宮崎謙介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
宮崎 謙介
みやざき けんすけ
生年月日 (1981-01-17) 1981年1月17日(35歳)
出生地 日本の旗 東京都新宿区
出身校 早稲田大学商学部
前職 政治家
所属政党 自由民主党二階派〉→)
無所属
配偶者 加藤鮎子2006年 - 2009年
金子恵美2015年 - 現在)
親族 義父・金子由征(新潟県月潟村村長・6期 1982年 - 2005年[1]

選挙区 京都3区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 2016年2月16日
テンプレートを表示

宮崎 謙介(みやざき けんすけ、1981年昭和56年)1月17日 - )は、日本の元政治家

衆議院議員を2期務めた。

略歴[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 比例区
第46回衆院選 2012年12月16日 京都3区 自由民主党 58,951票 31.6% 小当
第47回衆院選 2014年12月14日 京都3区 自由民主党 59,437票 35.8% 小当

政策[編集]

  • 憲法改正と集団的自衛権の行使に賛成[5]
  • アベノミクスを評価する[5]
  • 軽減税率の導入に反対[5]
  • 原発は日本に必要[5]
  • 村山談話・河野談話を見直すべきだ[5]
  • ヘイトスピーチを法律で規制することに反対[5]
  • 女性宮家の創設に反対[6]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に関して、「どちらともいえない」としている[7]

人物・エピソード[編集]

  • 身長188cm、体重80kg、血液型O型[8]
  • 2006年加藤鮎子と結婚したが、2009年に離婚した[9]
    • 離婚原因は宮崎の女性問題であったと報じられた[10]。また、結婚にともない、宮崎はを宮崎から加藤に変更し、岳父である加藤紘一の引退後に自身が出馬できるよう準備を整えていた[11]と報じられたが、これに対し宮崎は「当時は政界に興味は全くなかった」と否定した。
    • 前述の原因もあり、宮崎は引き継ぐ予定だった加藤家の地盤である山形3区を継げず、京都3区から公募で出馬することとなった[12]
  • 2015年5月19日、同じ自民党・二階派所属議員である衆議院議員・金子恵美との再婚を発表した[13]。再婚に先立ち、すでに妊娠している(いわゆる「できちゃった結婚」)と報じられた[14]
    • 金子との再婚を発表する一方で、宮崎は自身の支援者の娘とも交際していたことが報じられた。交際期間が金子と重複しているとも報じられたが、宮崎は取材に対し「全然全然。マジ勘弁してって感じですよ。妻と始まったのは二月中旬から下旬だから、時系列的には全然かぶってない。俺、かぶせることしないから」と答えた[15]
    • 2016年2月18日、後述の不倫報道の続報として、週刊文春(2016年2月25日号)は、宮崎が金子とは別に他の女性とも婚約していたと報じた[16]
  • 2015年12月23日、日枝神社で挙式し[17]、都内のホテルで結婚披露宴を行った[18]。政治家の挙式・披露宴としては珍しくマスコミフルオープン(カメラ取材など全て自由)で行われた。
  • 2016年2月5日、第一子となる長男が誕生した[19]

育児休暇取得をめぐる報道[編集]

  • 金子の出産を控えた2015年12月、宮崎は男性の育児休暇について、「休暇を取ることによって職場で冷遇されるのではないかということが障壁になっている中、国会議員が先例となって率先して育児に参加したい」として、国会開会中に一か月程度の育児休暇を取得する意向を示した[20]。これに対し、女性活躍を担当する加藤勝信一億総活躍担当大臣は、「男性の育児休暇を促していきたい中で、議員が率先してやっていくのは大事」と述べるとともに、現状、衆議院の規則では育児休暇の規定はないため、「民間の就業規則などとは違うので、どのように国会の制度に入れていくのか、国会で議論してほしい」、「国民から負託を受けた一票は大変重たいが、それをどう行使していくのかバランスの問題だ」との考えを示した[21]。また、宮崎は有志とともに、個人事業主など育休の取得が困難な労働者に対する法整備などを議論する勉強会を立ち上げた[22]
  • 一方、自民党幹事長谷垣禎一は「自営業者には育休の制度はなく、育児休業しようと思ったら、いくらでも本人の判断でできる。基本は国会議員も同じだ」と述べるにとどまった[23]
  • また、育児休暇取得に先立ち、2016年1月、宮崎は衆院議長大島理森に対し、衆院規則へ「育児休暇」を追加するよう申し入れた[24]
    • しかし、宮崎の一連の行動は、自民党国会対策委員会への事前連絡を一切行わずになされたものであったため、自民党国対委員長佐藤勉は「政党の所属議員が議員全体の規範に関わる改正を、党の了解なしに申し入れようとするのは前代未聞だ」として、不快感を示した。これを受けて宮崎の申し入れは撤回された[25]

妻の出産入院中に不倫を批判され議員辞職[編集]

  • 2016年2月、金子が出産(切迫早産)のため緊急入院していた1月30日から31日にかけて、宮崎が自身の選挙区にある京都市伏見区内の自宅マンション[26]に女性タレントを招き入れ、ともに宿泊したと週刊文春(2016年2月18日号)に報じられた[27][28]。問題の日、宮崎は京都市長選挙の応援のために京都市内を訪れており[28]、女性タレントも伏見稲荷大社など京都市を訪れていた。女性タレントは一泊した後に帰京した。女性タレントは1月4日にも衆議院第一議員会館を訪れており、同日行われた自由民主党の新年会において和装で登場した宮崎の着付けを担当した。新年会には妻の金子も出席していた[29]
    • 同年2月5日、週刊文春デジタルの取材に対し宮崎は「いやいやいや。勘弁してくださいよ。どういう時期か分かってるでしょ」と答え、タクシーに乗りいずれかの方向へ立ち去った[27]
    • 同年2月9日、衆院本会議に出席後、国会内で記者団に不倫疑惑について問われた宮崎は、無言のまま駆け足で車に乗り込みその場から立ち去った[30]
      • その後、議員事務所も宮崎と連絡が取れなくなるなど、一時行方がわからなくなっていたが、金子の入院している病院に滞在していることが10日までに明らかになった。二階派幹部が宮崎のいた病院まで訪れ、聞き取り調査を行った。
    • 同年2月10日、宮崎は所属している二階派の代表である自民党総務会長二階俊博に謝罪した[31]。二階は、「皆で力をあわせて問題の解決に努力しよう」との考えを明かした[31]。一方、同日の衆院予算委員会安倍晋三は「政治家は自らの行動を律していく必要がある」と一連の報道に言及した[32]公明党山口那津男代表は「公人としての心得や緊張感を持たなければならない」と指摘した[33]自民党国対委員長佐藤勉は「政治家として今まで言ってきたことへの責任はあり、きちんとケジメをつけるべきだ」と同日の記者会見で強調した[34]民主党安住淳は一連の報道に対し「(宮崎に)育児休暇を与える国会議員は1人もいないのではないか」「(育児休暇取得は)売名行為だったのではないか」と報道陣に答えた[35]
      • 不倫疑惑の相手とされる女性タレントは、グラビアタレントの宮沢磨由であると日刊スポーツに報じられた[36]。同日までに宮沢は、宮崎との関係を示唆する1月4日、30日、31日および2月2日に投稿したブログを削除した。
    • 同年2月11日、自民党幹事長谷垣禎一は、新潟市で行われた講演のなかで一連の報道に対し陳謝した[37]
    • 同年2月12日10時45分から、国会内にて記者会見を行うことが、11日までに報じられた[38]が、自らの進退については「一からやり直し。やれるだけやっていきたい」として議員辞職については明確に否定した[39]
    • 同年2月12日、宮崎は議員会館内で記者会見を行い、事実関係を認めた上で、議員辞職する意向を表明した。不倫による議員辞職は憲政史上初めてのことであった。
      • 会見では「相手からSNSでメッセージをもらった」として、自身の積極的な関与については最後まで否定した。これに先立ち、宮崎が党関係者に「ハニートラップに遭った」などと弁明していたことが報じられた[40]
      • また、会見のなかで、結婚後、他にも複数の女性と性的関係があった点を認め、謝罪した。さらに、結婚記念日にも不倫行為があったのではないかとの問いについては、回答を拒んだ[41]。これについて、同年2月18日、週刊文春(2016年2月25日号)は、宮崎が金子とは別に他の女性とも婚約していたと報じた[42]
      • 一方、宮崎の一連の辞任表明は、所属する自民党京都府連への事前連絡を一切行わずになされたものであったため、同京都府連会長の西田昌司は「まずは京都で支援者やわれわれと意見交換してから決めるべき。(再出馬の)資格はない。党も離れてもらうべきだ」として、不快感を示した[43]
    • 同年2月15日、女性タレントはTBSの取材に応じ、宮崎と初めて出会ったとされる1月4日の状況について証言した。証言によると、宮崎は「着付けってどうやるのか教えて」と声をかけた上、女性タレントの手を握るなどし、その後、宮崎は女性タレントに対しLineで「好き」「会いたくてたまらない病」「私のど真ん中は“ソナタ”」「京都に来ない?」といったメッセージを一日に400回以上も送りつけ[44]、何度も繰り返し自らの写真をLineで送るよう要求したという[45]
    • 同年2月16日、衆院本会議で宮崎の議員辞職が全会一致で認められた。また、同日付で自由民主党本部に離党届を提出し、受理された[47]

経歴にまつわる報道[編集]

  • 宮崎の公式サイト略歴には「2010年 京都大学大学院工学研究科非常勤講師就任」との記載がある[48]が、この経歴に対する問題を2016年2月13日に日刊スポーツが報じた[49]
    • 報道によると、実際は、京都大学が学外に設けた講座『新産業創成論・ナノテクベンチャー論』において、起業家として、講義を2回行っただけに過ぎないとし[注釈 1]、京都大学から正式任命される「非常勤講師」には当たらないとの見方を伝えた[注釈 2]
  • 宮崎の公式サイト略歴には「ボート部『国体出場』」とある[50]が、早大漕艇部(ボート部)は2月14日、facebookで「宮崎氏が早稲田大学漕艇部の出身であるとの報道が一部にございますが、同氏の大学1年生時の一時期、当部に在籍していた事実はあるものの、その後2年生になる以前に退部し以降当部との関係はございません」「途中退部であるため、宮崎氏は当部OB会である稲門艇友会とも関係はございません」と報じられている[51]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 報道の通り、宮崎は京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー開設のリレー講義『新産業創成論・ナノテクベンチャー論』において、2010年度第13回(7月12日)・2011年度第11回(6月20日)に「学生起業の罠」という講義を2回行っている。
  2. ^ 工学研究科の正規の「非常勤講師」としての雇用就任であれば、年度初めに大学本部から学長名入りの正規の委嘱状が交付され、かつ、同年度の大学院工学研究科シラバス等にもいずれかの講義に名前が記載される。

出典[編集]

  1. ^ 突撃永田町!! 第87回(会いに行ける国会議員 みわちゃんねる)
  2. ^ a b c d e f 宮崎けんすけ公式サイト プロフィール
  3. ^ 会社設立のお知らせ『大学生の就職活動を温かく見守る加藤謙介のブログ』2008年1月31日
  4. ^ 【不倫・宮崎議員辞職】自民が離党を了承産経ニュース』2016年2月17日
  5. ^ a b c d e f 毎日新聞 2014衆院選議員名鑑
  6. ^ 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  7. ^ 2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  8. ^ “プロフィール”. 公式サイト. https://kensuke.me/profile 2016年2月18日閲覧。 
  9. ^ 有名だった…不倫イクメン宮崎謙介代議士の“絶倫”ゲスぶり日刊ゲンダイ』2016年2月11日
  10. ^ 「宮崎議員、加藤紘一氏長女と3年で離婚 その時も「女性問題が原因」」、スポニチアネックス、2016年2月9日
  11. ^ 「週刊新潮」2014年12月11日号
  12. ^ 有名だった…不倫イクメン宮崎謙介代議士の“絶倫”ゲスぶり 『日刊ゲンダイ』2016年2月11日
  13. ^ “自民若手カップルが結婚発表=宮崎謙介・金子恵美氏”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年5月19日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015051900326&g=pol 2015年5月24日閲覧。 
  14. ^ 男性議員初の育休希望で物議 宮崎謙介代議士の評判と打算 『日刊ゲンダイ』2015年12月25日
  15. ^ 男性議員の育休問題を提起した宮崎謙介氏の「品格」週刊ダイヤモンド』2016年1月30日
  16. ^ 不倫辞職の宮崎謙介氏、婚約者2人いた?文春報じるニッカンスポーツ』2016年2月18日
  17. ^ 男性議員初の育休希望で物議 宮崎謙介代議士の評判と打算 『日刊ゲンダイ』2015年12月25日
  18. ^ 「2人が結婚できたのは、私が衆院解散したから」と安倍首相 “イクメン”検討の自民議員夫婦披露宴で 『産経ニュース』2015年12月23日
  19. ^ “自民・金子恵美議員が男児出産 「育休」で賛否両論”. 朝日新聞. (2016年2月5日). http://www.asahi.com/articles/ASJ256GVBJ25UTFK00Z.html 2016年2月11日閲覧。 
  20. ^ 国会議員が育休取得へ 一億総活躍社会後押しを 『NHKニュース』 2015年12月23日
  21. ^ 加藤1億担当相、育休検討「国会議員が先頭に立つことは大事」 『産経ニュース』 2015年12月24日
  22. ^ 自民・宮崎議員らがイクメン勉強会 育休取得推進へ議論 『産経ニュース』 2016年1月6日
  23. ^ 谷垣氏「自営業者に育休ない」 議員の育休制度化に慎重朝日新聞デジタル』 2016年1月8日
  24. ^ イクメン装い身重の妻を裏切った宮崎謙介議員の自覚なき言動の数々… 政府・自民党も怒り心頭 『産経ニュース』2016年2月11日
  25. ^ イクメン装い身重の妻を裏切った宮崎謙介議員の自覚なき言動の数々… 政府・自民党も怒り心頭 『産経ニュース』2016年2月11日
  26. ^ 京都府公報『衆院選当選人の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称』2016年2月10日閲覧
  27. ^ a b “育休国会議員の“ゲス不倫”お相手は女性タレント”. 週刊文春WEB. (2016年2月9日). http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5859 
  28. ^ a b “「育休宣言」の宮崎衆院議員に不倫疑惑 週刊文春が報道へ、党内で批判強まる 記者団の取材に“逃走””. 産経新聞. (2016年2月9日). http://www.sankei.com/politics/news/160209/plt1602090037-n1.html 2016年2月9日閲覧。 
  29. ^ “「育休宣言」宮崎謙介議員 妻の出産入院中にお泊まり不倫!美人タレントと”. J-CAST. (2016年2月10日). http://www.j-cast.com/tv/2016/02/10258057.html 2016年2月10日閲覧。 
  30. ^ “育休宣言「連れ込み不倫」報道陣見つけ猛ダッシュ”. 毎日新聞. (2016年2月10日). http://mainichi.jp/articles/20160210/spn/00m/200/002000c 2016年2月10日閲覧。 
  31. ^ a b “育休宣言の宮崎議員「不倫疑惑」で謝罪も”. 日本テレビ放送網(日テレNEWS24). (2016年2月10日). http://www.news24.jp/nnn/news890120214.html 2016年2月10日閲覧。 
  32. ^ “不倫疑惑の「育休」宮崎議員が12日会見へ…安倍首相から苦言呈され自ら火消し”. スポーツ報知. (2016年2月11日). http://www.hochi.co.jp/topics/20160211-OHT1T50008.html 2016年2月11日閲覧。 
  33. ^ “不倫疑惑の「育休」宮崎議員が12日会見へ…安倍首相から苦言呈され自ら火消し”. スポーツ報知. (2016年2月11日). http://www.hochi.co.jp/topics/20160211-OHT1T50008.html 2016年2月11日閲覧。 
  34. ^ “宮崎氏不倫疑惑「(妻の)金子氏に大変心が痛む…」 自民・佐藤国対委員長がケジメ求める”. 産経ニュース. (2016年2月10日). http://www.sankei.com/politics/news/160209/plt1602090056-n1.html 2016年2月10日閲覧。 
  35. ^ “宮崎氏不倫疑惑「育休の運動は売名行為だったのか」 民主・安住国対委員長代理”. 産経新聞. (2016年2月10日). http://www.sankei.com/politics/news/160210/plt1602100019-n1.html 2016年2月10日閲覧。 
  36. ^ “密会相手はFカップのグラビアタレント宮沢磨由”. 日刊スポーツ. (2016年2月10日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160210-00000051-nksports-pol 2016年2月10日閲覧。 
  37. ^ 自民・宮崎議員不倫疑惑 谷垣幹事長が新潟でおわびFNNニュース』2016年2月11日
  38. ^ “不倫疑惑の「育休」宮崎議員が12日会見へ…安倍首相から苦言呈され自ら火消し”. スポーツ報知. (2016年2月11日). http://www.hochi.co.jp/topics/20160211-OHT1T50008.html 2016年2月11日閲覧。 
  39. ^ “不倫疑惑”宮崎氏 議員辞職を否定「やれるだけやっていきたい」MBSニュース』2016年2月11日
  40. ^ 不倫辞職の宮崎議員“余罪”認めた!妻と離婚の可能性も…東スポweb』2016年2月8日
  41. ^ 記者会見詳報(2) 「とっさに嘘をついた。正直なところ、ごまかせないものかと考えた」 文春直撃取材に産経ニュース』2016年2月12日
  42. ^ 不倫辞職の宮崎謙介氏、婚約者2人いた?文春報じるニッカンスポーツ』2016年2月18日
  43. ^ 「公募だから…」「政治姿勢にも問題」身内の自民京都府連会長お怒り…将来復活?「そんな資格なし」 『産経ニュース』2016年2月12日
  44. ^ 宮崎議員不倫相手、TVで涙の謝罪「LINE1日400回」「純粋に惹かれた」スポニチアネックス』2016年2月15日
  45. ^ 宮崎議員、不倫相手に自撮りも要求デイリースポーツ』2016年2月16日
  46. ^ 自民・宮崎議員辞職表明 安倍首相「党総裁として申し訳ない」 『FNNニュース』2016年2月15日
  47. ^ 宮崎氏の議員辞職許可 衆院京都3区は4月に補選NHKニュース』2016年2月16日
  48. ^ プロフィール『宮崎けんすけのホームページ』2016年2月16日閲覧
  49. ^ 不倫議員に経歴詐称疑惑も浮上…京大院非常勤講師日刊スポーツ』2016年2月13日
  50. ^ プロフィール『宮崎けんすけのホームページ』2016年2月17日閲覧
  51. ^ “ゲス不倫”宮崎氏OB報道に早大ボート部が異議「当部との関係はございません」スポーツ報知』2016年2月17日


外部リンク[編集]