流域(委託生産先・株式会社ニッセー)、および静岡市清水区興津(委託生産先・静岡ジェイエイフーズ株式会社 興津工場)に、物流拠点は大井川対岸の吉田インターチェンジ周辺にある。

近年では海外展開も積極的で、2015年9月には高級チョコレート・ゴディバで有名なトルコの大手食品メーカー・ユルドゥズの子会社3社の株式をそれぞれ90%ずつ取得して子会社化している。

2016年1月15日キリンビバレッジキリン傘下)と自動販売機事業で業務提携を結び、同年4月から、ダイドー側の自動販売機で「キリン 午後の紅茶シリーズ」、キリン側の自動販売機で「ダイドーブレンドシリーズ」の相互販売を開始した。

企業スローガンは、「こころとからだに、おいしいものを。」(2014年3月から)。それ以前は、「Drink,Message」が長く使われてきた。

主な現行商品[編集]

☆印は店頭(コンビニエンスストアや量販店など)での発売

コーヒー[編集]

  • ダイドーブレンドシリーズ - 元々は、2000年代において同社飲料商品売上の5割強を占める主力商品[4]である「ダイドーブレンドコーヒー」として発売されていたが、2012年9月の全面リニューアルで「ダイドーブレンド」としてブランド化された。その後、2013年8月には「デミタスコーヒー」を「ダイドーブレンド デミタス」に改名・リニューアルしたのを皮切りに、翌月には「Mコーヒー(1978年発売)」と「キリマンジャロブレンド」を、2014年9月には「アメリカンコーヒー(1979年発売)」をリニューアルに伴って順次「ダイドーブレンド」のシリーズ品に組み込んだことで、同社の缶コーヒーは「ダイドーブレンド」に集約された。ラインナップはダイドーブレンドコーヒーを参照。
  • 地域限定商品

茶系飲料[編集]

  • 葉の茶シリーズ
  • おいしい麦茶
  • 燕龍茶(ヤンロンチャ)レベルケア【特定保健用食品】☆

水類・スポーツドリンク類・ドリンク剤[編集]

果実・野菜飲料[編集]

  • 和果ごこちシリーズ - 2014年2月に「柚子ごこち」の後継ブランドとして立ち上げた果汁飲料(後述する果汁入り炭酸飲料を含む)のブランド。
    • ゆずれもん☆ - 発売当初は自動販売機向けの280mlペットボトルも設定されていたが、2015年3月時のリニューアルで廃止された。
    • さくらんぼもも - 2014年3月発売。発売当初は500ml入りだったが、2016年3月のリニューアルで350mlに減容となり、自動販売機でも発売されるようになった。
  • とろけるピーチネクター - 2016年2月発売
  • さらっとしぼったシリーズ
  • 梅よろし
  • ぷるシャリみかん☆ - 2016年4月発売
  • メロンシェイク - 地域限定発売
  • おいしいトマト
  • 白桃ストレート果汁100% - ダイドードリンコ通販限定
  • 林檎ストレート果汁100% - ダイドードリンコ通販限定

炭酸飲料[編集]

  • 和果ごこちシリーズ
    • ゆずれもんサイダー☆ - 2015年3月発売。発売当初は280mlボトル缶で自動販売機での発売だったが、2016年2月のリニューアルで500mlに増量してペットボトルとなり、店頭での発売となった。
    • 日向夏サイダー - 2014年7月発売。発売当初は410ml入りだったが、2015年4月のリニューアル時に500mlに増量。2016年6月に再リニューアルし、自動販売機でも発売されるようになる。
  • 2つの食感シリーズ
    • ソーダゼリー グレープ
    • ソーダゼリー ホワイトソーダ - 2016年2月発売
  • ミスティオシリーズ
    • レモンスパークリング - 2014年4月発売、2016年3月リニューアル
    • グレープスパークリング - 2014年2月発売、2016年3月リニューアル
    • マスカットスパークリング - 2016年2月発売
    • ライチスパークリング - 2016年6月発売
  • 純水サイダー - 2016年2月発売
  • エナジージム
  • シークヮーサーソーダ - 地域限定発売

紅茶飲料・その他[編集]

  • 贅沢香茶シリーズ - 2013年6月に立ち上げた茶系飲料ブランド
    • ジャスミンティー - 2014年2月発売、2016年2月改良
    • ローズヒップティーwithピーチ - 2016年2月発売
    • 本格派のフルーツティー
  • Ti-Ha あじわいミルクティー
  • ごろっと果実ヨーグルパイン
  • カカオリッチな
    • アイスココア
    • 濃厚ココア
  • つぶ完食コクとろコーンポタージュ
  • 牛乳とたまごで作った濃厚ミルクセーキ
  • 復刻堂 フルーツオレ
  • 金のおしるこ
  • ヨービック
復刻堂フルーツオレ
(現在販売されている製品とは仕様が異なる)
  • プルプル食感!グミゼリー グレープ - 菓子類販売可能自販機限定
  • プリンプリン - 菓子類販売可能自販機限定

健康・美容食品(通販限定)[編集]

  • DyDoヘルスケアシリーズ - 2012年12月より立ち上げた通信販売限定の健康食品ブランド
  • DyDoきれいバランスシリーズ - 2012年12月より立ち上げた通信販売限定の美容食品ブランド
    • FINEAGE(ファインネージ) - 2014年8月発売
高級チョコレート(ゴディバ)製品
ほか

過去の商品[編集]

  • ダイドージャマイカンブレンドコーヒー - 1973年(昭和48年)発売、ダイドーブレンドコーヒーの前身ref name="dydo2010aki"/>。
  • ダイドーブレンドMコーヒー
  • かみかみオレンジ
  • ハイクロンA
  • ハイクロンCドリンク
  • ハイクミンCドリンク(製造販売元:大同薬品工業)
  • スポーツエネルギー
  • スポエネ
  • ジョニアンコーヒー
  • プレステージD
  • ダイドーブレンドコーヒー ルーキー【微糖】
  • D-1 COFFEEシリーズ
  • ダイドー・デミタスコーヒーシリーズ
    • デミタスコーヒー
    • プレミアム
    • グランブルー[微糖]
    • サファイアBLACK[無糖]
    • パール LATTE
    • ザ・クオリティ
  • THE BLACK[無糖]
  • ブラック[無糖]
  • アイスコーヒー[微糖]
  • カフェラテ[砂糖不使用]
  • スマートショットブラック
  • ミルクコーヒー
  • 無糖珈琲 樽
  • キリマンジャロブレンド樽
  • やみつき ミルクコーヒー☆
  • やみつき カフェオレ☆
  • 聘珍茶寮シリーズ
  • 贅沢香茶シリーズ
    • アップル&ミントティー☆
    • HOTで香るジャスミンティー☆
    • 桂花茶(ケイカチャ)ブレンドティー☆
    • アプリコット&ジンジャーティー☆
    • ストロベリー&ローズティー☆
    • ライチ&ハイビスカスティー☆
    • ラ・フランス&ローズティー プレミアムな香り☆
    • ハニーレモン&ジンジャーティー☆
    • ピンクグレープフルーツ&カモミールティー☆
  • SKY TIME ゆず(日本航空向け商品 主に機内サービスでの提供のほか自販機での販売も行われた)
  • 復刻堂シリーズ
    • ドラゴンボール - ドラゴンボールとコラボレーションしたオレンジソーダ
    • 秘密炭酸ゴレンジャー - 秘密戦隊ゴレンジャーとコラボレーションしたレモンスカッシュ
    • 仮面サイダー - 仮面ライダーとコラボレーションしたサイダー
    • フルーツオレ
    • ウルトラエール エナジー炭酸☆ - ウルトラシリーズとコラボレーションした炭酸飲料、売上の一部は「ウルトラマン基金」へ充てられる
    • パインサイダー☆
    • メロンサイダー☆
  • MIU(ミウ)シリーズ
    • 海洋深層水の恵み MIU
    • MIU Sporto(ミウ スポルト)
    • 海洋深層水100%☆
    • クリアライチ☆
    • クリアピーチ☆
    • ピーチ&マスカット
  • 柚子ごこちシリーズ - 2014年に「和果ごこち」へ移行。
    • ゆずれもん - 350ml/1.5Lは☆、280mlは自動販売機向け、500mlは全業態で発売
    • ゆずれもんホット☆
    • ゆずれもんサイダー☆
  • 和果ごこちシリーズ
    • 梅あんず☆
    • 和梨りんご☆
    • ゆずれもんほっと - 「ゆずれもん」のホット仕様品
    • 金柑りんごサイダー☆
  • さわやかミックスネクター
  • あったまレモン
  • 五代庵 の恵み 純水仕立て☆
  • 柚子よろし
  • シャキッとすりりんご
  • みかんジュレ☆
  • スピードアスリート
  • ViTAMiO(ビタミオ)
  • 富士山天然水
  • 2つの食感ソーダゼリー マンゴー
  • ミスティオシリーズ
    • オレンジスパークリング
    • グレープフルーツスパークリング
    • まる搾り完熟りんごスパークリング
  • 五代庵 梅の恵み 微発泡
  • ジンジャーエール COOL DRY
  • ダイドーヒーローズ缶シリーズ
  • 日本の香り お茶
  • アスパラドリンクX【医薬部外品】(発売元:田辺三菱製薬、製造元:大同薬品工業)
  • アリナミン7【指定医薬部外品】- 発売当初は大同薬品工業が製造していた(製造販売元:武田薬品工業)
  • Ti-Haシリーズ
    • 口どけミルクティー
    • 青森りんご紅茶
    • アセロラ紅茶
    • 爽やかミルクティー
  • 花畑牧場シリーズ
    • 生キャラメルミルクセーキ
    • ティーオレ
    • 白い桃<ヨーグルト風味>
  • POCKET JUICER STAND ホワイトナタデココ
  • ALOALOシリーズ
  • やみつき フルーツオレ☆
  • DyDoきれいバランスシリーズ
    • コラーゲン10000 プラス フルーツプラセンタ - ドリンクタイプ
    • コラーゲン プラス フルーツプラセンタ - 粒タイプ
  • DyDoヘルスケアシリーズ
    • 燕龍茶濃縮エキスつぶ
    • いきいきマカ
    • 活性型DHA イチョウ葉エキス配合
    • ほっこりしょうが日和
    • エナジーマカ 雪連花エキス配合

など。

本社所在地[編集]

大阪府大阪市北区中之島二丁目2番7号
1983年(昭和58年)3月以来、大阪市中央区西心斎橋一丁目2番4号(旧住所表記:南区鰻谷西之町六番地)に本社を置いていたが、2005年(平成17年)9月に中之島二丁目に移転した。
本社(中之島セントラルタワー)には、マーケティング部・営業管理部・海外事業部・営業企画部・法人営業第二部・流通営業第二部・通販営業部・生産管理部・人事総務部・経営企画部・グループ事業戦略部・監査部・直轄営業部が置かれている。

提供番組[編集]

在京テレビ局のテレビ番組に提供されることが多々ある。

現在[編集]

2009年頃を境にスポットCMが中心である。2012年10月頃からレギュラーでの提供ではないものの、不定期枠及び週替わりで中心に再びネットセールス枠の提供を再開している。現在はダイドードリンコと提供クレジットされているが、過去にはダイドーコーヒーダイドーDyDoとクレジットされていた。

過去[編集]

日本テレビ系列
TBS系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
テレビ東京系列

など。

テレビCM[編集]

CMに起用された有名人[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

自販機における機能・サービス[編集]

ポイントカードサービス
1998年(平成10年)冬からポイントカード自販機の設置開始[6]
一部の自動販売機ではCLUBDyDo(クラブダイドー)というポイントカードがあり、1個購入につき1ポイントが加算される。商品購入後、30秒以内に自販機にあるカード発行ボタンを押すことでポイントカードが入手できる。50ポイント以上貯めたカードをCLUBDyDo事務局に郵送すると、ポイントに応じた希望の景品をもらうことができる。ポイントカードは1枚あたり100ポイント満点で、満点貯まったカードの上部には穴が開けられるので、物理的に見分けがつき、自販機でも確認可能。
景品は、毎年4月1日〜翌年3月31日までを一区切りにして更新される。ポイントカードのデザインは、数年ごとに見直されている。かつてはポイントカードに有効期限は無く、デザイン変更前のカードでも使用することができたが、後に有効期限が設定された
カードの有効期限は以下のようになっている[7]
  • カード自体に有効期限が記載されていないもの - ポイント加算:2011年(平成23年)3月31日まで、応募受付(当日消印有効):2011年6月30日まで
  • 2008年(平成20年)10月から発行していた、有効期限の記載がある白色のカード - ポイント加算:2012年(平成24年)3月31日まで
  • 2009年(平成21年)8月から順次発行されている、有効期限の記載がある水色のカード - ポイント加算:2013年(平成25年)3月31日まで
  • 有効期限の記載があるピンクのカード-ポイント加算:2014年(平成26年)3月31日まで
  • 順次発行している有効期限がある3色のカード-ポイント加算:2015年3月31日まで

インターネットなどでカード送付を申し込むと最新のカードがもらえる。(ただし、申し込める枚数は3枚(300本分),6枚(600本分)である。)

IH自販機
新たな自販機として地域限定でIHによる高速加温システム掲載の省エネ自販機の導入を進めている。これは商品を常温で保管し、販売時にのみ加温することで、消費電力削減を実現している。これにより、乳分が多く長時間加温状態では品質維持が難しい商品の販売も可能になった。また、商品の温度のむらを無くすために、缶を回転させながら温める方法を採用し、あたたかさも「あたたかい」「ぬるめ」の二段階に設定してある。さらに、おでんやカレーうどんなどのほか、オリジナル商品「ほっとスタンド」も販売している(ミルクコーヒー、ミルク紅茶、おでん、イチゴミルクなど)。
当たり付き自販機
1970年代後半に導入開始[5]。当初はルーレット機能のみを自販機に後から付けたタイプで[5]、1979年に一体型が登場した[8]。抽選部分は絵柄となっているものや、所定の場所に止まると当たりとなる方式のものも、過去には存在した[5]
当たり付きの自販機には、抽選用のスロットマシンが付いている。商品を購入すると、投入口すぐ脇の電子ドラム[5][9]が回り始める。0000〜9999が揃ったら(7777のみの自販機もある)30秒以内に商品ボタンを押すと、120円までの商品をもう1本、無料でもらえる[5]
1リットルのペットボトル販売
近年、業界としては珍しく、葉の茶を主に1リットルのペットボトルが一部の自販機で販売されている。値段は200円。関東都心周辺では、2つの自販機を連結し、取り扱い商品数を増やしている自販機が見られる。
過去には1.5リットルサイズのペットボトルや、容量0.5〜1リットル程度のガラス瓶容器でも販売されていた。
しゃべる自動販売機
商品を購入してから取り出すまでの間、おしゃべりする機能が付いている。種類は男性と女性で、声は声優俳優アナウンサーなどが担当している(担当声優についてはこちらを参照)。しゃべる内容は「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」「お釣りをお忘れなく」などのほか、「温かい/冷たいお飲み物を〜」など季節や「メリー・クリスマス」など記念日に合わせたものもある。ポイントカード利用による購入時には、1日に2回以上の購入で「よくお会いしますね」、購入間隔が空くと「次は早く来てね」、購入後は「カードをお忘れなく」としゃべることがある。
最初にしゃべる機能が搭載されたのは1980年代前半であるが、当時は機械がしゃべることに馴染みが無く、抵抗感を示す人が多くて受け入れられなかったため、次第に姿を消した。1990年代後半になると郵便局銀行ATMや駅の券売機などしゃべる機能を搭載した機械が広く普及し、違和感がなくなったと判断されたことで、2000年(平成12年)に再度「おしゃべり自販機」が登場した[10]
当初のおしゃべり機能は標準語だけに対応していたが、2003年から関西弁大阪弁)も導入された。2005年からは外国人観光客などの多い地域で英語ポルトガル語中国語が導入されるようになり、2006年からは津軽弁名古屋弁など全国各地の方言に対応した地域限定自動販売機も導入され、話題を集めている[8][10](方言・外国語バージョンの音声はこちらで公開されている)。それ以外にも鳥の鳴き声が聞こえることもある。
発声機能が(騒音の原因となるため)止められているものもあり、その場合には値段表示が顔文字に変わり「ありがとうございました」とウインクや笑顔で反応する。

その他[編集]

  • 2002年(平成14年)から地域活性化などを目的として、日本各地に伝承されている祭りを支援する企画「日本の祭り」をスタートさせ、それぞれの祭りを紹介する番組を「ダイドードリンコスペシャル」として各地で放送している(吉村作治が企画などを担当)[11]
  • 「ミウレーシングチーム」というレーシングチームを所有していた[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]