七仙女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

七仙女(しちせんじょ)は、中国神話に登場する七人の仙女姉妹。玉皇大帝西王母の七人の娘である。七人の姉妹の末妹も指す場合がある。

七衣仙女(しちいせんじょ)」、「七仙姑(しちせんこ)」や「七仙娥(しちせんが)」など別名を有す。

文献での記述[編集]

西游記』に記述があり、王母娘々が天界の瑶池の中に神々の宴「蟠桃会」を設宴して、即ちかの紅衣仙女青衣仙女素衣仙女[1]皂衣仙女[2]紫衣仙女黄衣仙女緑衣仙女が派遣され、蟠桃園に仙桃を採集する。蟠桃会では琴を奏したり、演舞も歌声も共に演出を務める。実は玉皇大帝と王母娘々の七人の娘を述べていないが、王母の侍女達が役割。また、第72回より盤糸洞に巣くう七人の蜘蛛の女妖とするのに対応している。

牛郎織女』に記述があり、7月7日の雲が漂い、七人の仙女が人間の河の辺に降りて、羽衣を脱いで水浴びをさせた、その時、牛郎が7番目の仙女(織女)の紫色羽衣を盗み、求婚をした。

天仙配』に記述があり、玉皇大帝と王母娘々の第七の娘を人間界に来て、董永を助けることにする。その後、董永と相思相愛になる。中国現代ドラマ『歓天喜地七仙女』などは虹の七色()の各一色ずつ命名(大仙女・紅色仙女、二仙女・橙色仙女、三仙女・黄色仙女、四仙女・緑色仙女、五仙女・青色仙女、六仙女・藍色仙女、七仙女・紫色仙女)したという説もあり、各仙女は各自のイメージカラーを象徴する護身宝石・霊石(紅榴石橙琉璃黄水晶緑宝石青金石海藍石紫水晶)を持っている。

眠れる森の美女ペロー版に記述があり、七人の仙女が王女の誕生を祝福した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 白い羽衣を着た仙女。
  2. ^ 黒い羽衣を着た仙女。

関連項目[編集]