勝俣孝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝俣 孝明
かつまた たかあき
生年月日 (1976-04-07) 1976年4月7日(42歳)
出生地 静岡県沼津市
出身校 学習院大学経済学部
慶應義塾大学大学院経営管理研究科
前職 銀行員
現職 環境政務官
衆議院議員
所属政党 自由民主党二階派
称号 学士
経営学修士(MBA)
公式サイト 自民党 衆議院議員。新鮮力 かつまた孝明!ふるさとに捧げます!

選挙区 比例東海ブロック静岡6区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月21日[1] -
テンプレートを表示

勝俣 孝明(かつまた たかあき、1976年4月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、環境政務官

人物[編集]

静岡県沼津市生まれ。沼津市立門池小学校と沼津市立門池中学校を卒業。静岡県立沼津東高等学校から学習院大学経済学部へと進む。同大学卒業後、慶應義塾大学大学院経営管理研究科を修了した[2]

2000年4月にスルガ銀行株式会社に入社。2010年12月に同社を退職し、政治活動を開始。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙に、静岡6区から自由民主党公認で出馬。小選挙区においては、民主党渡辺周に敗れるも、比例東海ブロックで復活し初当選[1]

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙に、静岡6区から出馬。選挙戦では「地方に景気回復の実感を届ける」と訴えた[3]。7選を目指す渡辺を阻もうと首相安倍晋三ら自民党幹部も応援に入り、また、公明党の支援も受けたが及ばず[4]、比例東海ブロックで復活し、再選を果たした[5]

2017年7月に二階派に入会[6]。同年10月の総選挙において、選挙区では及ばなかったが比例東海ブロックで復活し3選[7]

政策[編集]

政治資金[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号
  2. ^ かつまた孝明 プロフィール
  3. ^ 「地域に活力を ― 総選挙しずおか 県内の小選挙区・比例東海当選者 ― 比例重複(6区) 勝俣孝明さん 「原点に立ち返る」 」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2014年12月15日 第11版-第12版 pp.12-13
  4. ^ 「先手自民手堅く 野党連携も後手 ― 「一から出直す」 比例復活 勝俣さん」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2014年12月15日朝刊 第12版 pp.18-19
  5. ^ 平成26年(2014年)12月19日中央選挙管理会告示第30号
  6. ^ 「衆院選の準備、遅れたら駄目」 自民・二階派が研修会”. 日本経済 (2017年7月25日). 2017年7月26日閲覧。
  7. ^ 平成29年(2017年)10月27日中央選挙管理会告示第26号
  8. ^ 2014年衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ 「鈴与、他にも献金か 静岡選出2議員の団体」、産経新聞、2015年2月28日
  11. ^ a b 「井林、勝俣氏にも寄付 与野党、困惑と批判」、静岡新聞、2015年2月28日
  12. ^ a b 東京新聞、2015年2月28日
  13. ^ かつまた孝明オフィシャルブログ” (2013年11月5日). 2018年4月11日閲覧。
  14. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]