中島源太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中島 源太郎
なかじま げんたろう
Bundesarchiv B 145 Bild-F078555-0009, Bonn, BMI, Staatssekretär mit Politiker aus Japan.jpg
中島源太郎(左)
生年月日 (1929-02-11) 1929年2月11日
出生地 群馬県太田市(旧・尾島町
没年月日 (1992-02-07) 1992年2月7日(62歳没)
出身校 慶應義塾大学
前職 大映社員
映画プロデューサー
所属政党 自由民主党
親族 父・中島知久平[注釈 1]
二男・中島洋次郎

日本の旗 第109代 文部大臣
内閣 竹下内閣
在任期間 1987年11月6日 - 1988年12月27日

選挙区 群馬県第2区
当選回数 8回
在任期間 1969年12月29日 - 1992年2月7日
テンプレートを表示

中島 源太郎(なかじま げんたろう、1929年2月11日 - 1992年2月7日)は、日本映画プロデューサー政治家

来歴・人物[編集]

群馬県新田郡尾島町押切(現在の群馬県太田市押切町)出身。1951年慶應義塾大学を卒業した後、大映に入社した。大映時代には永田雅一の下で数々の映画作品を手掛ける。

1969年、群馬2区から自由民主党公認で衆議院議員に当選。

1987年11月6日から1988年12月27日まで文部大臣を勤めた。文相時代に学習指導要領の改訂案で小学6年生の社会科教科書に取り上げる人物として東郷平八郎が出た際、反対した。また東京駅丸の内駅舎保存問題について国会で質問された際には『駅創建当時(1914年)の姿に復した方が良い』と答弁している[2][注釈 2]

1992年2月7日、62歳で死去。

作品[編集]

原案・原作[編集]

企画・製作[編集]

  • 新夫婦読本 窓から見ないで(1961年6月28日、大映東京撮影所)
  • 幼馴染というだけさ(1961年9月10日、大映東京撮影所)
  • 明日を呼ぶ港(1961年11月19日、大映東京撮影所)
  • うるさい妹たち(1961年12月17日、大映東京撮影所)
  • 黒の試走車1962年7月1日、大映東京撮影所)
  • 九尾の狐と飛丸(1968年10月19日、製作:日本動画 配給:大映)
  • 日本漫画映画発達史 漫画誕生(1971年9月11日、製作:日本動画 配給:大映)

家族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 源太郎の両親は正式には結婚していないため、源太郎は知久平の庶子にあたる[1]
  2. ^ 東京駅は開業100周年を2年後に控えた2012年10月1日に修復工事が完了し、ほぼ駅創建当時の姿に復元された

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


議会
先代:
片岡清一
日本の旗 衆議院内閣委員長
1984年 - 1986年
次代:
志賀節
先代:
竹内黎一
日本の旗 衆議院外務委員長
1983年 - 1984年
次代:
愛野興一郎
公職
先代:
塩川正十郎
日本の旗 文部大臣
第109代:1987年 - 1988年
次代:
西岡武夫