井上英孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
井上 英孝
いのうえ ひでたか
生年月日 (1971-10-25) 1971年10月25日(45歳)
出生地 日本の旗 大阪府大阪市港区
出身校 近畿大学商経学部
所属政党 自由民主党→)
大阪維新の会→)
日本維新の会→)
維新の党→)
おおさか維新の会→)
日本維新の会
公式サイト 維新の党 井上ひでたか

選挙区 大阪1区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月17日[1] - 現職

選挙区 港区_選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年4月30日 - 2012年11月20日
テンプレートを表示

井上 英孝(いのうえ ひでたか、1971年10月25日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の衆議院議員(2期)。元大阪市会議員(3期)。

来歴[ソースを編集]

大阪府大阪市港区生まれ。大阪貿易学院高等学校(現開明高等学校)、近畿大学商経学部卒業。1998年より井上よし子大阪市会議員の秘書を務める[要出典]

2003年大阪市会議員選挙に港区選挙区から自由民主党公認で立候補し、初当選。以後、大阪市会議員を3期9年務める。2010年6月に自民党を離党し、大阪維新の会の結党に参加した。2012年11月20日、大阪市議を辞職[2]。同年の第46回衆議院議員総選挙大阪1区から日本維新の会公認で出馬し、自民党新人の大西宏幸日本未来の党前職の熊田篤嗣や、自民党の公認を得られず無所属で出馬した元職の中馬弘毅ら5人を破り、当選した[1]

2014年の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加。分党後の日本維新の会を経て維新の党結党に参加し、同年の第47回衆議院議員総選挙では、大阪1区から維新の党公認で出馬。前回破った自民党の大西宏幸を3,368票差で破り大阪1区で再選。維新の党の分党でも橋下に従い、おおさか維新の会組織局長に就任。

政策・主張[ソースを編集]

不祥事[ソースを編集]

税控除目的による献金の迂回寄付
2009年、井上が当時所属していた自民党の、井上自身が代表を務める政党支部を迂回させて100万円を自身の政治資金管理団体に寄付していた。租税特別措置法では、政治家が自らの政治資金管理団体に直接寄付した場合は所得税控除が受けられないが、政党支部を迂回させ、最大で約3割の税控除を受けていた[5]

所属団体・議員連盟[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

党職
先代:
(新設)
おおさか維新の会組織局長
日本維新の会組織局長

初代:2016年 -
次代:
(現職)