大阪府第11区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗大阪府第11区
衆議院小選挙区 大阪府2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 枚方市交野市
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 平野博文
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
400,953人
1.72 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

大阪府第11区(おおさかふだい11く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[ソースを編集]

歴史[ソースを編集]

中選挙区制度時代は旧7区に属していた。

大阪市への通勤・通学者が多いベッドタウンであるほか、パナソニックグループ関係の就労者も多く住んでいる。第41回から5回連続でグループ中核の松下電器産業出身で中村正男の秘書であった平野博文が制し、第44回を除き自由民主党候補の比例復活を許さないほどの大阪随一の民主王国であった。

しかし、第46回では日本維新の会新人の伊東信久が初当選し、平野は比例復活もできずに落選した。

第47回では参議院議員を自動失職し、落下傘候補となった佐藤ゆかりが平野の刺客としてこの選挙区から立候補し、衆議院議員に返り咲き当選を果たすとともに、当選挙区では初めて自由民主党が議席を獲得した。佐藤に敗れた平野と伊東は比例復活当選により返り咲きと再選をそれぞれ果たしている。

第48回では、民進党希望の党への合流並びに日本維新の会との間で大阪府下の小選挙区に候補者を擁立しない協力を受けて、平野は初当選した第41回以来の無所属で出馬し、日本共産党が候補者を取り下げるなどの対応を取った結果、8年ぶり6回目の小選挙区当選を果たした。次点以下の佐藤は比例復活で当選した一方、伊東は比例復活できず落選となった。


小選挙区選出議員[ソースを編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 平野博文 無所属
第42回衆議院議員総選挙 2000年 平野博文 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 平野博文 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 平野博文 民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 平野博文 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 伊東信久 日本維新の会
第47回衆議院議員総選挙 2014年 佐藤ゆかり 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 平野博文 無所属

選挙結果[ソースを編集]

第48回衆議院議員総選挙 大阪府第11区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:400,367人 最終投票率:53.03%(前回比:▼3.01ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
平野博文 68 無所属 76,144票
36.7%
―― ×
比当 佐藤ゆかり 56 自由民主党 69,366票
33.5%
91.1% 公明党推薦
伊東信久 53 日本維新の会 61,859票
29.8%
81.2%
第47回衆議院議員総選挙 大阪府第11区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:390,435人 最終投票率:56.04%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐藤ゆかり 53 自由民主党 73,931票
34.6%
―― 公明党推薦
比当 平野博文 65 民主党 61,216票
28.6%
82.8%
比当 伊東信久 50 維新の党 58,321票
27.3%
78.9%
三和智之 39 日本共産党 20,449票
9.6%
27.7%
第46回衆議院議員総選挙 大阪府第11区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
伊東信久 48 日本維新の会 93,763票
40.3%
―― みんなの党
平野博文 63 民主党 67,756票
29.1%
72.3% 国民新党
井脇ノブ子 66 自由民主党 51,110票
22.0%
54.5%
三和智之 37 日本共産党 19,823票
8.5%
21.1%
第45回衆議院議員総選挙 大阪府第11区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
平野博文 60 民主党 156,002票
59.5%
――
井脇ノブ子 63 自由民主党 70,309票
26.8%
45.1%
山下京子 55 日本共産党 30,680票
11.7%
19.7%
山内晃 37 幸福実現党 5,041票
1.9%
3.2%
第44回衆議院議員総選挙 大阪府第11区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
平野博文 56 民主党 121,328票
48.1%
――
比当 井脇ノブ子 59 自由民主党 98,613票
39.1%
81.3%
山下京子 51 日本共産党 32,230票
12.8%
26.6%
第43回衆議院議員総選挙 大阪府第11区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
平野博文 54 民主党 116,834票
58.3%
――
小川真澄 59 無所属 47,385票
23.6%
40.6%
山下京子 49 日本共産党 27,557票
13.8%
23.6%
吉武信昭 50 無所属 8,599票
4.3%
7.4% ×
第42回衆議院議員総選挙 大阪府第11区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
平野博文 51 民主党 120,895票
55.5%
――
坪井一宇 60 自由民主党 59,803票
27.4%
49.5%
山下京子 46 日本共産党 37,255票
17.1%
30.8%
第41回衆議院議員総選挙 大阪府第11区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
平野博文 47 無所属 97,294票
48.6%
―― ×
小川真澄 52 自由民主党 64,535票
32.2%
66.3%
吉瀬孝子 64 日本共産党 38,403票
19.2%
39.5%

関連項目[ソースを編集]