愛知県第13区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗愛知県第13区
衆議院小選挙区 愛知県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 碧南市刈谷市安城市知立市高浜市
(2022年12月28日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年
選出議員 大西健介
有権者数 42万4402人
1.850 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2022年9月1日)
テンプレートを表示

愛知県第13区(あいちけんだい13く)は、日本衆議院における選挙区。1994年(平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のとおりである[1][2]

歴史[編集]

碧海郡5市で構成される選挙区。当地域は1920年代から1930年代にかけて「日本デンマーク」と呼ばれた安城市を中心に、農業が盛んであった。灌漑施設の整備によって、太平洋戦争前は愛知県屈指の農業地帯であった。近年は自動車産業が盛んな工業地域であり、トヨタ労組や無党派層の増加が目立つ。そのため、近年は野党系の候補が有利になる傾向のある地域である。

1996年の第41回衆議院議員総選挙では、新進党島聡が小選挙区で当選。2000年から2005年まで自由民主党大村秀章が小選挙区で3連勝していた。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、大村が民主党新人の大西健介に敗れ、比例復活となった。2012年の第46回衆議院議員総選挙では、前愛知県議会議員で自民党の大見正が大西を僅差で破り初当選(大西は比例復活で当選)したが、2014年の第47回衆議院議員総選挙、2017年の第48回衆議院議員総選挙では大西が大見を下し、大見は比例復活となった。2021年の第49回衆議院議員総選挙では大西が大見に代わって出馬した石井拓を下し、石井は比例復活となり、候補者2人が両者当選となった。本選挙区では2005年を除いて毎回、比例復活当選者が出ている。

第50回衆議院議員総選挙から、愛知県は15選挙区から1増の16選挙区となる改定があったが、当選挙区は変更はない(発足以来変化なし)。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 島聡 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 大村秀章 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 大西健介 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 大見正 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 大西健介 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 希望の党
第49回衆議院議員総選挙 2021年 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 愛知県第13区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:42万2731人 最終投票率:61.56%(前回比:増加1.05%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大西健介50立憲民主党134,033票
52.72%
――
比当石井拓56自由民主党120,203票
47.28%
89.68%公明党推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 愛知県第13区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:41万6667人 最終投票率:60.51%(前回比:減少0.04%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大西健介46希望の党116,471票
47.42%
――
比当大見正59自由民主党109,581票
44.61%
94.08%公明党推薦
下島良一71日本共産党19,589票
7.97%
16.82%
  • 大見は2019年1月27日に安城市長選挙に立候補し自動失職した(結果は落選)[3]
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 愛知県第13区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:39万9518人 最終投票率:60.55%(前回比:減少3.59%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大西健介43民主党116,652票
49.62%
――
比当大見正56自由民主党101,144票
43.03%
86.71%公明党推薦
宮地勲60日本共産党17,285票
7.35%
14.82%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 愛知県第13区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:39万4757人 最終投票率:64.14%(前回比:減少11.55%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大見正54自由民主党98,670票
40.31%
――公明党
比当大西健介41民主党97,187票
39.70%
98.50%国民新党
小林興起68日本未来の党37,405票
15.28%
37.91%新党大地
宮地勲58日本共産党11,514票
4.70%
11.67%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 愛知県第13区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:38万6936人 最終投票率:75.69%(前回比:増加3.76%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大西健介38民主党154,779票
53.79%
――
比当大村秀章49自由民主党128,995票
44.83%
83.34%
室田隆46幸福実現党3,950票
1.37%
2.55%
  • 大村は2011年に愛知県知事へ転身。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 愛知県第13区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:36万9801人 最終投票率:71.93%(前回比:増加5.63%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大村秀章45自由民主党139,022票
53.08%
――
島聡47民主党109,593票
41.84%
78.83%
中村健58日本共産党13,311票
5.08%
9.57%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 愛知県第13区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:36万1655人 最終投票率:66.3% (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大村秀章43自由民主党114,092票
48.44%
――
比当島聡45民主党109,670票
46.56%
96.12%
高林誠61日本共産党11,765票
5.00%
10.31%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 愛知県第13区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大村秀章40自由民主党104,731票
45.90%
――
比当島聡42民主党104,392票
45.75%
99.68%
宮川金彦52日本共産党15,880票
6.96%
15.16%
志良以憲30自由連合3,164票
1.39%
3.02%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 愛知県第13区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
島聡38新進党87,991票
46.78%
――
比当大村秀章36自由民主党80,629票
42.86%
91.63%
高林誠53日本共産党19,484票
10.36%
22.14%

脚注[編集]

関連項目[編集]