京都府第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗京都府第4区
衆議院小選挙区 京都府.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 京都市右京区西京区亀岡市南丹市船井郡
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 北神圭朗
有権者数 39万7622人
1.719 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

京都府第4区(きょうとふだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 京都市
    • 右京区
    • 西京区
  • 亀岡市
  • 北桑田郡
  • 船井郡

歴史[編集]

京都市の西部・洛西地域と府中部の南丹地方を併せて区域とするため、前者と後者では政治事情は大きく異なる。

かつては自由民主党野中広務地盤であったが、野中が政界を引退したため2003年第43回衆議院議員総選挙では亀岡市前市長の田中英夫が地盤を引き継ぐ形で立候補し当選を果たした。

2005年の総選挙では郵政民営化問題で民営化に反対した田中に対して元船井郡八木町町長(現南丹市)であった中川泰宏刺客として送り込まれ、話題になった。この選挙では民主党北神圭朗を併せた三つ巴の大接戦となり、中川が勝利した(北神は比例で復活当選)。

2009年第45回衆議院議員総選挙では北神が田中以下他の候補に1万票以上の差をつけ小選挙区で勝利した。2012年第46回衆議院議員総選挙では8人が立候補する大乱戦になったが、自民党の田中英之(田中英夫と同じ苗字で類似名だが、二人の間に血縁関係はない)が初当選を果たした。2014年第47回衆議院議員総選挙は前回の上位4人による構図となり、田中が2選を果たした。2017年第48回衆議院議員総選挙は前回の上位3人および幸福実現党の対決になり、田中が3選を果たした。また同選挙において京都府の選挙区で唯一与野党ともに比例復活者が出なかった選挙区である。2021年第49回衆議院議員総選挙は再び上位3人の立候補となり、今回は無所属で出馬した北神が田中を下し、田中は比例復活となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 野中広務 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年 田中英夫
第44回衆議院議員総選挙 2005年 中川泰宏
第45回衆議院議員総選挙 2009年 北神圭朗 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 田中英之 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 北神圭朗 無所属

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 京都府第4区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:39万6960人 最終投票率:56.21%(前回比:増加6.11%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北神圭朗54無所属96,172票
44.21%
――連合推薦×
比当田中英之51自由民主党80,775票
37.13%
83.99%公明党推薦
吉田幸一47日本共産党40,603票
18.66%
42.22%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 京都府第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:40万2079人 最終投票率:50.10% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田中英之47自由民主党83,286票
42.45%
――公明党推薦
北神圭朗50希望の党71,068票
36.23%
85.33%
吉田幸一43日本共産党38,219票
19.48%
45.89%
縁田有紀27幸福実現党3,606票
1.84%
4.33%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 京都府第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日 (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田中英之44自由民主党75,744票
39.14%
――公明党推薦
北神圭朗47民主党58,692票
30.33%
77.49%
吉田幸一40日本共産党32,895票
17.00%
43.43%
畑本久仁枝60維新の党26,175票
13.53%
34.56%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 京都府第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田中英之42自由民主党73,162票
33.14%
――公明党推薦
北神圭朗45民主党48,934票
22.17%
66.88%国民新党推薦
畑本久仁枝58日本維新の会36,587票
16.57%
50.01%
吉田幸一38日本共産党25,276票
11.45%
34.55%
石田哲雄62みんなの党13,283票
6.02%
18.16%
中川泰宏61無所属12,505票
5.66%
17.09%×
豊田潤多郎63日本未来の党9,271票
4.20%
12.67%新党大地推薦
和田美奈30幸福実現党1,745票
0.79%
2.39%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 京都府第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
北神圭朗42民主党109,865票
41.24%
――
田中英夫65無所属89,257票
33.51%
81.24%×
中川泰宏57自由民主党35,314票
13.26%
32.14%
吉田幸一35日本共産党30,410票
11.42%
27.68%
出野博志60幸福実現党1,541票
0.58%
1.40%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 京都府第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川泰宏53自由民主党75,192票
28.98%
――
田中英夫61無所属75,036票
28.92%
99.79%×
比当北神圭朗38民主党73,550票
28.34%
97.82%
成宮真理子35日本共産党35,705票
13.76%
47.49%
  • 成宮は2011年4月の京都府議会選挙で当選、府議会議員となった。
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 京都府第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田中英夫59自由民主党108,209票
49.67%
――
北神圭朗36民主党72,665票
33.35%
67.15%
成宮真理子34日本共産党36,980票
16.97%
34.17%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 京都府第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野中広務74自由民主党121,439票
53.02%
――
加味根史朗45日本共産党54,646票
23.86%
45.00%
佐川公也55民主党34,522票
15.07%
28.43%
豊田潤多郎50自由党18,452票
8.06%
15.19%
  • 豊田は得票率が10%以上あれば比例復活できたはずだったが、得票率が10%に届かず、比例復活資格を喪失した。のち民主党から第45回総選挙で比例近畿ブロック単独候補として返り咲き。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 京都府第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野中広務71自由民主党100,703票
48.82%
――
加味根史朗41日本共産党60,918票
29.53%
60.49%
豊田潤多郎47新進党44,637票
21.64%
44.33%

脚注[編集]

関連項目[編集]