埼玉県第15区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗埼玉県第15区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 さいたま市桜区南区川口市2区に属しない地域)、蕨市戸田市
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 2002年2002年2017年区割変更)
選出議員 田中良生
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
395,455人
1.69 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

埼玉県第15区(さいたまけんだい15く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区2002年(平成14年)公職選挙法改正による区割りの変更で新設。

区域[編集]

2017年の区割りの改正により、川口市の一部が2区から移管された。

歴史[編集]

2002年に区割りの改正がされた際の新設区(2003年の衆議院議員総選挙で初めて実施された)。本選挙区の設置前はさいたま市(南区・桜区)と蕨市が1区、戸田市は4区だった。設置時から民主党高山智司自由民主党候補(2005年以降は田中良生)による議席争いが続いている。

2017年の区割り変更により、2区より川口市の一部が15区へ移行している。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第43回衆議院議員総選挙 2003年 高山智司 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 田中良生 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 高山智司 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 田中良生 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 田中良生 自由民主党

選挙結果[編集]

第47回衆議院議員総選挙 埼玉県第15区

当日有権者数:378,253人 最終投票率:51.42%(前回比:-5.76ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
田中良生 51 自由民主党 98,287票
52.3%
ーー 公明党
高山智司 44 民主党 60,671票
32.3%
61.7%
田村勉 66 日本共産党 28,945票
15.4%
29.4%
第46回衆議院議員総選挙 埼玉県第15区

当日有権者数:人 最終投票率:57.18%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
田中良生 49 自由民主党 88,210票
42.7%
ーー 公明党
高山智司 42 民主党 49,147票
23.8%
55.7% 国民新党
斉藤裕康 43 みんなの党 35,750票
17.3%
40.5% 日本維新の会
小高真由美 48 日本未来の党 17,460票
8.4%
19.8% 新党大地
小久保剛志 37 日本共産党 16,168票
7.8%
18.3%
第45回衆議院議員総選挙 埼玉県第15区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
高山智司 39 民主党 120,751票
52.1%
ーー
田中良生 45 自由民主党 85,826票
37.1%
71.1%
村主明子 37 日本共産党 22,168票
9.6%
18.4%
石井安 48 幸福実現党 2,903票
1.3%
2.4%
第44回衆議院議員総選挙 埼玉県第15区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
田中良生 41 自由民主党 106,961票
49.0%
ーー
比当 高山智司 35 民主党 85,276票
39.1%
79.7%
村主明子 33 日本共産党 22,091票
10.1%
20.7%
山口節生 55 無所属 3,957票
1.8%
3.7% ×
第43回衆議院議員総選挙 埼玉県第15区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
高山智司 33 民主党 80,745票
46.3%
ーー
松永光 74 自由民主党 58,522票
33.6%
72.5%
村主明子 32 日本共産党 16,394票
9.4%
20.3%
秋本清一 50 無所属 14,566票
8.4%
18.0% ×
田崎良雄 58 無所属 4,179票
2.4%
5.2% ×

関連項目[編集]