列仙伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

列仙伝(れつせんでん)は、中国道教にまつわる説話集で、70人の仙人たちの伝記が載せられている。上下2巻の構成。

内容[編集]

前漢末の人物で、楚王劉交の子孫である官僚、劉向の大夫阮倉が記した数百人の仙人たちの記録を70余人にまで選別し、書き記したものとされているが以下の事から、劉向が選したというのは仮託であり、後漢桓帝以降に成立したものと見られている。

  • 劉向の生きた前漢代ではなく、後漢代になって命名された地名があちらこちらに散見される。
  • 鉤翼夫人の項目で、「(翼という)諱を避けて、弋とした」という文章があるが、前漢の皇帝の中に劉翼という人物はいない(桓帝の父親が翼という名前であり、後に追尊している)。
  • 劉向の同時代人を仙人としている疑いがある。
  • 疑惑のある仙人たちは後代に追加されただけという見方もあるが、70余人という指定があるので、仙人総数に狂いが生じてくる。

以下の仙人が登場する。

巻上
赤松子中国語版、甯封子、馬師皇、赤将子興、黄帝、偓佺、容成公中国語版、方回、老子関令尹中国語版涓子中国語版呂尚、嘯父、師門、務光、仇生、彭祖、邛疏、介子推、馬丹、平常生、陸通、葛由、江妃二女、范蠡、琴高、寇先、王子向、幼伯子、安期先生、桂父、瑕丘仲、酒客、任光、蕭史、祝鶏翁、朱仲、修羊公、稷丘君、崔文子、(補)羨門、(補)老莱子中国語版
巻下
赤須子、東方朔、鉤翼夫人、犢子、騎竜鳴、主柱、園客、鹿皮公、昌容、谿父、山図、谷春、陰生、毛女、子英、服閭、文賓、商丘子胥、子主、陶安公、赤斧、呼子先、負局先生、朱璜、黄阬丘、女几、陵陽子明、邗子、木羽、玄俗、(補)劉安、列仙伝叙

参考文献[編集]