藤井勇治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤井 勇治
ふじい ゆうじ
生年月日 (1950-02-27) 1950年2月27日(69歳)
出生地 滋賀県東浅井郡虎姫町(現・長浜市
出身校 龍谷大学法学部
前職 衆議院議員
所属政党自由民主党→)
無所属
称号 法学士
公式サイト 長浜市長 藤井勇治 公式ウエブサイト

当選回数 3回
在任期間 2010年3月5日 - 現職

選挙区 比例近畿ブロック滋賀2区
当選回数 1回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

藤井 勇治ふじい ゆうじ1950年2月27日 - )は、日本政治家長浜市(3期)。元衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

滋賀県東浅井郡虎姫町(現・長浜市)生まれ。1973年3月、龍谷大学法学部卒業。同年6月、衆議院議員の秘書となる[1]1980年河本嘉久蔵参議院議員の公設秘書となる。1996年白川勝彦自治大臣の秘書官となる。2003年古賀誠政策秘書となる。

2005年第44回衆議院議員総選挙滋賀2区から自民党公認で立候補(重複立候補)。選挙区では民主党田島一成に敗れるも、比例近畿ブロックで復活し初当選した。

2009年第45回衆議院議員総選挙に滋賀2区から自民党公認、公明党の推薦を受けて立候補するも、再び田島に敗れ、落選[2]

2010年2月14日に行われた長浜市選に無所属で立候補。現職の川島信也を破り初当選[3]。3月5日、市長就任。

2014年日本維新の会公認の石井さちこを破り再選[4][出典無効]

2018年2月25日に行われた市長選で元市議の中川勇を破り3選[5]

不祥事[編集]

2018年3月、週刊誌が藤井と女性の不適切交際を報じた。同年5月、市民などが「藤井のスキャンダルにより精神的苦痛を受けた」などとして総額約3,650万円の損害賠償を求める訴えを大津地裁長浜支部に起こした。不倫相手の女性が、長浜市が多額の税金を貸し付けている第三セクターが運営する飲食店の幹部に抜擢されたこと、女性がそれを「市長に仕事を紹介してもらった」として友人に話していたことなどが報じられる[6]

2019年2月25日、長浜市議会は藤井に対する辞職勧告決議案を賛成多数で可決した[7]。採決の結果は賛成12、反対9。退席者3、欠席者1だった[8]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]