南斗星君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南斗星君(なんとせいくん)は、中国において、南斗六星道教思想によって神格化されたもので「生」を司っている。

北斗星君と対を成す存在で、北斗星君が厳格な性格なのに対し、南斗星君は温和な性格をしているという。

また、生と死を司る二人が許可すれば、人の寿命を延ばせるとも云われている。

容姿については諸説あり、その姿は炎のように燃え上がる衣に身を包む醜い老人であったり、北斗星君とは逆に美しい青年であるとも云われる(北斗星君の容姿は醜い老人という事でほぼ統一されている)。