五佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五佐(ごさ)は中国に伝わる五行に対応する存在[1][2]。東・西・南・北・中央をつかさどる五帝を補佐するものと考えられる。

  • 東・木帝(太皞)の補佐 句芒(こうぼう)
  • 南・火帝(炎帝)の補佐 祝融(しゅくゆう)
  • 西・金帝(少皞)の補佐 蓐収(じょくしゅう)
  • 北・水帝(顓頊)の補佐 玄冥(げんめい)
  • 中央・土帝(黄帝)の補佐 后土(こうど)

脚注[編集]

  1. ^ 『漢旧儀』「祠五祀 謂五行。金木水火土也。木正曰句芒。火正曰祝融。金正曰蓐収。水正曰玄冥。土正曰后土。皆古聖能治成五行有功者也。」
  2. ^ 『欽定礼記義疏』巻59「春曰其帝太皞。其神句芒。夏曰其帝炎帝。其神祝融。中央曰其帝黄帝。其神后土。秋曰其帝少皞。其神蓐収。冬曰其帝顓頊。其神玄冥。」

関連項目[編集]