近藤亨 (NPO理事長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近藤 亨(こんどう とおる、1921年6月18日[1] - 2016年6月9日)は、日本の農学者ネパール・ムスタン地域開発協力会理事長。ネパールにおいて世界最高地の稲作に成功したことで知られる。

人物[編集]

1921年、新潟県に生まれる。新潟大学農学部助教授を経て新潟県園芸試験場の研究員となり、1976年には国際協力事業団 (JICA) から植樹栽培専門家としてネパールに派遣される。それ以来、ネパールのために尽力する。JICAを辞めた後もネパール・ムスタン地域開発協力会 (MDSA)の理事長として、現地ムスタンに留まり、果樹栽培の指導や、小学校や病院などを建設し、ネパールの秘境で地元の人たちのために、90歳を過ぎた後も活躍していた。特に、1998年10月、標高2750mのネパール・ムスタン・ティニ村で世界最高地の稲作に成功し、ネパール各方面より多大なる賞讃を集めた。

略歴[編集]

主な受賞歴[編集]

  • ネパール
    • 国王勲二等勲章(1997年) 
    • 政府・シルバー勲章(1997年)
    • 園芸学会特別功労賞(1998年)
    • ネパール最高栄誉1等勲章(2013年)[5]
  • 日本 
    • 外務省国際協力賞(1996年)
    • 吉川英治文化賞(1999年)
    • 毎日国際協力賞(1999年)  
    • 新潟日報文化賞(2001年)
    • 読売国際協力賞(2001年) 
    • 米百俵特別賞(2003年)
    • 地球倫理推進賞(2006年)
    • 安吾賞新潟市特別賞(2008年)[6][7]

主な著作[編集]

  • 『ムスタンの朝明け』(株)かんぽう、1994年
  • 『夢に生きる』 講談社、2000年
  • 『ムスタンへの旅立ち』 新潟日報事業社、2003年
  • 『ネパール・ムスタン物語』 新潟日報事業社、2006年
  • 『ムスタン爺さまの戯言』 新潟日報事業社、2010年

脚注[編集]

  1. ^ 近藤亨”. コトバンク (2009年). 2013年4月27日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 近藤亨さん死去 海外で農業指導 ヒマラヤ山麓ムスタンで尽力 47news 2016年6月11日
  4. ^ 日立 世界・ふしぎ発見!2017-07-08放送
  5. ^ 近藤亨さん、ネパール最高栄誉1等勲章受章
  6. ^ 近藤亨・受賞スピーチ - 新潟市
  7. ^ 第3回新潟市特別賞

外部リンク[編集]