近未来政治研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近未来政治研究会
Japanese crest Kage jyuyonn Kukiku.svg
略称 石原派
前身 政策科学研究所(旧渡辺派)
設立年 1998年(平成10年)11月30日[1]
設立者 山崎拓
種類 自由民主党の派閥
本部 平河中央ビル
位置 東京都千代田区平河町
メンバー 自由民主党所属国会議員
会長 石原伸晃
関連組織 志帥会二階派)
予算 78,780,338円[2]
  1. ^ 法的には1998年8月20日、政治団体として総務省届出が行われている。その他の政治団体一覧(3008団体) - 総務省
  2. ^ 平成22年分政治資金収支報告書参照

近未来政治研究会(きんみらいせいじけんきゅうかい)は、自由民主党の派閥春秋会系)。会長は石原伸晃であり、通称石原派と呼ばれる。

概要[編集]

1998年11月30日政策科学研究所(中曽根派→渡辺派→旧渡辺派)から分離独立した山崎グループ37名によって結成され、武闘派集団として形成されていった(山崎派→石原派)。

派閥結成当初は憲法改正に熱心で、過去に派閥メンバー全員で改憲論や政策集の単行本を出版した。

沿革[編集]

当初は山中貞則が山崎拓の後見役として在籍していたが、山崎と加藤紘一小渕恵三に対抗して1999年自由民主党総裁選挙に強行出馬したのを機に離脱した。

小泉内閣では山崎が党幹事長副総裁として主流派入りするが、2003年第43回衆議院議員総選挙では山崎のスキャンダルが響き落選。山崎は副総裁を辞任したが、同派の会長継続を支持され、非議員ながら内閣総理大臣補佐官に任命され、一定の政治的影響力を維持し続けた。山崎は2005年4月24日の補欠選挙で当選、政界に復帰した。

小泉政権下での急激な勢力拡大もあってか、他派閥出身者や野党からの出戻り組も少なくないが、結成以来、山崎や派閥幹部の保岡興治関谷勝嗣亀井善之らベテラン議員の面倒見が良かったため、他派に比べても依然まとまりがあった。しかし、2006年自民党総裁選挙頃から、反安倍晋三志向の山崎に対して、一部が安倍支持に動くなど、派閥に綻びが出始めていた。

2007年には郵政造反組だった武田良太(元亀井派)と古川禎久(元橋本派)が入会。さらに同年12月には元党政調会長の石原伸晃が入会したが、これは政界関係者から驚きを持って迎えられた。山崎が石原を入会させたことは、石原慎太郎を父に持ち国民的知名度が高く資金力もある石原を次期派閥領袖候補に据えることで、武部勤甘利明など山崎に反発する派内の動きを牽制し、山崎の政治的影響力を保つ目的があったとされる。一方、石原慎太郎自身は山崎派とは関係が無い[1][2][3]

北朝鮮問題については独自の動きを見せる。山崎が側近の田野瀬良太郎と訪朝した際には政府与党内から強い不満が噴出した。2008年5月の派閥会合で役員人事を一新。甘利を会長代行、石原を事務総長、山崎の腹心である木村義雄を事務総長代理、関谷を顧問に据えるなど派閥の引き締めを図った。同年には石原が総裁選に強行出馬。

2009年第45回衆議院議員総選挙では改選前の37議席から16議席へと勢力が激減した。会長の山崎も再度落選したが、派閥の存続のためにという理由で会長職を続けることになった。その後古川や武田は退会する。同年所属議員の激減による財政難から派閥事務所を閉鎖し、活動の拠点を山崎の個人事務所に移すことを決定した。

2011年6月、会長代行の甘利によって派閥横断グループ「さいこう日本」が結成された[4]

2012年自民党総裁選挙に石原が再び強行出馬するも安倍晋三石破茂に次ぐ3位にとどまる。 その後の第46回衆議院議員総選挙に山崎が立候補せずに引退したことを受けて、2012年12月20日、山崎が派閥会長を退き石原伸晃が新会長に就任、石原派に衣替えした[5]。石原会長の実弟にあたる石原宏高も入会する。しかし、派閥幹部である甘利や田中和徳、山崎派初期メンバーであった渡海紀三朗原田義昭らが新体制に反発して派閥を離れ、選挙前には岡田広小泉昭男両参議院議員も退会して所属参議院議員が一時的にゼロとなるなど勢力は弱体化した。

2012年、自民党政権復帰後の第2次安倍内閣で会長の石原伸晃が環境大臣として入閣[6]。しかし、2014年第2次安倍改造内閣では石原は閣僚から外れ、党内各派の中で唯一入閣者・党四役がゼロとなるなど石原派の冷遇ぶりが取り沙汰された。一方、かつて同派を退会した甘利明は2012年以降経済財政政策担当大臣のポストに就き続けた[7]

2015年森山裕農林水産大臣に就任。2016年には金銭授受疑惑の責任を取り大臣を辞任した甘利の後任として石原会長が再度入閣する。

2015年二階派との合流論が浮上[8]2017年には事務総長であった平沢勝栄が派閥を退会。一方、分裂騒動に揺れる谷垣グループ中谷元小里泰弘が石原派のパーティーに出席し合流が話題となる[9]。同年8月の第3次安倍第3次改造内閣では、石原が閣僚から外れ入閣者がゼロとなったが、森山が国会対策委員長に就任し執行部入りした。

現在の構成[編集]

役員[編集]

会長 副会長 座長 事務総長 事務局長 最高顧問
石原伸晃 野田毅 森山裕 坂本哲志 (空位) 山崎拓

衆議院議員[編集]

野田毅
(15回、熊本2区
保岡興治
(13回、鹿児島1区
石原伸晃
(9回、東京8区
森山裕
(5回・参院1回、鹿児島5区
坂本哲志
(5回、熊本3区
石原宏高
(3回、東京3区
上野賢一郎
(3回、滋賀2区
冨岡勉
(3回、長崎1区
赤枝恒雄
(2回、比例東京
鬼木誠
(2回、福岡2区
金子万寿夫
(2回、鹿児島2区
田野瀬太道
(2回、奈良4区
宮路拓馬
(1回、比例九州

(計13名)

参議院議員[編集]

木村義雄
(1回・衆院7回、比例区) 

(計1名)

かつて所属していた人物[編集]

  • 森田健作(俳優、元参議院議員、元衆議院議員、現千葉県知事
    2003年、埼玉県知事選挙に立候補しようとした際、山崎に説得され断念。同年の総選挙には出馬せず、国政から身を引いた。2009年、千葉県知事選挙に出馬して当選。
  • 自見庄三郎(前参議院議員、元衆議院議員)
    初当選以来、渡辺美智雄と山崎の腹心。かつて山崎が派閥を立ち上げる以前に結成していた政策集団のほとんどに名を連ねる側近中の側近だったが、2005年の「郵政国会」で郵政民営化反対の方針を貫き、山崎派所属議員でただ一人反対票を投じた。その後の選挙で落選し、造反組に対する勧告に従って離党。2006年、国民新党から国政復帰する方針を表明。2007年、第21回参議院議員通常選挙比例区で国民新党唯一の比例議席を獲得した。なお、山崎とは離党後も一個人の立場で親交があった。
  • 船田元(衆議院議員)
    山崎派発足時は山崎の腹心で、派内の憲法改正論議でも熱心だったが、いわゆる「政界失楽園」のあおりで落選したことを契機に退会。2003年衆院選に当選し、平成研究会(当時津島派)に所属。
  • 畑恵(元参議院議員)
    船田との結婚に対する批判を受け、自民党が2001年の第19回参議院議員通常選挙では比例区の候補名簿から除外。これに反発して東京都選挙区から無所属で立候補したが、落選した。
  • 武田良太(衆議院議員)
    2010年に退会。2016年、志帥会(二階派)に入会[10]
  • 古川禎久(衆議院議員)
    2010年に退会。2015年、水月会(石破派)に入会[11]
  • 甘利明(衆議院議員)
    2012年に退会。2017年、為公会(麻生派)に入会。
  • 田中和徳(衆議院議員)
    2012年に退会。2017年、為公会(麻生派)に入会。
  • 平沢勝栄(衆議院議員)
    2017年に退会[12]、同年、志帥会(二階派)に入会。

その他国政選挙落選・引退者[編集]

※は、第45回衆議院議員総選挙における落選者(原則国会議員でなくなったことにより一時的に退会せざるを得なくなった人たちで、実質的な構成員であることに変わりない)、◆は、政界を引退、●は、故人。括弧内は、議員でなくなった時点での議会所属。

脚注[編集]

関連項目[編集]