比例近畿ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗近畿ブロック

House of Representives Japan Proportional Blocks.svg

Pfeil rechts unten rot.svg
行政区域 滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県
設置年 1994年
定数 28人
有権者数 17,250,554人
総務省・2016年9月2日)
政党別当選者数 解散により欠員
テンプレートを表示

比例近畿ブロック(ひれいきんきブロック)は、日本衆議院比例ブロック。

概要[編集]

人口は全国の比例代表ブロックで最多の2070万人、定数28と全国の比例代表ブロック中で最も定数が多い。 近畿地方とは、広義の三重県を含む2府5県と、狭義の三重県を除く2府4県とあるが、ここでは後者となっている(三重県は比例東海ブロック)。

地域[編集]

滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

選出議員[編集]

ドント方式による議席割り当て順に表示。

第47回[編集]

政党 除数 議員名 名簿
順位
重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 長尾敬 1 大阪14区 97.73%
2 維新の党 1 小沢鋭仁 1 なし
3 公明党 1 竹内譲 1 なし
4 自由民主党 2 大西宏幸 1 大阪1区 95.51%
5 維新の党 2 足立康史 2 大阪9区 95.54%
6 日本共産党 1 穀田恵二 1 京都1区 72.44%
7 民主党 1 泉健太 1 京都3区 92.37%
8 自由民主党 3 神谷昇 1 大阪18区 93.03%
9 維新の党 3 木下智彦 2 大阪8区 93.24%
10 公明党 2 浮島智子 2 なし
11 自由民主党 4 安藤裕 1 京都6区 92.85%
12 維新の党 4 吉村洋文 2 大阪4区 89.78%
13 日本共産党 2 宮本岳志 2 なし
14 民主党 2 川端達夫 1 滋賀1区 88.51%
15 自由民主党 5 谷川とむ 1 大阪19区 91.28%
16 維新の党 5 浦野靖人 2 大阪15区 86.31%
17 公明党 3 樋口尚也 3 なし
18 自由民主党 6 岡下昌平 1 大阪17区 90.06%
19 維新の党 6 上西小百合 2 大阪7区 83.49%
20 日本共産党 3 清水忠史 3 大阪4区 38.14%
21 自由民主党 7 門博文 1 和歌山1区 88.48%
22 民主党 3 田島一成 1 滋賀2区 83.09%
23 維新の党 7 松浪健太 2 大阪10区 81.84%
24 公明党 4 濱村進 4 なし
25 自由民主党 8 大隈和英 1 大阪10区 86.12%
26 維新の党 8 伊東信久 2 大阪11区 78.89%
27 自由民主党 9 盛山正仁 1 兵庫1区 85.82%
28 日本共産党 4 堀内照文 4 なし
29 民主党 4 平野博文 1 大阪11区 82.80%

第46回[編集]

政党 除数 議員名 名簿
順位
重複立候補 惜敗率
1 日本維新の会 1 東国原英夫 1 なし
2 自由民主党 1 門博文 1 和歌山1区 99.50%
3 日本維新の会 2 西村眞悟 2 なし
4 公明党 1 竹内譲 1 なし
5 民主党 1 泉健太 1 京都3区 99.63%
6 自由民主党 2 竹本直一 1 大阪15区 96.37%
7 日本維新の会 3 阪口直人 3 和歌山2区 49.49%
8 自由民主党 3 中山泰秀 1 大阪4区 94.18%
9 日本維新の会 4 三木圭恵 3 兵庫5区 49.17%
10 日本共産党 1 穀田恵二 1 京都1区 59.68%
11 みんなの党 1 井坂信彦 1 兵庫1区 96.32%
12 公明党 2 浮島智子 2 なし
13 日本維新の会 5 三宅博 11 なし
14 民主党 2 三日月大造 1 滋賀3区 92.09%
15 自由民主党 4 大塚高司 1 大阪8区 92.99%
16 日本維新の会 6 上西小百合 12 大阪7区 89.33%
17 日本未来の党 1 村上史好 1 大阪6区 38.14%
18 自由民主党 5 安藤裕 1 京都6区 90.32%
19 日本維新の会 7 林原由佳 12 大阪2区 85.62%
20 公明党 3 樋口尚也 3 なし
21 民主党 3 辻元清美 1 大阪10区 91.98%
22 自由民主党 6 小林茂樹 1 奈良1区 88.84%
23 日本維新の会 8 岩永裕貴 12 滋賀4区 83.64%
24 日本共産党 2 宮本岳志 2 なし
25 日本維新の会 9 新原秀人 12 兵庫3区 82.21%
26 自由民主党 7 原田憲治 1 大阪9区 86.21%
27 みんなの党 2 畠中光成 1 兵庫7区 76.58%
28 公明党 4 濱村進 4 なし
29 日本維新の会 10 杉田水脈 12 兵庫6区 79.20%

第45回[編集]

政党 除数 議員名 名簿
順位
重複立候補 惜敗率
1 民主党 1 大西孝典 1 奈良4区 98.1%
2 自由民主党 1 近藤三津枝 1 なし
3 民主党 2 小原舞 1 京都5区 92.0%
4 民主党 3 玉置公良 1 和歌山3区 87.3%
5 公明党 1 池坊保子 1 なし
6 自由民主党 2 柳本卓治 2 なし
7 民主党 4 室井秀子 45 なし
8 日本共産党 1 穀田恵二 1 京都1区 51.6%
9 民主党 5 熊谷貞俊 46 なし
10 自由民主党 3 高市早苗 3 奈良2区 96.1%
11 民主党 6 浜本宏 47 なし
12 公明党 2 西博義 2 なし
13 民主党 7 渡辺義彦 48 なし
14 自由民主党 4 竹本直一 3 大阪15区 87.3%
15 民主党 8 河上満栄 49 なし
16 日本共産党 2 吉井英勝 2 大阪13区 42.4%
17 民主党 9 松岡広隆 50 なし
18 自由民主党 5 石田真敏 3 和歌山2区 79.2%
19 公明党 3 佐藤茂樹 3 なし
20 民主党 10 豊田潤多郎 51 なし
(21) みんなの党 (1) - -
(22)21 自由民主党 6 松浪健太 3 大阪10区 77.6%
(23)22 民主党 11 樋口俊一 52 なし
(24)23 社会民主党 1 服部良一 4 なし
(25) 民主党 (12) - -
(26)24 自由民主党 7 伊吹文明 3 京都1区 77.4%
(27) 民主党 (13) - -
(28)25 公明党 4 竹内譲 4 なし
(29)26 日本共産党 3 宮本岳志 3 なし
(30) 民主党 (14) - -
(31)27 自由民主党 8 谷公一 3 兵庫5区 76.8%
(32) 民主党 (15) - -
(33)28 公明党 5 赤松正雄 5 なし
(34) 民主党 (16) - -
(35)29 自由民主党 9 谷畑孝 3 大阪14区 76.7%

※カッコ内は、みんなの党と民主党が有効に当選できる候補者を名簿に登載していたと仮定したときの順位。

  • 21議席目は、本来であればみんなの党に議席が割り当てられるはずであったが、唯一立候補していた吉野宏一が重複立候補していた小選挙区で供託金没収点未満のため当選資格を失い、党としての議席も失った。また、民主党は本来であれば13議席獲得できたが、すでに名簿登載者52名全員の当選が確定しており、これらの3議席は、自由民主党に2議席(谷公一、谷畑孝が当選)、公明党に1議席(赤松正雄が当選)が割り振られた。
  • 社会民主党は、比例重複候補第1位のうち、小選挙区で落選した2名とも供託金没収点未満のため、比例単独候補の服部良一が当選。
  • 民主党は立候補した候補全員が比例区・小選挙区のいずれかで当選したため、比例区で当選した候補が欠けた場合は繰り上げがなく、そのまま欠員となる。実際に河上満栄が2010年の参議院選挙立候補(落選)のため衆議院議員を辞職したが、繰り上げ当選は行われず解散まで欠員となった。

第44回[編集]

政党 除数 議員名 名簿
順位
重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 近藤三津枝 1 なし
2 民主党 1 西村眞悟 1 大阪17区 98.3%
3 自由民主党 2 井脇ノブ子 2 大阪11区 81.2%
4 公明党 1 池坊保子 1 なし
5 民主党 2 松本剛明 1 兵庫11区 97.8%
6 自由民主党 3 柳本卓治 4 なし
7 民主党 3 北神圭朗 1 京都4区 97.8%
8 日本共産党 1 石井郁子 1 なし
9 自由民主党 4 宇野治 6 滋賀3区 99.6%
10 公明党 2 赤松正雄 2 なし
11 自由民主党 5 清水鴻一郎 6 京都3区 99.1%
12 民主党 4 川端達夫 1 滋賀1区 94.5%
13 自由民主党 6 山本朋広 6 京都2区 93.9%
14 社会民主党 1 辻元清美 1 大阪10区 82.0%
15 民主党 5 土肥隆一 1 兵庫3区 94.1%
16 自由民主党 7 井沢京子 6 京都6区 91.9%
17 公明党 3 佐藤茂樹 3 なし
18 日本共産党 2 穀田恵二 2 京都1区 48.8%
19 民主党 6 山口壮 1 兵庫1区 92.0%
20 自由民主党 8 鍵田忠兵衛 6 奈良1区 90.6%
21 民主党 7 市村浩一郎 1 兵庫6区 90.9%
22 自由民主党 9 松浪健四郎 6 大阪19区 89.6%
23 新党日本 1 滝実 1 奈良2区 32.5%
24 公明党 4 西博義 4 なし
25 自由民主党 10 藤井勇治 6 滋賀2区 80.1%
26 民主党 8 藤村修 1 大阪7区 85.9%
27 自由民主党 11 矢野隆司 42 なし
28 民主党 9 奥村展三 1 滋賀4区 81.2%
29 日本共産党 3 吉井英勝 3 大阪13区 29.0%

第43回[編集]

政党 除数 議員名 名簿
順位
重複立候補 惜敗率
1 民主党 1 玉置一弥 1 京都1区 75.9%
2 自由民主党 1 柳本卓治 1 なし
3 民主党 2 石井一 2 兵庫1区 98.8%
4 公明党 1 池坊保子 1 なし
5 自由民主党 2 森岡正宏 2 なし
6 民主党 3 梶原康弘 2 兵庫5区 96.8%
7 日本共産党 1 石井郁子 1 大阪2区 38.0%
8 自由民主党 3 小池百合子 3 なし
9 民主党 4 泉房穂 2 兵庫2区 96.0%
10 公明党 2 赤松正雄 3 なし
11 自由民主党 4 北川知克 4 大阪12区 98.8%
12 民主党 5 奥村展三 2 滋賀4区 94.9%
13 民主党 6 稲見哲男 2 大阪5区 92.4%
14 自由民主党 5 西田猛 4 大阪5区 95.9%
15 公明党 3 西博義 3 なし
16 日本共産党 2 穀田恵二 2 京都1区 60.6%
17 民主党 7 樽井良和 2 大阪16区 85.4%
18 自由民主党 6 中山泰秀 4 大阪4区 94.2%
19 民主党 8 室井邦彦 2 兵庫8区 84.2%
20 自由民主党 7 小西理 4 滋賀2区 93.4%
21 公明党 4 佐藤茂樹 4 なし
22 民主党 9 中川治 2 大阪18区 82.5%
23 社会民主党 1 土井たか子 1 兵庫7区 86.6%
24 自由民主党 8 宇野治 4 滋賀3区 89.8%
25 民主党 10 岸本健 2 和歌山2区 81.8%
26 日本共産党 3 吉井英勝 3 大阪13区 34.3%
27 公明党 5 山名靖英 5 なし
28 自由民主党 9 滝実 4 奈良2区 88.5%
29 民主党 11 辻恵 2 大阪3区 81.5%
  • この選挙より定数1名削減。

第42回[編集]

政党 除数 議員名 名簿
順位
重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 高市早苗 1 なし
2 民主党 1 山井和則 1 なし
3 公明党 1 池坊保子 1 なし
4 日本共産党 1 穀田恵二 1 京都1区 79.1%
5 自由民主党 2 柳本卓治 2 なし
6 民主党 2 山元勉 2 なし
7 自由党 1 西村眞悟 1 大阪17区 67.8%
8 社会民主党 1 中川智子 1 兵庫6区 65.9%
9 公明党 2 西博義 2 なし
10 日本共産党 2 石井郁子 2 大阪2区 62.0%
11 自由民主党 3 阪上善秀 3 なし
12 民主党 3 鍵田節哉 3 なし
13 自由民主党 4 西野陽 4 なし
14 民主党 4 家西悟 4 なし
15 公明党 3 山名靖英 3 なし
16 日本共産党 3 吉井英勝 3 大阪13区 50.2%
17 自由党 2 塩田晋 1 兵庫10区 29.6%
18 自由民主党 5 奥谷通 5 なし
19 民主党 5 肥田美代子 5 大阪10区 94.2%
20 社会民主党 2 北川れん子 1 兵庫8区 47.4%
21 公明党 4 久保哲司 4 なし
22 日本共産党 4 藤木洋子 4 兵庫8区 56.9%
23 自由民主党 6 林省之介 6 なし
24 民主党 6 玉置一弥 5 京都6区 92.0%
25 自由民主党 7 砂田圭佑 7 兵庫1区 99.5%
26 民主党 7 中村哲治 5 奈良2区 89.5%
27 公明党 5 赤松正雄 5 なし
28 自由党 3 中塚一宏 4 なし
29 日本共産党 5 大幡基夫 5 なし
30 社会民主党 3 植田至紀 1 奈良3区 34.1%
  • この選挙より定数3名削減。
  • 自由党の3議席目は、比例登載順位1位(西村眞悟、塩田晋と同順位)の豊田潤多郎が重複立候補していた小選挙区で供託金没収点未満のため当選資格を失い、比例単独候補の中塚一宏が当選。前回(第41回)総選挙において、小選挙区で重複立候補し供託金没収点未満で落選した候補[1]が比例で復活当選したことに対しての批判から、供託金没収点未満の候補は当選資格を得ないよう制度が改正されたことによる初の適用例となった。
  • 久保哲司の死亡により、佐藤茂樹が繰り上げ当選(2003年6月)。
  • 奥谷通の死亡により、北川知克が繰り上げ当選(2003年7月)。

第41回[編集]

政党 除数 議員名 名簿
順位
重複立候補 惜敗率
1 新進党 1 池坊保子 1 なし
2 自由民主党 1 田野瀬良太郎 1 奈良4区 99.2%
3 日本共産党 1 東中光雄 2 大阪5区 74.5%
4 新進党 2 近江巳記夫 1 なし
5 自由民主党 2 奥山茂彦 1 京都3区 97.8%
6 民主党 1 家西悟 1 奈良1区 31.3%
7 新進党 3 久保哲司 3 なし
8 自由民主党 3 砂田圭佑 1 兵庫1区 96.3%
9 日本共産党 2 穀田恵二 3 京都1区 95.7%
10 新進党 4 赤松正雄 1 なし
11 自由民主党 4 目片信 1 滋賀1区 95.5%
12 民主党 2 肥田美代子 2 大阪10区 63.0%
13 社会民主党 1 辻元清美 1 なし
14 新進党 5 西博義 5 なし
15 日本共産党 3 石井郁子 4 大阪2区 62.9%
16 自由民主党 5 谷畑孝 1 大阪14区 93.3%
17 新進党 6 山本孝史 6 なし
18 自由民主党 6 柳本卓治 5 大阪3区 92.2%
19 民主党 3 井上一成 3 大阪8区 46.2%
20 日本共産党 4 藤田スミ 5 大阪17区 71.1%
21 新進党 7 佐藤茂樹 7 なし
22 自由民主党 7 阪上善秀 1 兵庫6区 90.7%
23 新進党 8 吉田治 8 なし
24 自由民主党 8 原健三郎 1 兵庫9区 89.4%
25 日本共産党 5 辻第一 6 奈良1区 55.8%
26 民主党 4 前原誠司 4 京都2区 72.5%
27 新進党 9 鍵田節哉 9 なし
28 自由民主党 9 野田実 1 和歌山3区 87.3%
29 社会民主党 2 中川智子 2 なし
30 新進党 10 旭道山和泰 10 なし
31 日本共産党 6 藤木洋子 7 兵庫8区 58.1%
32 自由民主党 10 中山正暉 1 大阪4区 86.6%
33 民主党 5 山元勉 4 滋賀1区 50.4%
  • 野田実の当選無効(選挙違反による拡大連座制適用)に伴う失職により、奥谷通が繰り上げ当選(1998年11月)。

政党別当選者数推移[編集]

自民党 新進党 民主党 日本維新の会 公明党 みんなの党 共産党 日本未来の党 社民党 自由党 新党日本 維新の党 合計
41 1996年 10 10 5 - - - 6 - 2 - - - 33
42 2000年 7 - 7 - 5 - 5 - 3 3 - - 30
43 2003年 9 - 11 - 5 - 3 - 1 - - - 29
44 2005年 11 - 9 - 4 - 3 - 1 - 1 - 29
45 2009年 9(7) - 11(13) - 5(4) 0(1) 3 - 1 - 0 - 29
46 2012年 7 - 3 10 4 2 2 1 0 - - - 29
47 2014年 9 - 4 - 4 - 4 - 0 - - 8 29

注:-は立候補しなかった場合(政党等が存在しない場合も含む)、0は立候補したが当選者がいなかった場合をさす。 カッコ内は本来割り当てられたはずの議席数。1度も当選者が出ていない政党等は省略。

政党の得票[編集]

自民党 新進党 民主党 公明党 共産党 社民党 自由党 新社会党 自由連合 さきがけ 保守党 民改連 新党日本 国民新党 みんなの党 改革クラブ 幸福実現党 日本維新の会 未来の党 維新の党 次世代の党 生活の党
41 1996年 2,497,411 2,567,452 1,223,192 1,539,172 542,047 122,989 58,320 234,849 18,844
42 2000年 2,185,236 2,154,312 1,483,220 1,458,970 843,060 878,910 99,791 125,824
43 2003年 2,833,181 3,425,342 1,604,469 992,142 375,228
44 2005年 4,003,209 3,157,556 1,626,678 1,051,949 619,883 420,908
45 2009年 2,592,451 4,733,415 1,449,170 1,067,443 411,092 133,708 169,380 465,591 58,141 80,529
46 2012年 2,326,005 1,173,051 1,234,345 732,976 133,064 635,381 33,509 2,999,020 481,603
47 2014年 2,442,006 1,047,361 1,236,217 1,084,154 124,494 35,830 2,202,932 175,279 97,386

脚注[編集]

  1. ^ 保坂展人深田肇(社会民主党)および、のちに繰り上げ当選となった菊地董(社会民主党)のケースである。

関連項目[編集]