山本朋広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本 朋広
やまもと ともひろ
生年月日 1975年6月20日(40歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市
出身校 関西大学商学部
京都大学大学院
所属政党 自由民主党
称号 修士(商学)
修士(法学)
公式サイト 山本ともひろHP

選挙区 比例近畿ブロック
比例南関東ブロック
当選回数 3回
在任期間 2005年9月 - 2009年8月
2012年12月 - 現職
テンプレートを表示

山本 朋広(やまもと ともひろ、1975年6月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。内閣府大臣政務官文部科学大臣政務官復興大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)。

経歴[編集]

京都府京都市出身。京都府立北稜高等学校[1]を経て、1998年関西大学商学部商学科を卒業。その後、京都大学大学院法学研究科に入学し、村松岐夫に師事する。2000年に同研究科を修了後、松下政経塾に第21期生として入塾。

2003年、松下政経塾を卒塾。地元に帰郷し、政治活動を始める。2005年自由民主党の公募制度で最高得点を獲得し、京都2区支部長に就任(自民党での全国最年少)。同党の公認候補となる。

衆議院議員[編集]

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙に自民党公認で京都2区から出馬。松下政経塾の8期生だった民主党前原誠司に僅差で敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、初当選。志帥会に入会。

2007年6月14日ワシントン・ポストに掲載されたアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を求める広告「THE FACTS」の賛同者に名を連ねた[2]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙に自民党公認で再び京都2区から出馬したが、前原に5万票超の大差をつけられ惨敗し、比例復活もならず落選。

2011年1月、自民党神奈川4区支部長に就任。2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で神奈川4区から出馬。みんなの党浅尾慶一郎に敗れたが、比例南関東ブロックで復活し国政に復帰した。

2014年9月、文部科学大臣政務官復興大臣政務官に就任。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙に自民党公認で神奈川4区から出馬し、再び浅尾に敗れたが、比例復活で3選。

2015年6月25日東京オリンピック競技大会2020年パラリンピック特別措置法施行により、内閣府大臣政務官に任命された[3]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ お笑い芸人のチュートリアルの2人とは同校の同期。
  2. ^ 全面広告画像
  3. ^ 閣僚等の人事について 内閣官房長官記者会見(2015年6月25日)首相官邸ホームページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]