九尾の狐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九尾狐(『山海経』より)

九尾の狐(きゅうびのきつね)とは、中国神話生物。9本の尻尾をもつ妖狐。つまり、妖怪である。九尾の妖狐九尾狐(きゅうびこ)、単純に九尾、または複数の尾をもつ狐の総称として尾裂狐(オサキ)とも呼ばれる。稲荷神との習合があり、それによって同一視もされる。

万単位の年月を生きた古狐が化生したものだともいわれ、妖狐の最終形態の存在であるとされる。

概説[編集]

葛飾北斎『三国妖狐伝 第一斑足王ごてんのだん』 南天竺の華陽夫人となった白面金毛九尾の狐が国を滅ぼすのに失敗して逃走する図
班足太子と九尾の狐。歌川国芳の浮世絵より

狐を魔物、あるいは憑き物として語った伝承は日本だけでなく、古くから世界各地に残されている。九尾の狐もそうした狐にまつわる昔話のひとつであり、物語の多くでは悪しき霊的存在として登場する。

中国の各王朝史書では、九尾の狐はしばしば瑞獣としてその姿を見せる。『周書』や『太平広記』など一部の伝承では天界より遣わされた神獣であると語られ、その場合は平安な世の中を迎える吉兆であり、幸福をもたらす象徴として描かれる。また一方では、帝辛(紂王)を誘惑して国を滅亡させた妲己や、南天竺耶竭陀国(古代インド西域)の王子・班足太子の妃になった華陽夫人御伽草子『玉藻の草紙』に登場する玉藻前を例とするように九尾の狐は絶世の美女へ化身するという話も多い。

中国[編集]

紀元前2世紀から紀元3世紀頃にかけて中国で著された地理書『山海経』には実在とは思えぬ動植物の項が並んでいるが、その一書「南山経」で、青丘之山に「有獸焉 其狀如狐而九尾 其音如嬰兒 能食人 食者不蠱[1]とあるのが九尾の狐に関する最初の記述であるとされる。

朝鮮[編集]

朝鮮においてはクミホ(구미호、九尾狐)と呼ばれる。クミホは美少女の姿に化けて男性をたぶらかしてその命を奪う、悪意ある存在として描かれる。クミホは人間になりたいと願っており、男性の命を奪うのも1000人分の心臓ないし肝を食すことで人間になるためという(変身譚も参照)。近年の大衆文化作品では、映画『クミホ韓国語版』(1994年)、劇場アニメ『千年狐ヨウビ』(2007年)、テレビドラマ『僕の彼女は九尾狐』(2010年)などが「クミホ」を扱っている。

日本[編集]

日本では、「玉藻前」すなわち白面金毛九尾の狐に関する伝説がことに有名である。平安時代に鳥羽上皇に仕えた玉藻前が実は九尾の狐であったとの記述は、14世紀に成立した『神明鏡』にすでに見られる。しかし、これがよく知られるようになったのは江戸時代以降のことで、歌舞伎人形浄瑠璃の題材としてよく採り上げられたことによる。玉藻前の伝説は広く庶民に浸透し、九尾の狐と言えば玉藻前、玉藻前と言えば九尾の狐を指す代名詞となった。

読本作家・高井蘭山が1804年に著した『絵本三国妖婦伝』では、それまでは簡単な記述で終わっていた妖狐が玉藻前となったくだりが詳細に記された。すなわち、中国の殷の妲己、天竺(インド)のマカダ国の華陽夫人が実は九尾狐であり、遣隋使の吉備真備の船に少女の姿で乗って日本に渡来、数百年を経て玉藻前となったとした。

一方、曲亭馬琴は『南総里見八犬伝』において善玉である九尾の狐「政木狐」を登場させている。馬琴は玉藻前に代表される妖獣イメージが『封神演義』に影響された近年のものであるとして退け、九尾の狐は元来瑞獣であるという考証を展開している。

ベトナム[編集]

ベトナムにおいては Cửu vĩ hồ(九尾狐)と呼ばれる妖怪である。この九尾の狐は、ハノイのタイ湖(西湖) (vi:Hồ Tâyに棲んでいたが、玄天鎮武神(Huyền Thiên Trấn Vũ)によって退治された。玄天鎮武神はチャンクオック寺(鎮国寺) (vi:Chùa Trấn Quốc(別名、鎮武観)に祀られている。

脚注[編集]

出典[編集]

  • 『時空の旅人増刊号 妖怪と幽霊』(三栄書房、2015年8月)

関連項目[編集]

  • 殺生石 - 栃木県那須町にある溶岩。九尾の狐(玉藻前)が討伐され、毒の石になったという伝説がある。
  • うしおととら - 九尾の狐である「白面の者」が登場する。生きとし生ける人間・妖怪全てと敵対する恐怖の存在として描かれている。

外部リンク[編集]