三清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三清

三清(さんせい)は、道教の最高神格のこと。「太元」を神格化した最高神元始天尊と、「」を神格化した霊宝天尊太上道君)、老子を神格化した道徳天尊太上老君)の三柱。

それぞれ道教における天上界の最高天「玉清境」「上清境」「太清境」に住し、この三天のことも「三清」と呼ぶ。道観(道教寺院)にはしばしば「三清殿」と称する三清を祀る建物がある。

関連項目[編集]