栃木県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗栃木県第3区
衆議院小選挙区 栃木県3.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 大田原市矢板市那須塩原市那須烏山市那須郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 簗和生
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
248,250人
1.06 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

栃木県第3区(とちぎけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

第46回までは渡辺喜美が盤石の選挙戦で連続当選し続けており、第44回・第46回以外は他党は対立候補を立てることさえままならずにいた。いずれの選挙も渡辺が6割以上の得票率で他党候補者を圧倒しており、典型的な無風区であった。特に第45回では二大政党(自民党と民主党)と共産党が擁立を見送ったことで与党空白区共産空白区となり、衆議院議員選挙としては戦後初の無投票当選の可能性もあったが、幸福実現党が候補を立てたため実現しなかったもの、惜敗率4.93%は過去の衆議院選挙の中で2番目の無風選挙であった。

しかし第47回では公示直前にみんなの党が内紛により解党し、渡辺自身も8億円借り入れ問題などが表面化して逆風の中、無所属での選挙戦になった。その結果、前回比例復活簗和生が当選。渡辺は約1万1千票差をつけられて落選し、「渡辺王国」は崩壊した。さらに2017年の第48回では参議院に鞍替えしていた渡辺が再び衆議院への鞍替えを画策したが失敗、渡辺が所属する希望の党は渡辺の妹の渡辺美由紀を擁立したが簗が前回よりも票を伸ばし比例復活も許さず当選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 渡辺喜美 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 渡辺喜美 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 渡辺喜美 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 渡辺喜美 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 渡辺喜美 みんなの党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 渡辺喜美 みんなの党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 簗和生 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 簗和生 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 栃木県第3区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:246,268人 最終投票率:53.66%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
簗和生 38 自由民主党 74,371票
57.8%
―― 公明党
渡辺美由紀 58 希望の党 42,820票
33.3%
57.6%
槙昌三 74 日本共産党 9,990票
7.8%
13.4%
石渡剛 48 幸福実現党 1,561票
1.2%
2.1%
第47回衆議院議員総選挙 栃木県第3区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
簗和生 35 自由民主党 62,814票
48.7%
―― 公明党
渡辺喜美 62 無所属 51,617票
40.1%
82.2% ×
秋山幸子 63 日本共産党 14,438票
11.2%
23.0%
第46回衆議院議員総選挙 栃木県第3区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:246,508人 最終投票率:58.14%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
渡辺喜美 60 みんなの党 84,023票
60.3%
――
比当 簗和生 33 自由民主党 48,912票
35.1%
58.2% 公明党
秋山幸子 61 日本共産党 6,509票
4.7%
7.7%
第45回衆議院議員総選挙 栃木県第3区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
渡辺喜美 57 みんなの党 142,482票
95.3%
――
斎藤克巳 53 幸福実現党 7,024票
4.7%
4.9%
  • 渡辺の得票率95.3%(白票・無効票を除く)は小選挙区制開始以来の最高記録。
第44回衆議院議員総選挙 栃木県第3区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
渡辺喜美 53 自由民主党 98,889票
64.0%
――
小林隆 42 民主党 41,776票
27.0%
42.2%
山口睦子 58 社会民主党 6,346票
4.1%
6.4%
槙昌三 61 日本共産党 5,905票
3.8%
6.0%
斎藤寿々夢 62 無所属 1,618票
1.0%
1.6% ×
第43回衆議院議員総選挙 栃木県第3区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
渡辺喜美 51 自由民主党 100,539票
74.9%
――
槙昌三 60 日本共産党 24,513票
18.3%
24.4%
松永昌樹 62 社会民主党 9,186票
6.8%
9.1%
第42回衆議院議員総選挙 栃木県第3区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
渡辺喜美 48 自由民主党 112,358票
83.4%
――
槙昌三 56 日本共産党 22,392票
16.6%
19.9%
第41回衆議院議員総選挙 栃木県第3区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
渡辺喜美 44 自由民主党 90,082票
83.5%
――
槙昌三 53 日本共産党 17,790票
16.5%
19.7%

関連項目[編集]