井上英孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上 英孝
いのうえ ひでたか
生年月日 (1971-10-25) 1971年10月25日(48歳)
出生地 日本の旗 大阪府大阪市港区
出身校 近畿大学商経学部
前職 議員秘書
所属政党自由民主党→)
大阪維新の会→)
日本維新の会→)
維新の党→)
おおさか維新の会→)
日本維新の会
公式サイト 衆議院議員 井上ひでたか

選挙区大阪1区→)
比例近畿ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月17日 - 現職

選挙区 港区選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年4月30日 - 2012年11月20日
テンプレートを表示

井上 英孝(いのうえ ひでたか、1971年10月25日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の衆議院議員(3期)。元大阪市会議員(3期)。

来歴[編集]

大阪府大阪市港区生まれ[1]大阪貿易学院高等学校(現開明高等学校)、近畿大学商経学部卒業[1]。高校、大学在学中はラグビー部に所属[1]。大学卒業後、アメリカ合衆国への留学を経て、1998年より井上よし子大阪市会議員の秘書を務める[1]

2003年大阪市会議員選挙に港区選挙区から自由民主党公認で立候補し、初当選。以後、大阪市会議員を3期9年務める。2010年6月に自民党を離党し、大阪維新の会の結党に参加した。2012年11月20日、大阪市議を辞職[2]。同年の第46回衆議院議員総選挙大阪1区から日本維新の会公認で出馬し、自民党新人の大西宏幸日本未来の党前職の熊田篤嗣や、自民党の公認を得られず無所属で出馬した元職の中馬弘毅ら5人を破り、当選した(井上以外に大阪1区から立候補した者は比例復活もならず、全員が落選)[3]2014年の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに加わり[4]、分党後の日本維新の会を経て維新の党結党に参加した。同年の第47回衆議院議員総選挙では、大阪1区から維新の党公認で出馬し、自民党新人の大西宏幸に3,368票差まで迫られるも、大阪1区で再選[5]2015年の維新の党分裂に際しても橋下徹らのグループに加わり、おおさか維新の会結党に参加した[6]

2017年第48回衆議院議員総選挙では、日本維新の会公認で大阪1区から出馬し、選挙区では自民党の大西宏幸に1,242票の僅差で敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、3選[7]

政策・主張[編集]

政治資金[編集]

  • 2009年、当時自民党に所属していた井上が、自身が代表を務める政党支部を迂回させ、100万円を自身の政治資金管理団体に寄付していた。租税特別措置法では、政治家が自らの政治資金管理団体に直接寄付した場合は所得税控除が受けられないが、政党支部を迂回させ、最大で約3割の税控除を受けていた。井上の事務所は節税目的であったことを認めた上で「そこまで深刻に考えていなかった。反省したい」と述べた[10]
  • 2012年の政治資金収支報告書で、井上の資金管理団体が、政治資金から支出した経費のうち計26万円分の領収書30枚を紛失したと届け出ていた[11]
  • 2013年、自身が代表を務める「日本維新の会衆議院大阪府第1選挙区支部」が党本部から支部政党交付金計1200万円を受け取りながら政治資金収支報告書に記載していなかった[12]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 井上英孝 プロフィール
  2. ^ 井上英孝議員が辞職されました
  3. ^ “2012衆院選 大阪1区”. 毎日新聞. https://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A27001 2019年6月23日閲覧。 
  4. ^ “維新分党、石原氏側20人に迫る 所属議員の動向見通し”. 産経新聞. (2014年5月31日). https://www.sankei.com/politics/news/140531/plt1405310014-n1.html 2019年6月23日閲覧。 
  5. ^ “2014衆院選 大阪”. 毎日新聞. https://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A27001&st=tk 2019年6月23日閲覧。 
  6. ^ “橋下氏、国政進出に足場 「おおさか維新」結党”. 日本経済新聞. (2015年10月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H2G_R31C15A0PE8000/ 2019年6月23日閲覧。 
  7. ^ “第48回衆院選 大阪”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=27 2019年6月23日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h “第48回衆院選 維新 大阪1区 井上 英孝”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A27001001001 2019年6月23日閲覧。 
  9. ^ “朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2019年6月23日閲覧。 
  10. ^ “「深刻に考えてなかった」…維新の衆院2議員が迂回寄付 税控除目的で”. 産経新聞. (2013年4月10日). https://www.sankei.com/west/news/130410/wst1304100013-n1.html 2019年10月7日閲覧。 
  11. ^ “31議員32団体が収入記載漏れ 大阪維新、報告書未提出も”. 日本経済新聞. (2013年11月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2802L_Y3A121C1AC8000/ 2019年10月7日閲覧。 
  12. ^ “交付金1200万円不記載 維新・井上衆院議員団体、政治資金収支報告書訂正へ”. 産経新聞. (2015年1月26日). https://www.sankei.com/west/news/150126/wst1501260036-n1.html 2019年10月7日閲覧。 
  13. ^ a b 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  14. ^ パチンコチェーンストア協会 理事・会員リスト・会員ホームページ

外部リンク[編集]