青山周平 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青山 周平
あおやま しゅうへい
Shuhei Aoyama cropped 2 Shuhei Aoyama (2014.03.23) 3.jpg
2014年3月23日(36歳)
生年月日 (1977-04-28) 1977年4月28日(40歳)
出生地 日本の旗 愛知県岡崎市福岡町
出身校 法政大学社会学部
前職 幼稚園職員
所属政党 自由民主党細田派
親族 父・青山秋男(元愛知県議会議員
公式サイト 衆議院議員 青山周平 愛知12区(岡崎市・西尾市)

選挙区 愛知12区→)
比例東海ブロック
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

青山 周平(あおやま しゅうへい、1977年4月28日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(2期)。

父は、元愛知県議会議員(6期)、元岡崎市議会議員の青山秋男。

来歴[編集]

2014年3月23日国道23号蒲郡バイパス開通式典にて

愛知県岡崎市福岡町字下西野に生まれる[1][2]岡崎市立福岡小学校岡崎市立福岡中学校愛知県立岡崎高等学校卒業。2000年3月、法政大学社会学部卒業。同年4月、株式会社ジェイアール東海髙島屋に就職。2001年、高校・大学の同窓生と結婚。同年、父親が経営する学校法人青山学園に入社。はずみやこ幼稚園、ながら幼稚園、みやこ第二幼稚園の園長や事務長などを務める[3][4]杉浦正健が岡崎市に設立した政治塾に参加[5]2011年自由民主党愛知県第12選挙区支部長に就任[3]

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙愛知12区から自民党公認で出馬し初当選(民主党中根康浩日本維新の会重徳和彦比例復活)。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙では維新の党の重徳に敗れるも、惜敗率89.778%で比例復活、再選[6]

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙幸田町愛知14区に移動。愛知12区の有権者数は減少したが、無所属で立候補した重徳は全国で4番目の得票数を獲得し[7][8]、青山は大差で敗れた。比例東海ブロックで自民党が獲得した最後の議席を愛知2区田畑毅と争うこととなるも、台風21号の影響で西尾市の開票が延期される[9]10月23日、惜敗率は田畑71.945%、青山70.066%と確定し、田畑に対し2,811票足りず議席を失った[10][11]

前回の敗戦の教訓から「露出を増やす」ことを目標に掲げた青山陣営であったが、戦略に変化は見られなかった[12]岡崎市議会の保守系議員の間で派閥抗争が進行しており[13]、一体感を欠いていたことが指摘されている[12]。また公明党の推薦を受けたものの、投票日に新聞社が行った出口調査で、公明支持層の4割弱が重徳に票を投じていたことが明らかとされた[14]。一族が経営する幼稚園の教諭が園児に対し虐待行為をしていたことが広く報道されたことも選挙戦に影を落とした[15][16]。青山は愛知県下の15選挙区の自民党候補者中、唯一の落選者となった[7]

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中日新聞編集局編 『東海三県市町村議員名鑑』 中日新聞社、1979年6月29日、p38。
  2. ^ 平成29年10月22日執行衆議院小選挙区選出議員選挙候補者一覧表 (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年11月30日閲覧。
  3. ^ a b c 公式サイト トップページ
  4. ^ 学園概要 | 岡崎・西尾の幼稚園・こども園 青山学園
  5. ^ 衆議院議員 青山周平氏 インタビュー | 選挙ドットコム編集部 | 選挙ドットコム(ザ選挙)
  6. ^ 東海ブロック(比例区) - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  7. ^ a b 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  8. ^ 最多得票数は河野太郎外務大臣 2017年衆議院総選挙結果” (2017年10月26日). 2017年11月7日閲覧。
  9. ^ “愛知・西尾の開票繰り下げ 荒天で離島の投票箱運べず”. 中日新聞. (2017年10月23日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017102301001684.html 2017年10月23日閲覧。 
  10. ^ “最後の議席滑り込み 自民・田畑さん比例復活”. 読売新聞. (2017年10月24日). http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20171024-OYTNT50000.html 2017年10月24日閲覧。 
  11. ^ 東海ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  12. ^ a b “衆院選振り返り 12区は政治風土に変化 重徳氏完勝 青山氏比例復活ならず”. 東海愛知新聞. (2017年10月25日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/171025.php 2017年10月25日閲覧。 
  13. ^ 結果として総選挙後、元議長が自民党会派を離脱。前年に副議長に就任し慣例上無所属となった別の自民系市議も2017年11月の役員改選後、会派に戻らず無所属に留まった。
  14. ^ 中日新聞(2017年10月25日、18面)
  15. ^ “粘着テープで園児の手足縛る 愛知・岡崎の幼稚園が謝罪”. 朝日新聞. (2017年4月4日). http://www.asahi.com/articles/ASK4365XMK43OIPE02X.html 2017年11月17日閲覧。 
  16. ^ “「信頼に背く行為があり、申し訳なかった」男児へ虐待行為認め謝罪、愛知の幼稚園運営法人”. 産経新聞. (2017年4月4日). http://www.sankei.com/west/news/170404/wst1704040094-n1.html 2017年11月17日閲覧。 
  17. ^ “不登校児、学校外で支援 教育機会確保法が成立”. 日本経済新聞. (2016年12月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06HD5_X01C16A2CR0000/ 2017年4月6日閲覧。 
  18. ^ a b 中日新聞(2017年10月17日、19面、衆院選候補者アンケート)
  19. ^ a b c “2012衆院選 愛知12区 青山周平”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A23012004004 2014年4月22日閲覧。 
  20. ^ mネット、2012年 衆議院選挙仕分け結果
  21. ^ a b 2014衆院選 東海ブロック 青山 周平 - 毎日新聞
  22. ^ 東海愛知新聞(2012年12月14日、1面)
  23. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  24. ^ “自民若手、戦後歴史の勉強会発足 初会合に24人出席”. 産経新聞. (2015年5月7日). http://www.sankei.com/politics/news/150507/plt1505070025-n1.html 2017年11月8日閲覧。 
  25. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  26. ^ 青山周平(比例・東海・自民)【衆議院選挙2017】:読売新聞
  27. ^ 第48回衆院選 自民 愛知12区 青山 周平 - 毎日新聞

外部リンク[編集]