武王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武王 姫発
西周
初王
King Wu of Zhou.jpg
王朝 西周
在位期間 前1023年? - 前1021年?
都城 鎬京
姓・諱
生年 不詳
没年 紀元前1021年
文王(次子)
太姒

武王(ぶおう、ピン音:Wǔ Wáng)は、周朝の創始者。を滅ぼし、周を立てた。文王の次子。

同母兄に伯邑考、同母弟に管叔鮮周公旦蔡叔度霍叔処康叔封らがいる。子は成王唐叔虞英語版[1]の開祖)、邘叔、応叔、韓叔[2]ら。

経歴[編集]

周王朝創立まで[編集]

父の西伯昌が死んだあと、呂尚(太公望)や周公旦を左右に父の事業の継承に励んだ。

殷の紂王は暴虐な振る舞いが多く、これを討つために兵を挙げて盟津まで兵を進めた。武王は文王の位牌を掲げ、自らを太子発と呼び、この遠征が父の意思によるものであると宣言した。この時、周軍に瑞兆がいくつも現れ、諸侯が武王の元に馳せ参じ、その数は800に達した。これを見た諸侯達は「今こそ殷を倒す時です」と意気込んだが、武王は時期尚早と見て兵を引き上げた。

2年後、紂王の暴虐はますます酷くなったので再び兵を挙げた。この時の周の兵力は戦車300乗、士官3000人、武装兵45000人であった。一方、殷軍は70万を超える大軍を繰り出し、両軍は牧野で激突した(牧野の戦い)。殷軍は大軍であったがその大半は奴隷兵であり、奴隷の中には殷により他の部族からさらわれてきたり、戦争の時に捕虜になったりした者が大勢いたため逆に武王の到来を歓迎する者まであり、周軍が攻めてくるとそれらの兵士は後ろを向いて殷軍に攻めかかった。

大敗した紂王は首都に逃げ帰り、そこで焼身自殺を遂げた。それを追ってきた武王は紂王の遺体に3本の矢を打ち込み、焼け爛れた首を黄金の鉞で落とし旗の先に掲げた。

周王朝創立後[編集]

殷を滅ぼし天子となった武王は父西伯昌に文王と追号した。また帝辛によって誅殺された比干(帝辛の叔父)の墓を改葬し、幽閉されていた箕子(帝辛の叔父)を解放した。そして帝辛の異母兄である微子啓に殷の祭祀を続けさせ、に封じた。更に古代の聖王達の子孫を探し出し、

それぞれ封じた。その後、功臣たちの論功行賞を行い、次のように封じた。

  • 呂尚を
  • 周公旦を

武王は首都の鎬京以外に洛邑を副都とし、天下の武器を廃して兵士を故郷に返す事でもう戦いはしないと言う意思表示をした。

その後、ほどなくして武王は病にかかった。後継者である子の成王はまだ年少であったため、周の行く末を功臣の呂尚と同母弟の周公旦に托し、病没した。

武王は・殷の湯王・父の文王と並び聖王として後世に崇められている。また、道教においては武王を霊宝天尊の化身とする場合もある。

脚注[編集]

  1. ^ 史記』晋世家より。
  2. ^ 春秋左氏伝』より。