この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

吉瀬美智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きちせ みちこ
吉瀬 美智子
生年月日 (1975-02-17) 1975年2月17日(43歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県朝倉市
身長 166 cm
血液型 A型
職業 女優・元ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1995年 -
配偶者 一般人男性(2010年 - )
事務所 フラーム
公式サイト 吉瀬美智子オフィシャルウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
LIAR GAME
ブラッディ・マンデイ
妄想姉妹〜文學という名のもとに〜
ハガネの女
昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜
Dr.倫太郎
映画
LIAR GAME The final Stage
死刑台のエレベーター
僕と妻の1778の物語
神様のカルテ
ガール
草原の椅子
神様のカルテ2

吉瀬 美智子(きちせ みちこ、1975年2月17日 - )は、日本女優、元女性ファッションモデル

福岡県朝倉市出身。フラーム所属。身長166cm[1]。愛称は「みっちゃん」。

来歴

モデル時代

高校生の頃は美容部員志望だったが不合格だったため、高校卒業後は地元のエステサロンや喫茶店アルバイトをしていた。喫茶店でのアルバイト中にスカウトされて地元でモデルの仕事を開始する。当時の所属事務所はNOIRで、「小雪」という芸名で活動をしていた。

その後、20歳で上京しブルーミングエージェンシーおよびブラァバに所属[2]。女性向けファッション雑誌『Domani』にて専属モデルを務める傍ら、多数のCMに出演。2003年からは情報番組噂の!東京マガジン』にて5代目アシスタントを務めた。

女優デビュー以降

2007年2月1日付で現事務所フラームに移籍[3]。30代に入ってから「モデルとしての未来を考えた時、活躍できる場が限られてきてしまう」と考えるようになり、現事務所からの「今後モデルの仕事を一切しない」との条件を快諾し移籍に踏み切った[4]。それを機にモデル業を一切辞め本格的に女優に転身し、以後、テレビドラマを中心に活躍。『LIAR GAME』(フジテレビ)や『ブラッディ・マンデイ』(TBS)などに出演し注目されるようになる。

2009年1月、『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』(日本テレビ)にてテレビドラマ初主演(複数主演)、2010年5月、『ハガネの女』(テレビ朝日)にてテレビドラマ単独初主演。また、2010年9月公開の映画『死刑台のエレベーター』にて映画初主演。

2011年2月にはエランドール賞新人賞を受賞。

2014年7月、出産1年後の初復帰作『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ)にて、家庭と愛人との間で苦悩するセレブ主婦を演じる。同年9月、初のエッセイ『幸転力』を出版。

私生活

モデルから女優への転身を支えた10歳年上の実業家の一般男性と、出会いから5年の歳月を経た2010年12月25日に結婚。同月28日に自身のブログを通じて発表した[5][6]

結婚3年目となる2013年2月21日に第1子妊娠を発表し[7]、同年7月17日に女児を出産[8]。また、2016年7月14日に第2子妊娠を発表し[9]し、同年10月26日に女児を出産した[10]

人物

  • マイペースな性格で、自宅でのんびりするのを好み、極度の潔癖症。外に出かけるのはあまり好きではない一方で、趣味釣りゴルフなどアウトドアと語っている[11]

出演

テレビドラマ

映画

劇場アニメ

舞台

  • 劇団EXILE第2回公演『CROWN 眠らない、夜の果てに…』(2008年5月16日 - 26日、青山劇場) - シャオティン 役

CM

バラエティ番組

CD

ゲーム

書籍

雑誌

  • Domani(1999年-2007年) ‐ 専属モデル

受賞

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 吉瀬美智子 公式profile
  2. ^ モデル'sブログ きれいの秘密 より。
  3. ^ 公式ブログ「ご報告」(2007年2月1日) より。
  4. ^ 2011年6月号「日経エンタテインメント!」インタビューより。
  5. ^ 吉瀬美智子 (2010年12月28日). “ご報告”. ご報告|吉瀬美智子の「輝くレシピ」. 2017年7月16日閲覧。
  6. ^ “吉瀬美智子、結婚!10歳年上一般男性とクリスマス入籍!”. シネマトゥデイ. (2010年12月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0029294 2017年7月16日閲覧。 
  7. ^ “吉瀬美智子、第1子妊娠 コメント発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年2月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1226263 2017年7月16日閲覧。 
  8. ^ “吉瀬美智子、第1子女児出産「言葉に出来ない感動」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年7月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2026765/full/ 2017年7月16日閲覧。 
  9. ^ “吉瀬美智子、第2子妊娠6ヶ月を発表「生まれて来る日を心待ちに」”. オリコン. (2016年7月14日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/love/news/2075120/full/ 2016年10月26日閲覧。 
  10. ^ “吉瀬美智子 第2子次女出産を報告 長女の姉ぶり「頼もしく」”. スポニチアネックス. (2016年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/01/kiji/K20161101013642530.html 2016年11月1日閲覧。 
  11. ^ 2008年3月号「日経エンタテインメント!」インタビューより
  12. ^ a b 2007年10月期には『働きマン』と『ジョシデカ!』の同一クールに2つのテレビドラマに出演
  13. ^ a b 2008年7月期には『魔王』と『太陽と海の教室』の同一クールに2つのテレビドラマに出演
  14. ^ “篠原涼子ドラマに吉瀬美智子&鈴木砂羽!お色気シーンにも期待?”. サンケイスポーツ. (2015年8月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150828/geo15082805040009-n1.html 
  15. ^ “吉瀬美智子:坂口健太郎主演連ドラで8年ぶり刑事役 北村一輝、渡部篤郎も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年2月28日). https://mantan-web.jp/article/20180227dog00m200038000c.html 2018年2月28日閲覧。 
  16. ^ 映画「クレヨンしんちゃん」に安田顕、吉瀬美智子、とにかく明るい安村出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  17. ^ "キヤノン「EOS Kiss X8i」新CM発表会で吉瀬美智子さん - 運動会写真、ゴールの瞬間をバッチリ撮影" マイナビニュース (2015年4月14日). 2015年4月15日閲覧。
  18. ^ “博多大吉と吉瀬美智子「チーザ」CMで夫婦役、見つめ合って微笑む”. お笑いナタリー. (2016年3月16日). http://natalie.mu/owarai/news/179919 2016年3月16日閲覧。 
  19. ^ 2007年のseason2にもゲスト出演経験あり
  20. ^ “「2011年エランドール賞」新人賞6名が決定!松下&向井の“ゲゲゲ夫妻”らが受賞”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2011年2月3日). http://www.oricon.co.jp/news/84487/full/ 2015年10月28日閲覧。 
  21. ^ “東山紀之、吉瀬美智子らが『第40回ベストドレッサー賞』受賞”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2011年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2004263/full/ 2015年10月28日閲覧。 
  22. ^ “『第25回日本ジュエリーベストドレッサー』に松本潤、吉高由里子ら”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2014年1月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2033278/full/ 2015年10月28日閲覧。 
  23. ^ 吉瀬美智子、ロングドレスで美脚披露 陣内孝則と『ベストフォーマリスト』受賞”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。

外部リンク