無支祁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

無支祁(むしき、ぶしき[1])は中国に伝わる妖怪である。無支奇巫支祁(ふしき)とも。

古代の帝のひとりである(う)が天下の治水を進めていた時代に現われた水にまつわる怪物で、(猿猱)のようなすがたをしており、頭は白く体は青く、首を100尺も伸ばすことができ、ちからはの大群よりも強く、動作も非常に敏捷であったという。何度も禹王の臣下がこれを鎮めようとしたが失敗、やっと庚辰(こうしん)によって、大索(太くて強い縄)と金鈴をつけられ亀山(きざん)に封じられたとされる[2][3]

による無支祁退治の記録は『太平広記』に収められた説話(巻467「李湯」)に登場しており、の時代に楚州の知事であった李湯(りとう)が水中から引きあげた巨大な猿の妖怪の話を補うかたちで示されている。それによると禹による無支祁退治の記録は『古岳瀆経』というぼろぼろの古文書にあったものとされており、これが示されることで李湯の話(『古岳瀆経』の見つかる話は李湯の話から48年後の元和8年であるとされる)に登場した正体不明の大猿が「無支祁」であったのであろう、ということになっている[3]の時代からよく流布されるようになり戯曲などへの利用によって人々の知るところとなった[4]

人々に害をなしていた「巫支祁」という存在が禹によって封じられたという文言が『山海経』の引用であるとして『輟耕録』や『国史補』にあるのだが、現行のかたちの『山海経』には該当文は登場せず[3]、『古岳瀆経』にあったとされる話以前の古いかたちは厳密には分からない部分が多い。

孫悟空への影響[編集]

猿のすがたや能力の高さ及び山の下に封じられること、水の属性との縁のある点から、『西遊記』に登場する孫悟空の原型のひとつになっているのではないかという考察が古くから存在している。石田英一郎は、猿と水の関係性からこれを説いているほか、無支祁が大索でつなぎとめられて封じられたとされていること自体も水に関する伝説の中で関連性の高い要素であると考察している[3]

孫悟空と無支祁を結びつけて考えるような点から、『西遊記』を素材とした雑劇には孫悟空の姉妹として、無枝祁聖母・亀山聖母という登場人物が設定されていたりもした[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 袁珂(鈴木博 訳)『中国の神話伝説』は「ぶしき」と本文で読みがなを付しているが、索引では「むしき」を立てている。
  2. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社1993年 344-346頁
  3. ^ a b c d 石田英一郎 『新版 河童駒引考』 (『石田英一郎全集』5 筑摩書房 1970年 159-162頁)
  4. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社1993年 444頁
  5. ^ 實吉達郎 『中国妖怪人物事典』 講談社 1996年 582-584頁

参考文献[編集]

  • 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社1993年 344-346頁
  • 中野美代子 『孫悟空の誕生 -サルの民話学と「西遊記」』、 玉川大学出版部 1980年