この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

金子恵美 (1978年生の政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金子 恵美
かねこ めぐみ
生年月日 (1978-02-27) 1978年2月27日(40歳)
出生地 日本の旗 新潟県西蒲原郡月潟村
(現:新潟市南区
出身校 早稲田大学第一文学部
所属政党 無所属→)
自由民主党二階派
配偶者 宮崎謙介
親族 父・金子由征(元:月潟村長)

選挙区 新潟4区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月19日[1] - 2017年9月28日

選挙区 南区選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年 - 2012年

選挙区 南区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年 - 2010年
テンプレートを表示

金子 恵美(かねこ めぐみ、1978年2月27日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(2期)。総務大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)、新潟県議会議員(2期)、新潟市議会議員(1期)を務めた。元月潟村長の金子由征は父。夫は金子と同じ二階派所属の元衆議院議員の宮崎謙介。血液型O型。

来歴

新潟県西蒲原郡月潟村(現:新潟市南区)生まれ(本籍地は新潟市南区(旧:白根市)清水)。月潟村立月潟中学校、新潟県立三条高等学校早稲田大学第一文学部文学科演劇専修卒業[2]。大学在学中、イギリスバースアメリカ合衆国バージニア州アレキサンドリアでホームステイし、ネパールムスタン近藤亨の下、農業支援に従事した経験を有する。

2000年に大学を卒業し、BSN新潟放送でアルバイト勤務。2002年に「新潟県きものの女王」、2003年ミス日本関東代表に選出された。その後、韓国梨花女子大学校に留学。

2007年新潟市議会議員選挙に南区選挙区から出馬し、4,244票を獲得しトップ当選[3]

2010年、新潟市議を1期目の任期途中で辞職。吉沢真澄の死去に伴う新潟県議会議員補欠選挙に出馬し、無投票で当選した[4]2011年、無投票で再選(無所属)[5]

2012年、新潟県議を辞職。第46回衆議院議員総選挙自由民主党公認で新潟4区から出馬し、民主党前職の菊田真紀子に1万4千票超の差をつけて破り、当選した(菊田は比例復活[1]。当選後、二階派に入会。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、新潟4区で民主党前職の菊田の猛追を受け、前回よりも票差を大幅に縮められたものの、3,094票差で再び菊田を破り、再選[6]

2015年5月19日、同じ二階派所属の宮崎謙介との結婚を発表した[7]

2016年2月5日、男児を出産[8]。同年2月9日、夫である宮崎謙介の不倫疑惑が発覚し[9]。2月16日に宮崎は議員辞職。宮崎によれば一連の騒動が原因で産後回復が遅れたという[10]

2017年10月22日、第48回衆議院議員総選挙では自由民主党公認で出馬したが、菊田に破れ、比例復活での当選も出来ず落選した[11]

政策

人物

  • 2012年第46回衆議院議員総選挙以来、民主党(2017年は無所属)の菊田真紀子との事実上の一騎打ちが続いており、2017年第48回衆議院議員総選挙の最中は、合同で開かれた個人演説会でもお互いに目を合わさず[14]、金子がSNSで「卑怯な手にも屈しません!」と題して「支援者が、菊田の後援会関係者から『金子を応援するのであれば、明日から今の取引を止める』と言われた」として菊田陣営の公職選挙法違反を告発し、菊田がこれを「完全なデマ」であり、金子の投稿こそが公職選挙法違反であるとして警察に通報したため、「場外乱闘」[15]、「女の闘い」[16]などと話題になった。なお、週刊新潮は自民党系市議会議員の発言として、「中小企業が多いこの選挙区では、以前から自民も業界団体へ支援要請しており、企業間で取引停止をチラつかせ、支援を求める風土がある。金子陣営でも同じことが起こっているやもしれぬのに、大っぴらに批判するのは大人気ない」という声を紹介している[17]

所属団体・議員連盟

TV出演

タイトル 放送日
安倍自民党は日本の社会に安定をもたらしうるか 2013年4月13日
女性政治家の国民福祉論 2013年4月20日

著書

脚注

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月19日新潟県選挙管理委員会告示第134号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人)
  2. ^ 自己紹介|自民党 衆議院議員 金子めぐみオフィシャルサイト
  3. ^ 読売新聞. “新潟県政令市議選 : 開票結果 : 統一地方選2007”. 2012年9月10日閲覧。
  4. ^ 新潟日報 (2010年7月30日). “金子氏が無投票で初当選”. 2012年9月10日閲覧。
  5. ^ 新潟県 議選:開票結果読売新聞
  6. ^ “金子恵美氏(自民)当選 新潟4区”. 朝日新聞. (2014年12月14日). http://www.asahi.com/articles/ASGD75GWFGD7UEHF01L.html 2015年2月27日閲覧。 
  7. ^ “自民若手カップルが結婚発表=宮崎謙介・金子恵美氏”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年5月19日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015051900326&g=pol 2015年5月25日閲覧。 
  8. ^ 自民・金子恵美議員が男児出産 「育休」で賛否両論朝日新聞2月5日付 2016年2月18日閲覧
  9. ^ “「育休宣言」の宮崎衆院議員に不倫疑惑 週刊文春が報道へ、党内で批判強まる 記者団の取材に“逃走””. 産経新聞. (2016年2月9日). http://www.sankei.com/politics/news/160209/plt1602090037-n1.html 2016年2月9日閲覧。 
  10. ^ 宮崎議員と不倫のタレントがTVで号泣「舞い上がっていた日刊ゲンダイ2016年2月18日付 2016年2月18日閲覧
  11. ^ 新潟-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  12. ^ a b c d e 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  13. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  14. ^ “【衆院選】ほとんど目を合わさず…女性候補2人が論戦 激戦の新潟4区”. 産経新聞. (2017年10月20日). http://www.sankei.com/politics/news/171020/plt1710200021-n1.html 2018年2月12日閲覧。 
  15. ^ “新潟4区で場外乱闘 自民党の金子恵美がSNSでライバル攻撃 「デマだ」と警察沙汰に”. 週刊朝日. (2017年10月11日). https://dot.asahi.com/dot/2017101100109.html?page=1 2018年2月12日閲覧。 
  16. ^ “【衆院解散】新潟4区は金子恵美と菊田真紀子「女の戦い」”. 産経新聞. (2017年9月29日). http://www.sankei.com/politics/news/170929/plt1709290030-n3.html 2018年2月12日閲覧。 
  17. ^ 「『因縁選挙区』炎上ス」 週刊新潮2017年10月26日号
  18. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク