斎藤寿々夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斎藤 寿々夢(さいとう すすむ、本名:斎藤 進、1943年6月27日 - )は、日本の演歌歌手実業家政治運動家進歩自由連合副代表、文化党代表)。

略歴[編集]

栃木県那須郡出身。栃木県清原農学寮卒業後、演歌歌手を目指して上京。苦節10余年で漸くデビューに漕ぎ着けた途端に、所属レコード会社が倒産するなど辛酸を嘗めたが、その後バブル景気とゴルフブームの恩恵を受け、地元の栃木で不動産コンサルタント(土地ブローカー)として財を成す。

バブルが崩壊した1992年第16回参議院議員通常選挙において、元進歩党常任幹事の依田米秋が結成した進歩自由連合のスポンサーになり、代表の依田を差し置いて比例代表名簿記載順位1位で初出馬したものの、下位落選。

1995年第17回参議院議員通常選挙では、依田の急逝と進歩自由連合の活動停止に伴い、自ら政治団体文化党』を結党して東京都選挙区から立候補し、主に伝統文化保護政策を主張したものの、党名・政策が酷似した『文化フォーラム』との間で票が分散し、再落選した。

1998年第18回参議院議員通常選挙には、無所属で東京都選挙区から出馬。政見放送で自作曲『こんな日本に誰がした(BUBBLE)』を熱唱し、金融政策への不満を訴えたが、当選は果たせなかった。

その後も、地元から散発的に国政選挙等に挑戦し続けている。

2015年4月、叔父秋元文吉氏が長らく那須御用邸所長を務め、昭和天皇・今上天皇皇后両陛下のお世話係に携わった関係もあり、両陛下パラオ御訪問・御慰霊の旅に感銘し、日本・パラオ友好を祈念し、往年の大スター岡晴夫さんのヒット曲「パラオ恋しや」の再録に協力。今後、実業家としても日本・パラオの交流貢献事業も計画する。

選挙歴[編集]

作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]