尾崎正直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾崎正直
おざき まさなお
生年月日 (1967-09-14) 1967年9月14日(50歳)
出生地 日本の旗 高知県高知市
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員大蔵省財務省
所属政党 無所属
称号 経済学士(東京大学・1992年
公式サイト 尾崎正直ホームページ

高知県の旗 民選第17・18・19代 高知県知事
当選回数 3回
在任期間 2007年12月7日 - 現職
テンプレートを表示

尾崎 正直(尾崎 正直、おざき まさなお、1967年(昭和42年)9月14日 - )は、日本大蔵財務官僚政治家高知県知事(民選第17・18・19代)。身長177cm、体重75kg[1]

来歴[編集]

高知県高知市生まれ。土佐中学校・高等学校東京大学経済学部卒業。1991年(平成3年)、大蔵省に入省。本省勤務の他、1998年(平成10年)から3年間は外務省へ出向し、在インドネシア日本大使館書記官(赴任時は二等、2001年(平成13年)より一等)を務める。2006年(平成18年)より内閣官房副長官秘書官2007年(平成19年)10月、財務省を退官。

2007年(平成19年)11月25日投開票の高知県知事選挙自由民主党民主党高知県連、公明党社会民主党の推薦で出馬し、40歳で初当選。翌2008年(平成20年)1月に橋下徹大阪府知事に就任するまでは、全国で最年少の知事であった[注 1]

2011年(平成23年)の高知県知事選挙では、尾崎以外に立候補を届け出た者がいなかったため、無投票再選[2]

2013年(平成25年)1月に内閣府教育再生実行会議の委員に就任し、2015年(平成27年)10月5日まで務めた[3]。同年10月の高知県知事選挙では、尾崎以外に立候補を届け出た者がおらず、2011年の知事選に引き続き、2度連続で無投票再選[4]。知事選が2度連続で無投票になるのは1978年(昭和53年)、1982年(昭和57年)の滋賀県知事選挙武村正義以来、23年ぶりであった[5]。2015年(平成27年)はこのほか、岩手県知事選挙達増拓也が無投票で当選した[6]

年譜[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年(平成23年)以降は三重県知事鈴木英敬が最年少である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]