タサン志麻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タサン志麻(たさん しま、: Shima Tassin1979年 - )は、山口県長門市出身[1][2]家政婦料理人

来歴[編集]

幼少期から料理に親しむ環境に育つ[2]山口県立大津高等学校(現・山口県立大津緑洋高等学校)卒業。

1999年大阪あべの・辻調理師専門学校及び辻調グループフランス校卒業。ジョルジュ・ブラン英語版三つ星レストランでの修行を経て、帰国後は四ツ谷の老舗フランス料理店やビストロで15年間料理人を務める[3][4]

渡仏時に知り衝撃を受けたフランスの家庭料理と、「日本のフランス料理」との違和感から2015年に料理人としての仕事を辞め、家庭料理を学ぶべく再び渡仏することを決意するが、渡航資金を貯めるために勤めたアルバイト先の飲食店でフランス人男性と知り合い結婚。

妊娠を機に、自分のペースで働けるようにフリーランスの家政婦としての仕事を始める[2]。料理人としての経験を生かし、依頼先の家庭の冷蔵庫にある食材で家族構成に合わせた1週間分のつくりおきを片付け込み3時間で仕上げる仕事ぶりが評価され、「予約が取れない伝説の家政婦」として評判を集める[2][3]

2017年2月に『沸騰ワード10』(日本テレビ系列)にて「伝説の家政婦・志麻さん」として出演し話題となり、2018年5月には『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)にも出演。以後、家政婦としての仕事と並行して、数多くのレシピ本出版やメディア出演、料理イベントの講師、食品メーカーのレシピ監修などを行っている。

家族は夫と2人の息子[5]。2021年には第13回ベストマザー賞(特別部門)を受賞した[6]

著書[編集]

レシピ本[編集]

その他[編集]

  • 厨房から台所へ 志麻さんの思い出レシピ31(ダイヤモンド社)ISBN 4478106460 - エッセイ集付きレシピ集
  • 志麻さんちのごはん(幻冬舎ISBN 434403550X - レシピ日記

出典[編集]

  1. ^ 長門の人”. 広報ながと 平成30年4月号. 2020年8月26日閲覧。
  2. ^ a b c d “「伝説の家政婦」理想の食卓 長門生まれのタサン志麻さん”. 中国新聞. (2019年5月3日). https://www.chugoku-np.co.jp/living/article/article.php?comment_id=530143&comment_sub_id=0&category_id=1124 2020年8月26日閲覧。 
  3. ^ a b 家政婦 タサン志麻さん 団らんの幸せを届ける伝説の家政婦”. PROFESSIONs. 辻調グループ. 2020年8月26日閲覧。
  4. ^ タサン志麻”. ダイヤモンド・オンライン. 2020年8月26日閲覧。
  5. ^ 第二子が産まれました” (日本語). Shima Tassin. 2020年9月11日閲覧。
  6. ^ 第13回ベストマザー賞2021”. 日本マザーズ協会. 2021年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]