大西健介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 大西 健介
生年月日 1971年4月13日(45歳)
出身地 日本の旗大阪府
出身校 京都大学法学部
学位・資格 法学士
前職 国家公務員参議院事務局
馬淵澄夫衆議院議員政策担当秘書
所属委員会 厚生労働委員会
消費者問題に関する特別委員会(理事)
世襲
選出選挙区 愛知13区→)
比例東海ブロック→)
愛知13区
当選回数 3回
所属党派 民主党→)
民進党
党役職 愛知県第13区総支部代表
会館部屋番号 衆議院第1議員会館923号室
ウェブサイト 衆議院議員 おおにし健介公式サイト
テンプレートを表示

大西 健介(おおにし けんすけ、1971年4月13日 - )は、日本政治家民進党所属の衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

大阪府出身。父は生命保険会社の社員で、転勤族であった[1]奈良学園中学校・高等学校京都大学法学部卒業。京大在学中、第1回国会議員政策担当秘書資格試験に合格した。1994年、大学を卒業し参議院事務局に入局。内閣委員会調査室や同会計課に所属し、議員立法や議会運営を補佐する。1999年外務省に出向。北東アジア課に勤務し、日韓問題に取り組む。2000年より在アメリカ合衆国日本大使館二等書記官。2004年衆議院議員馬淵澄夫の誘いを受けて参議院事務局を退職し、馬淵の政策担当秘書に転じる。そのかたわら、一新塾[2]早稲田大学中央大学で教鞭を執った。

2007年民主党愛知県総支部連合会が募集した候補者公募に合格し、愛知13区総支部長に就任。2009年第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬し、自由民主党公認で現職の厚生労働副大臣だった大村秀章を破り、初当選(大村も比例復活。後に議員辞職し愛知県知事に転じる)。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、民主党公認で愛知13区から出馬し、自民党新人の大見正に1,483票差で敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、再選。なお、大西の惜敗率98.50%は、比例東海ブロックの民主党公認候補者の中では最も高い数値であった。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、民主党公認で愛知13区で出馬。前回よりも約2万票を上積みし、自民党前職の大見を15,508票差で破り3選(大見も比例復活)。2015年民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[3]が、細野は決選投票で岡田克也に敗れた[4]

政策・主張[編集]

その他[編集]

  • 自身のブログで部落解放運動家である山下力の書籍を取り上げ、共感を示している[8]
  • 2009年6月22日、自身の選出選挙区に含まれる知立市林郁夫市長)に対し、部落解放愛知県共闘会議の一員の立場から同和・人権行政を確立するように発言している[9]

所属団体・議員連盟[編集]

  • 焼肉を考える議員連盟(事務局長)[10]

脚注[編集]

外部リンク[編集]