神奈川県第6区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗神奈川県第6区
衆議院小選挙区 横浜市.svg
行政区域 横浜市保土ケ谷区旭区
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 古川直季
有権者数 38万2000人
1.651 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

神奈川県第6区(かながわけんだい6く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

中選挙区制時代には、全域が神奈川県第4区(1975年(昭和50年)設置)に属した。1994年平成6年)の小選挙区設置後は、民主党池田元久公明党上田勇が拮抗していた。2012年(平成24年)には、折柄の民主党への逆風により前職池田は3位に沈み、上田が当選して、2位のみんなの党青柳陽一郎比例復活した。2014年(平成26年)も上田が当選し、2位の維新の党の青柳は比例復活した。

2017年(平成29年)には、立憲民主党から出馬した青柳が初めて小選挙区で当選し、重複立候補しなかった上田は落選した[4]。公明党の公認候補が小選挙区で敗北したのは、2009年(平成21年)以来の出来事だった[5]

2021年(令和3年)の総選挙では公明党から、上田に代わり、遠山清彦比例九州ブロックから国替えして立候補する予定だったが、2021年1月の緊急事態宣言中において銀座のクラブを訪れていたことや、2019年の自身の政治資金収支報告書でキャバクラに政治資金を流用していたことが発覚し、その責任を取る形で議員辞職。公明党はこの選挙区での候補者擁立を断念し、自由民主党が25年ぶりに候補者を擁立することになった[6][7]

2021年(令和3年)4月15日、自由民主党は公募の結果、横浜市会議員の古川直季(旭区選出)を支部長に選任した。同年10月に行われた総選挙では、古川が初当選し、自民党としては当選挙区初の議席を獲得した。立憲民主党の青柳は比例復活に回った。遠山と同じく銀座のクラブ訪問を指摘された松本純神奈川県第1区から出馬し、落選)とは対照的な結果となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 池田元久 民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 上田勇 公明党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 池田元久 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 上田勇 公明党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 青柳陽一郎 立憲民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年 古川直季 自由民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 神奈川県第6区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:38万1141人 最終投票率:55.88%(前回比:増加3.49%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川直季53自由民主党92,405票
44.32%
――公明党推薦
比当青柳陽一郎52立憲民主党87,880票
42.15%
95.10%れいわ新選組推薦
串田誠一63日本維新の会28,214票
13.53%
30.53%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 神奈川県第6区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:38万2061人 最終投票率:52.39%(前回比:減少2.77%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
青柳陽一郎48立憲民主党86,291票
44.59%
――
上田勇59公明党82,788票
42.78%
95.94%自由民主党推薦
比当串田誠一59日本維新の会24,424票
12.62%
28.30%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 神奈川県第6区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:37万3105人 最終投票率:55.16%(前回比:減少6.19%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上田勇56公明党78,746票
39.85%
――自由民主党推薦
比当青柳陽一郎45維新の党52,368票
26.50%
66.50%
三村和也39民主党43,464票
22.00%
55.20%
北谷眞利53日本共産党23,013票
11.65%
29.22%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 神奈川県第6区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:61.35%(前回比:減少8.83%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上田勇54公明党82,147票
37.37%
――自由民主党推薦
比当青柳陽一郎43みんなの党69,511票
31.62%
84.62%
池田元久71民主党51,819票
23.57%
63.08%
藤井悦雄60日本共産党16,369票
7.45%
19.93%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 神奈川県第6区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 最終投票率:70.18% (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
池田元久68民主党132,192票
51.76%
――
上田勇51公明党94,941票
37.18%
71.82%
藤井美登里53日本共産党22,464票
8.80%
16.99%
寺島博也47幸福実現党5,790票
2.27%
4.38%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 神奈川県第6区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上田勇47公明党123,040票
49.89%
――
池田元久64民主党102,429票
41.53%
83.25%
佐藤清50日本共産党21,146票
8.57%
17.19%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 神奈川県第6区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上田勇45公明党82,269票
36.71%
――
比当池田元久62民主党81,733票
36.47%
99.35%
勝又恒一郎40無所属30,689票
13.70%
37.30%×
上田恵子36社会民主党15,854票
7.08%
19.27%
藤井美登里48日本共産党13,538票
6.04%
16.46%
  • 勝又はその後民主党に入党。第45回では15区に国替えして当選(比例復活)。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 神奈川県第6区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
池田元久59民主党77,169票
34.18%
――
比当上田勇41公明党52,175票
23.11%
67.61%
佐藤茂45無所属45,624票
20.21%
59.12%×
藤井美登里44日本共産党26,355票
11.67%
34.15%
比当土田龍司48自由党24,444票
10.83%
31.68%
  • 上田は第41回は比例単独候補として当選(新進党)。
  • 土田は第43回、第44回は13区から立候補。
  • 佐藤は2002年横浜市会議員旭区補欠選挙で当選(自民党)
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 神奈川県第6区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
池田元久55民主党60,290票
30.98%
――
土田龍司44新進党55,182票
28.36%
91.53%
山東昭子54自由民主党50,411票
25.90%
83.61%
堀野祐吉69日本共産党26,316票
13.52%
43.65%
大川敏彦37自由連合2,410票
1.24%
4.00%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月1日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 神奈川県”. 総務省. 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月1日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  4. ^ 木下翔太郎 (2017年10月23日). “神奈川6区 公明の上田勇氏、議席を失う”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171023/k00/00m/010/356000c 2017年10月25日閲覧。 
  5. ^ “神奈川6区 公明 上田氏 落選確実”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年10月23日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171023/k10011191761000.html 2017年10月25日閲覧。 
  6. ^ “公明、神奈川6区の擁立見送りへ 遠山氏が辞職し空白に”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2021年2月2日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASP217J0JP21ULOB01P.html 2021年4月28日閲覧。 
  7. ^ NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2021年2月1日). https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/52762.html+2021年4月28日閲覧。 

関連項目[編集]