大石秀政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大石 秀政(おおいし ひでまさ、1963年昭和38年)11月12日[1] - )は、日本政治家。元自由民主党衆議院議員静岡県出身[1]

大石 秀政
おおいし ひでまさ
生年月日 (1963-11-12) 1963年11月12日(59歳)
出生地 日本の旗 静岡県榛原郡吉田町
出身校 静岡県立榛原高等学校卒業
早稲田大学教育学部中退
所属政党 自由民主党山崎派
親族 祖父・大石八治(元衆議院議員)
父・大石千八(元衆議院議員)

選挙区 比例東海ブロック
当選回数 1回
在任期間 1996年10月20日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

経歴[編集]

静岡県榛原郡吉田町生まれ。1982年(昭和57年)静岡県立榛原高等学校卒業。早稲田大学教育学部を中退[1][2]

その後、父千八の秘書を務める[1]。1996年(平成8年)第41回衆議院議員総選挙比例東海ブロックで初当選(自由民主党)[3]。旧渡辺派を経て山崎派に加わった[1]

2000年(平成12年)第42回総選挙では静岡県第2区の自由民主党の公認争いで原田昇左右に敗れ、無所属で同選挙区に立候補したが落選した[4]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 現代政治家人名事典』93頁。
  2. ^ 『国会要覧 1997年版』117頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』235頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』213頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。

関連項目[編集]