青山周平 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青山 周平
あおやま しゅうへい
Shuhei Aoyama cropped 2 Shuhei Aoyama (2014.03.23) 3.jpg
2014年3月23日(36歳)
生年月日 (1977-04-28) 1977年4月28日(40歳)
出生地 日本の旗愛知県岡崎市
出身校 法政大学社会学部
前職 幼稚園職員
所属政党 自由民主党細田派
親族 父・青山秋男(元愛知県議会議員
公式サイト 衆議院議員 青山周平 愛知12区(岡崎市・西尾市)

選挙区 愛知12区→)
比例東海ブロック
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

青山 周平(あおやま しゅうへい、1977年4月28日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

父は、元愛知県議会議員(6期)、元岡崎市議会議員の青山秋男。

来歴[編集]

2014年3月23日国道23号蒲郡バイパス開通式典にて

愛知県岡崎市生まれ。岡崎市立福岡小学校岡崎市立福岡中学校愛知県立岡崎高等学校から法政大学社会学部へと進む。2000年法政大学を卒業。高校、大学共にラグビー部に所属した。株式会社ジェイアール東海髙島屋に勤務後、父親が経営する学校法人青山学園に入社。はずみやこ幼稚園、ながら幼稚園、みやこ第二幼稚園の園長や事務長などを務める[1]

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙愛知12区に出馬し初当選(民主党中根康浩日本維新の会重徳和彦比例復活)。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙に愛知12区から出馬。同選挙区は公示日前日の12月1日、中根康浩が党本部の命令で比例単独に回ったことにより[2]維新の党の重徳和彦と共産党候補との3人の争いとなった。重徳に敗れるが、惜敗率89.7%で比例復活。2期目の当選を果たした。

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

  • 日本会議国会議員懇談会[9]
  • 神道政治連盟国会議員懇談会[9]
  • みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[9]
  • 過去を学び”分厚い保守政治”を目指す若手議員の会[10]
  • 文化芸術懇話会[11]
  • 幼児教育議員連盟(事務局次長)
  • 自民党超電導リニアに関する特別委員会(幹事)
  • 自民党教育再生応援団(幹事)
  • HIDA・AOTSを強化する会(事務局次長)
  • 事業再生・サービサー振興議員連盟(事務局次長)
  • 鋳物産業振興議員連盟(幹事)
  • 自民党お祭り議員連盟(事務局次長)
  • 盆栽議員連盟(幹事)
  • 漆=japan研究会(事務局長)
  • チーム学校推進議員連盟(副幹事長)
  • FUJISAN地球フェスタWA実行委員会(発起人 大会顧問)
  • 国会木鶏クラブ(幹事)
  • 人口減少対策議員連盟(幹事)
  • 愛知県河川海岸堤防など地震・津波対策事業促進協議会(顧問)
  • 名浜道路推進経済連合会(顧問)
  • 東海北陸自動車道建設促進同盟会(顧問)
  • 東海環状道路建設促進期成同盟会(顧問)
  • 愛知県美容業生活衛生同業組合(顧問)
  • ラグビーワールドカップ2019豊田スタジアムサポーターズクラブ ほか 

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト トップページ
  2. ^ “民主 愛知12区取りやめ 維新との選挙協力で”. 中日新聞. (2014年12月2日). http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/shuin2014/aichi/CK2014120202000233.html 2014年12月2日閲覧。 
  3. ^ “不登校児、学校外で支援 教育機会確保法が成立”. 日本経済新聞. (2016年12月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06HD5_X01C16A2CR0000/ 2017年4月6日閲覧。 
  4. ^ a b 中日新聞(2017年10月17日、19面、衆院選候補者アンケート)
  5. ^ a b c “2012衆院選 愛知12区 青山周平”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A23012004004 2014年4月22日閲覧。 
  6. ^ mネット、2012年 衆議院選挙仕分け結果
  7. ^ a b 2014衆院選 東海ブロック 青山 周平 - 毎日新聞
  8. ^ 東海愛知新聞(2012年12月14日、1面)
  9. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  10. ^ 自民若手、戦後歴史の勉強会発足 初会合に24人出席「産経ニュース」2015.5.7 20:20
  11. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

外部リンク[編集]