小林憲司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 憲司(こばやし けんじ、1964年7月4日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(2期)。かつては民主党に所属していた。愛知県名古屋市出身。

経歴[編集]

覚せい剤取締法違反容疑での逮捕[編集]

2005年9月18日、覚せい剤取締法違反の疑いで私設秘書2名とともに逮捕された。警視庁の内偵捜査により、私設秘書経由で小林の手に覚せい剤が渡り、議員時代から選挙活動中の時まで頻繁に覚せい剤を使用したとされた。民主党は同年9月20日の常任幹事会で除籍(除名)するとともに、衆議院比例代表区東海ブロックの名簿の登録を抹消。これは、小林が次点であったため、繰り上げ当選ができないようにするための措置である。ちなみに逮捕7日前に執行された第44回衆議院議員総選挙の民主党マニフェストでは、覚せい剤の撲滅を記載していた。12月6日に名古屋地方裁判所より懲役1年6月、執行猶予3年の判決が言い渡されている。

特記事項[編集]

  • ニックネームは「コバケン」。キャッチフレーズは「断固やるべし!」。
  • 鳥越俊太郎 - 小林の逮捕に触れ「国会議員が覚せい剤で捕まるなんて庶民的じゃない(か)」とスーパーモーニング(2005年9月19日放送)で皮肉った。
  • 山尾志桜里 - かつての小林の選挙区である愛知県第7区より、民主党公認で立候補。

脚注[編集]

  1. ^ JanJan』「メディア・今日のマスコミ」2005年9月19日[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]