結婚記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

結婚記念日(けっこんきねんび)とは、個人的な記念日のひとつで、夫婦が結婚したことを年ごとに記念する日。また、結婚記念日や結婚何周年を祝う式のことを結婚記念式けっこんきねんしきと言う[1]

結婚式を祝う風習はドイツで始まったされ、その後ヨーロッパ全体に広まった[2]銀婚式(ぎんこんしき)は1624年、金婚式(きんこんしき)は1860年に最初に行われたという[2]

日本では明治天皇と皇后が1894年(明治27年)3月9日に大婚25年祝典を行なったのが最初とされ、それ以来、銀婚式、金婚式の習慣が一般にも広まった[3]。宝石業界の販売戦略もあり国によりさまざまな記念年が生れているが[3]、日本においては25周年目の銀婚式と、50周年目の金婚式以外はあまり一般的では無い[4]

概要[編集]

いつを結婚記念日と決めるかの基準については、さまざまな考えがあり、夫婦の同意によってなされることが一般的である。法的な夫婦の場合は婚姻届を提出した日か、結婚式(≒結婚披露宴)挙行日を結婚記念日とする場合が多い。できちゃった結婚(当事者間の子供の妊娠が確認された後の結婚)や、法律上の届出をしない事実婚などが社会に浸透するにつれ、両性が結婚の合意に達した日を結婚記念日とする場合も増えている。

慣習は各家庭により、当事者である2人のみで祝う場合も、子供が親に対して祝う場合もある。夫婦間で、あるいは親族が、贈り物を手渡すことが多い。

文化によっては経過年数ごとに独自の呼称を持っている場合があり(後述)、25周年の「銀婚式」、50周年の「金婚式」は特に盛大に祝福される。

各地域の習慣[編集]

欧米では結婚1周年の「紙婚式」に、ウェディングケーキの頭頂部を夫婦で食べる。このため、頭頂部を持ち帰れるように、また日持ちするようにケーキ台はスポンジケーキで作り、披露宴当日から1年後まで変質しないよう、冷蔵庫などで保存する。

日本では夫婦間で、あるいは夫から妻に、子や孫から夫婦に祝いの品を贈るなどする。また、食事(外食)に行ったり、ケーキを買ったり、などといったように、夫婦によって形は様々である。

記念の呼称[編集]

以下はイギリス式で、一部は日本でも一般化した呼称となっている。呼称にちなんだものを贈り物とする習慣である。

最初のうちは安価で柔らかく日常的な物にちなんでいるが、徐々に高価で硬い貴重品へと変わる。15年目までは1年単位、以後は5年単位で祝う。

英米ではこの上に75年目が“ダイヤと金”、80年目が“オーク(ナラ)”、85年目が“ワイン”と続く(下記参照)。

フランスでは1周年から80周年まで全ての年と、85、90、100周年にそれぞれ設定されている(フランス語の記事を参照)。

米英の呼称比較[編集]

アメリカ合衆国とイギリスでは、呼称がやや異なる。

[5]
1st Paper
2nd Cotton
3rd Leather
4th Linen, silk Fruit and flowers
5th Wood
6th Iron Sugar
7th Wool, copper
8th Bronze
9th Pottery Willow, Pottery
10th Tin/Aluminum Tin
11th Steel
12th Silk Silk and fine linen
13th Lace
14th Ivory
15th Crystal
20th China
25th Silver
30th Pearl
35th Coral, jade Coral
40th Ruby
45th Sapphire
50th Gold
55th Emerald
60th Diamond
65th Blue Sapphire
70th Platinum[6][7][8]
75th Diamond & Gold
80th Oak[9][10]
85th Wine

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ サファイアとは別の宝石として扱われる。

出典[編集]

  1. ^ 平凡社「百科事典マイペディア」. “結婚記念式” (日本語). コトバンク. 2021年9月4日閲覧。
  2. ^ a b 小学館「日本大百科全書(ニッポニカ)」. “金婚式” (日本語). コトバンク. 2021年9月4日閲覧。
  3. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “結婚記念日” (日本語). コトバンク. 2021年9月4日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」. “金婚式/銀婚式” (日本語). コトバンク. 2021年9月4日閲覧。
  5. ^ Debrett's Everyday Etiquette”. British Wedding Anniversaries. 2012年10月22日閲覧。
  6. ^ “The platinum wedding anniversary of Jim and Gladys Till”. Lancaster Guardian. (2008年1月8日). http://www.lancasterguardian.co.uk/news/local_2_8584/the_platinum_wedding_anniversary_of_jim_and_gladys_till_1_1171352 2011年9月2日閲覧。 
  7. ^ “Tenor and wife toast 70 years of marriage”. North-West Evening Mail. (2008年8月15日). http://www.nwemail.co.uk/news/1.223036 2011年9月2日閲覧。 
  8. ^ Travis, Jeff (2008年7月29日). “They've been around the world in 70 years”. The News (Portsmouth). http://www.portsmouth.co.uk/news/local/east-hampshire/they_ve_been_around_the_world_in_70_years_1_1299018 2011年9月2日閲覧。 
  9. ^ Miller, Vikki (2008年5月24日). “Britain's longest married couple celebrate a quiet 80th anniversary”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2020233/Britain%27s-longest-married-couple-celebrate-a-quiet-80th-anniversary.html 
  10. ^ Facts and figures”. Queen and anniversary messages. The Royal Household (2011年). 2011年9月2日閲覧。