阪口直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
阪口 直人
さかぐち なおと
生年月日 (1963-06-12) 1963年6月12日(55歳)
出生地 大阪府豊中市
出身校 早稲田大学教育学部
埼玉大学大学院
名古屋大学大学院(中退)
前職 NPO法人インターバンド」事務局長
所属政党 民主党→)
日本維新の会→)
維新の党→)
民進党→)
希望の党
称号 文学士(早稲田大学)
経済学修士(埼玉大学)
公式サイト 阪口直人 オフィシャルサイト

選挙区 和歌山2区→)
比例近畿ブロック
当選回数 2回
在任期間 2009年8月31日 - 2014年11月21日
テンプレートを表示

阪口 直人(さかぐち なおと、1963年6月12日 - )は、日本政治家市民運動家希望の党所属の元衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

大阪府豊中市出身。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。大学卒業後はキヤノン勤務を経て、1992年国際連合が募集したカンボジアでの選挙監理ボランティアに応募し、合格。キヤノンを退職し約1年間、ラタナキリ州選挙支援に従事した。その後は国連モザンビーク活動(ONUMOZ)、ボスニア・ヘルツェゴビナ統一選挙等でボランティア、選挙監視員を務める。そのかたわら専門学校講師を務め、埼玉大学大学院経済学研究科修士課程を修了し、名古屋大学大学院国際開発研究科国際協力専攻博士後期課程に入学したが、中退[1]

2000年NPO法人インターバンド」の事務局長に就任。同年よりインターバンド代表である首藤信彦衆議院議員(民主党)の政策担当秘書を務める。2003年第43回衆議院議員総選挙2005年第44回衆議院議員総選挙に民主党公認で神奈川17区から出馬するが、自由民主党河野洋平に敗れ、落選。2007年第21回参議院議員通常選挙には和歌山県選挙区から民主党公認で出馬するも、自民党の世耕弘成に敗れた。2009年第45回衆議院議員総選挙では和歌山2区に国替えして出馬し、自民党前職の石田真敏を破り、初当選した(石田も比例復活)。

2012年11月19日、民主党に離党届を提出し[2][3][4]日本維新の会に入党(離党届は受理されず、11月21日付で除籍処分が下った[5])。第46回衆議院議員総選挙では、和歌山2区で前回下した自民党の石田真敏に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、再選。

2013年9月、日本維新の会国際局を立ち上げ局長就任、小沢鋭仁国対委員長を団長とする訪中団を組織して中華人民共和国を訪問[6]

2014年9月に維新と結いが合流してできた維新の党の結党に参加。国会議員団副幹事長、政策調査会国会政策部会長、党国際局長、党和歌山県総支部代表[7]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、和歌山2区から出馬するも落選[8]

維新の党と民主党が合併し結成された民進党三重県第4区総支部長に就任したが、民進党は1票の格差是正と定数削減で三重県の選挙区減少のため、第48回衆議院議員総選挙の約2ヶ月前に岐阜3区へと鞍替えさせて出馬する事を決定[9]。その後民進党が事実上解党したため総選挙は希望の党公認で出馬[10]したが、選挙区では現職・武藤容治(自民党)に敗れ、重複立候補していた比例東海ブロックでも復活できず、ふたたび落選[11]

主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば賛成[12]
  • 永住外国人の地方選挙権付与について「どちらとも言えない」としている[13]
  • 女性宮家に反対[14]
  • 政権への対峙姿勢について「日本維新の会は、政権との距離感は「是々非々」と言っていましたが、私は「非非非非非非非是ぐらいで十分です!」と言い続けてきました。責任野党なんて言われて喜んでいては安倍総理にナメられるだけ。」と言及している[7]

人物[編集]

  • キヤノン退職の経緯について、阪口は「会社(キヤノン)の理解が得られず、結局辞めざるを得なかった」と述べている[15]。阪口によれば、国際連合開発計画所長の日根居誠を介し、キヤノンの山路敬三副社長・御手洗富士夫専務取締役(いずれも当時)に面会し休職の許可を願い出たが、上司を通じて御手洗から「キヤノンの利益とは全く関係ない活動」「休職は絶対に認めるわけにはいかん」と通告され、面会を拒絶された[16]。阪口はキヤノンが掲げる「グローバルな視野」、「世界の繁栄と人類の幸福のために貢献する」という企業理念を「単なる飾り物にすぎない」と批判している[17]
  • ラグビー選手オーストラリア弁護士イアン・ウィリアムスとは、20年以上の付き合いがある[18]
  • 趣味は、アウトドアスポーツ(フルマラソン完走10回。選挙区内のマラソンレースにはランナーとして参加)、極真空手(黒帯、初段。早稲田大学時代は、和道流空手をしていた)、スポーツ観戦、旅行(70ヶ国以上を訪問。)、読書(以前は純文学派だったが、最近は国際政治や途上国開発に関する学術書を中心に読む)[19]

著書[編集]

  • 阪口直人『心にかける橋 カンボジアに見た夢 - 国連ボランティア12カ月』学陽書房、1994年 ISBN 978-4-313-81081-5
  • 『新しい平和構築論』明石書店、2005年、共著、ISBN 978-4-7503-2072-4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪口直人|プロフィール
  2. ^ “【衆院選】民主・小沢、阪口両氏が離党届 維新へ合流”. 産経新聞. (2012年11月19日). オリジナル2012年11月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121119092431/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121119/stt12111911200005-n1.htm 
  3. ^ “民主党:小沢鋭、阪口氏が離党届提出…維新に合流へ”. 毎日新聞. (2012年11月19日). オリジナル2012年11月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121128102455/http://mainichi.jp/select/news/20121119k0000e010185000c.html 
  4. ^ “小沢元環境相「ゲバラのように…」 民主3議員が離党届”. 朝日新聞. (2012年11月19日). オリジナル2012年11月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121119093803/http://www.asahi.com/politics/update/1119/TKY201211190265.html 
  5. ^ “民主、離党届提出の13人を除名処分”. 朝日新聞. (2012年11月21日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/DGDtT 
  6. ^ “維新の会、初外遊は中国? 中国メディアがねらいを分析”. NewSphere. (2013年9月3日). http://newsphere.jp/politics/20130903-2/ 2014年10月9日閲覧。 
  7. ^ a b テレビ出演のお知らせ-改革政党としての覚悟の示し方 - 阪口直人の「心にかける橋」2014年10月3日
  8. ^ 和歌山 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  9. ^ https://ameblo.jp/gifudpj/entry-12309204386.html
  10. ^ 希望の党 第1次公認名簿”. 毎日新聞通. 2017年10月4日閲覧。
  11. ^ 岐阜-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  12. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  13. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  14. ^ 毎日新聞 2012年衆院選アンケート
  15. ^ 阪口直人『心にかける橋 カンボジアに見た夢 - 国連ボランティア12カ月』学陽書房、1994年、30頁。
  16. ^ 前掲書31-33頁。
  17. ^ 前掲書30-31・35頁。
  18. ^ 伝説のウイング、イアン・ウイリアムズ氏とビルマへの経済協力を語る阪口直人の「心にかける橋」、2012年3月28日記事。
  19. ^ 公式プロフィール

外部リンク[編集]