堀内一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀内 一雄(ほりうち かずお、1893年9月13日 - 1985年12月11日)は、日本の実業家政治家陸軍軍人衆議院議員(5期)。父は堀内良平、息子は堀内光雄。最終階級は歩兵少佐[1]満州国陸軍少将[2]

来歴[編集]

山梨県出身。軍人好きであった父・良平の影響を受け[3]1915年5月、陸軍士官学校(27期)を卒業[4]1925年11月、陸軍大学校(37期)卒。参謀本部ではイギリスを担当する英班に配属されるが、赴任を待てず良平に資金を出してもらい世界一周に出かけた結果、軍人に嫌気がさし帰国と同時に退官を申し出た[3]石原莞爾などの説得により思いとどまり[3]、陸軍少佐まで進み第9師団参謀を務めた[1]。その後、満州国陸軍少将となった際には、満人になりきるつもりで「満良」と名を改めた[3]。第1軍管区参謀長、満州国総務庁弘報処長、安東省次長兼大東港建設局長を歴任[2]

1942年第21回衆議院議員総選挙では山梨県から大政翼賛会の推薦を受け初当選。これにより戦後、公職追放。富士山麓電気鉄道(現富士急行)では専務として務めたが、実権はなく家庭では「何にもセンム」と自虐していたという[3]1947年には同社の社長に就任する。1955年総選挙日本民主党から立候補して当選。第1次岸改造内閣で建設政務次官に就任。国会内では衆議院外務委員長を務めた。1962年に富士急会長に就任。1969年からはテレビ山梨の社長を務め、1973年から1981年まで会長を務めた。1973年、勲一等瑞宝章受賞。1985年死去。

家族・親族[編集]

堀内良平の業績を顕彰した本である『富士を拓く』によると、「堀内家は甲斐源氏の祖である源清光にまで遡ると、清光の子、逸見光長の系譜が堀内を名乗るようになった」としている[5]。また同著には、鎌倉期の1282年(弘安5年)、病を得て湯治に向かうため身延山を下りた日蓮が堀内家に立ち寄ったとの記載もある[6]

親族

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林中
 
小林喬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内詔子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
林博太郎
 
林友春
 
絢子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内基光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
辻政信
 
英子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内光一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内良平
 
 
 
堀内一雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内光雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しげ
 
 
 
初子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内藤右衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内義男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
きう
 
 
堀内喜太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内正夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内宗平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内宗孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀内伝重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内藤政養
 
房子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本陸海軍総合事典』第2版、578頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』573頁。
  3. ^ a b c d e 城山三郎 (昭和39年). “企業者列伝 前途洋々 富士急行社長 堀内光雄”. ダイヤモンド投資生活 3月号: 176-181. 
  4. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、578、626頁。
  5. ^ 富士を拓く 1994, pp. 35-36.
  6. ^ 富士を拓く 1994, pp. 38-44.

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 塩田道夫『富士を拓く』堀内良平伝刊行委員会、1994年。NCID BN11349951
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。