瀬古由起子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀬古由起子
生年月日 (1947-08-24) 1947年8月24日(72歳)
出生地 大阪府大阪市
出身校 京都府立大学文家政学部福祉学科卒業
前職 医療ソーシャルワーカー
瀬戸市議会議員
現職 NPO法人大紀町日本一のふるさと村 女将
所属政党 日本共産党
配偶者 瀬古悦生

日本の旗 衆議院議員
選挙区 比例東海ブロック愛知4区
当選回数 2回
在任期間 1996年10月20日 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

瀬古 由起子(せこ ゆきこ、1947年8月24日 - )は、日本の元政治家日本共産党所属の元衆議院議員(2期)。

党中央委員、党愛知県委員会副委員長を経て、日本共産党名誉役員。夫はNPO日本ふるさと村村長の瀬古悦生

プロフィール[編集]

大阪市に生まれ、大阪府立住吉高等学校を卒業後、京都府立大学文家政学部福祉学科に入学。在学中に日本共産党に入党。卒業後、精神科病院の医療ソーシャルワーカーとして就職。1971年3月1日付けの朝日新聞に取り上げられる。

その後、瀬戸市議会議員を4期14年務め、1989年第15回参議院議員通常選挙に出馬するが落選。1991年の参議院議員補欠選挙も落選。1992年第16回参議院議員通常選挙落選。1993年第40回衆議院議員総選挙落選(旧愛知6区)。

1996年第41回衆議院議員総選挙当選(比例東海ブロック)。

2000年第42回衆議院議員総選挙再選。

2003年第43回衆議院議員総選挙落選。2005年第44回衆議院議員総選挙2009年第45回衆議院議員総選挙といずれも国政復帰ならず。

性同一性障害特例法の発案者の一人でもある(法務委員をしていたときに関与)。

2010年1月 常任活動家を退職。日本共産党名誉役員となる。三重県大紀町に移住し「NPO法人大紀町日本一のふるさと村」の運営する「ふるさと村」の女将に就任[1][2]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成[3]。「氏名は人格権であり、制度導入は急務」としている。

脚注[編集]

  1. ^ せこゆきこです(日本共産党常任活動家当時の公式サイト)”. 2010年9月11日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ NPO法人大紀町日本一のふるさと村”. 2010年9月11日閲覧。
  3. ^ しんぶん赤旗 2002年5月15日

外部リンク[編集]